PR

「慶余年」シーズン2第15話・16話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第15話・16話のあらすじネタバレと感想。

陳萍萍の賄賂の件はあっさりと片付き、頼名成は范家を糾弾します。范建はすでに家法に則って范思轍を罰したと主張しますが……。

PR

「慶余年」シーズン2第15話のあらすじネタバレ

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

陳萍萍は林婉児と范閑に与えた宝は慶帝から賜ったものだと主張し、贅沢を指摘された別院も自分の所有物ではなく皇室の財産であると説明します。慶帝はその説明に同意し、范閑もすんなり引き下がります。

そうして、陳萍萍の件があっさり片付くと、頼名成は抱月楼の件で范家を糾弾しました。范建はすでに家法に則って范思轍を罰したと主張しますが、頼名成は范閑と范建も罰を受けるべきだと訴えます。

話は抱月楼の殺人事件のことになり、頼名成は二皇子に嫌疑をかけました。二皇子は范無救がひとりでやった事で自分は関与していないと弁明します。

頼名成は長公主と二皇子が北斉と結託して密輸&横領した件も弾劾し、二皇子と密接な関係にある官吏15名が出所不明の大金を得ていることも突き止めており、その大金の出所は二皇子が横領で得た金だろうと推察しました。

頼名成はこの件(長公主と二皇子が北斉と結託した疑惑)を再調査すべきだと強く主張しますが、慶帝は証拠がないことを理由に取り合いません。頼名成は、ならば証拠を見つけるために范無救を調べさせて欲しいと申し出ます。

しかし実は、獄中にいる范無救は「本」に隠されていた毒を飲んですでに死んでいたのでした。

慶帝は二皇子に半年の禁足を言い渡し、范建と范閑には半年分の俸禄を減らす罰を与えます。頼名成は納得がいかず抗議しますが、慶帝は議論を終わらせようとしました。すると、頼名成は鑑査院が力を持ちすぎていることを批判し、最後には慶帝をも批判してしまいます。

慶帝は自分に諫言した頼名成を賞賛しつつも、褒美と称して頼名成に「杖刑」を与えました。范閑は頼名成を擁護しましたが、慶帝は范閑に杖刑の監督を命じるのでした。

范閑はどこかへ連行されてしまった頼名成を探し回り、ようやく見つけ出しました。しかし、すでに杖刑を受けていた頼名成は范閑の目の前で亡くなってしまいます。

范閑は帰りの馬車の中で塞ぎ込んでいました。馬車が鑑査院の前を通ると陳萍萍が范閑を待っていましたが、范閑は誰にも会いたくなく鑑査院を通過しようとします。しかし、影子が強引に馬車を止めるのでした。

陳萍萍は范閑を鑑査院の中にある密室機関(指令センターのようなもの)に連れて行き、この密室が葉軽眉が生前に残したものであることを教えます。

また、頼名成が死ぬことになったのは慶帝の逆鱗に触れたからだと教え、今後は言動に気をつけるようにと范閑に注意しました。

范閑が抱月楼を引き継ぐこととなり、鄧子越は范閑の命を受けて抱月楼の妓女たちの身売り契約書を燃やしました。妓女たちは自由の身となりましたが、桑文と何名かの妓女は抱月楼に残ることを決めます。

感想

陳萍萍の賄賂の件はあっさり終わりましたね。大ごとにならずに済んで良かったです。

それにしても、頼名成が慶帝をも批判するとは驚きました。本当に実直な人なのですね。決して悪い人ではなかったので、亡くなってしまい残念です。

范閑も目の前で亡くなるのを見てショックだったでしょうね。頼名成を尊敬していたようだから、なおさら。それに、頼名成の死は自分のせいだと責任を感じる部分もあるのではないでしょうか。

范無救も死んでしまい 今回は全体的にシリアスでしたが、皇太子のクサすぎる芝居には笑いました。

PR

「慶余年」シーズン2第16話のあらすじネタバレ

Movie Poster

ある時、范閑が馬車を走らせていると男たちに行く手を阻まれました。男たちは抱月楼を三皇子に返せと言って范閑に襲いかかりますが、范閑はあっさり返り討ちにします。

三皇子の母である宜貴嬪は、三皇子が抱月楼の共同オーナーだったことを知り 三皇子に罰を与えました。宜貴嬪は范閑が男たちに襲われた件も三皇子の仕業かと問い詰めますが、三皇子は否定します。

一方、禁足中の二皇子は葉霊児を招いて心の内を打ち明けます。葉霊児はなぜ自分にそんなことを話すのかと尋ねると二皇子は、自分たちは婚約者でありこの先の運命は共にあるからだと答えました。そして二皇子は、范閑を春の科挙の監督官に推薦する書状を自分と共同で書いて欲しいと頼みます。

その書状は慶帝のもとに届けられ、慶帝は范閑に春季の科挙を監督する役目を与えました。また同時に、范閑に四品居中郎の地位を与えます。

夜、范閑は林婉児に会いに行きました。林婉児は二皇子が范閑を科挙の監督に推薦したのは范閑を陥れるための罠だろうと推察します。范閑も同意し、すでに手を打っていると言うのでした。

春の科挙が近づくと、科挙に合格したい賀宗緯が范閑を訪ねてきました。賀宗緯は范閑を師と崇め、弟子入りさせてほしいと懇願します。

そんな中、范閑のもとに 史家鎮(二皇子と長公主の密輸の証拠となる村)の生存者がいるとの知らせが入ります。史家鎮は焼き払われたはずでしたが、1人だけ生き残った人物がいるというのです。その人物は史闡立といい、科挙を受けるために京都に来ていました。

感想

二皇子と葉霊児はいい感じになりつつある……のか……? 二皇子が葉霊児に話したことはどこまでが本心か分からないし、葉霊児を利用しようとしているだけのようにも見えます。

3皇子の母親が登場しましたが、演じるキャストはシーズン1とは別人でしたね。賀宗緯のキャストもシーズン1とは別の人。影子もキャストが変わりましたが、いつも覆面をしているから差し障りはなさそう(笑)

五竹の登場を待ちわびているのですが、そろそろ登場するでしょうか。

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。