PR

「慶余年」シーズン2第31話・32話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第31話・32話のあらすじネタバレと感想。

范閑が“慶帝と葉軽眉の息子である”という噂が京都中に広まりました。それを耳にした長公主や皇后、皇太子はそれぞれに思惑を抱き……。

PR

「慶余年」シーズン2第31話のあらすじネタバレ

*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。
Movie Poster

陳萍萍が去った直後、范閑のもとに慶帝がやって来ました。慶帝は「陳萍萍と何を話していたのか」と尋ねます。

范閑は「院長(陳萍萍)は、火災を仕組んだのが陛下だと推察していた」と本当のことを話しますが、刺客のひとりが影子だったことは言いませんでした。

慶帝は自分が火災を仕組んだことを認めましたが、狙いは葉重を排除することではなく四大宗師の葉流雲をおびき出すことだと言いました。四大宗師は王権を脅かすほどの強さを持っているため、慶帝は彼ら四大宗師を排除しようとしているのでした。

定州に左遷されることとなった葉重は娘の葉霊児に会いに行き「これからは武士道を極めようとはせず、大人しく過ごすように」と言い聞かせます。また、たとえ二皇子と結婚しても本気にはならないようにと念を押します。

その頃、長公主は二皇子に葉霊児を殺してはどうかと提案していました。失墜した葉家の娘と結婚すれば、二皇子も引きずり下ろされてしまうからです。葉霊児を殺せば葉家との婚姻もなくなり、二皇子が巻き込まれずに済むと言う長公主。しかし、二皇子は葉霊児との結婚をやめるつもりはなく、葉家が権力を取り戻せるよう手助けするつもりでした。

都では、范閑の出自に関する噂が広まります。范閑が“慶帝と葉軽眉の息子”だというのです。

この噂を知った長公主は「范閑を殺してやる!」と激昂し、葉軽眉と范閑に対する憎しみを露わにします。二皇子がなだめようとしましたが、長公主は自分がいかに慶帝のために尽くし手を汚してきたかを語り「それなのに私から内庫を取り上げ葉軽眉の息子に与えるなんて」と荒ぶります。

皇后もまた、范閑を死なせたがっていました。その理由は、葉軽眉を殺したのは皇后の一族であり、その報いとして皇后の一族は皆殺しに処されたから。

そのことを知った皇太子は、もしも范閑が葉軽眉の死について知ったら自分の敵に回ってしまうのではないかと心配し、皇后に范閑に謝罪するよう勧めました。

皇后は謝罪を拒みますが皇太子は、范閑を利用して王位を手に入れてから范閑を殺せばいいと考えを述べます。その考えを聞いた皇后は承諾しました。


范閑は手術を終えて以来、皇宮内にある長公主の住居“広信宮”で休養していました。范閑に会いに来た宜貴嬪は、息子の3皇子を范閑の弟子にして欲しいと頼みます。

その時、侍女が毒入りの薬を届けにきました。范閑は毒入りだと見破り、侍女はすぐに捕らえられます。しかし今度は別の太監が范閑を暗殺しようとしました。

范閑を殺そうとした2人はどちらも広信宮の従者だったことから長公主の関与が疑われましたが、長公主は何もしていませんでした。

長公主は勅令により京都から出て行くことになったものの 范閑を殺すことに固執しており、二皇子はやるだけやってみることを約束します。

その後、二皇子は林婉児に会いに行き、范閑が林珙の死に関与していることを暴露しました。そして、二皇子は林婉児に短剣を渡し范閑を殺すよう促すのでした。

感想

今回は物凄くたんさくのことが起こりました!范閑の出自の噂を広めたのは慶帝だと思われますが、相変わらず彼の狙いが読めません。

范閑が葉軽眉の息子だと知ったときの長公主の反応から察するに、長公主は葉軽眉のことを相当憎んでいるようですね。

また、自分がいかに慶帝のために尽くしてきたかを語る彼女の口ぶりからは、慶帝に対する特別な感情が見て取れました。やはり、長公主が心を寄せる殿方というのは慶帝のことなのかも。

皇后もまた、葉軽眉とは因縁の仲のようです。葉軽眉を殺したのは皇后の一族のようですが、葉軽眉は四大宗師と同等か、もしくはそれ以上に強かったはずなので簡単には殺せないはず。それなのにどうやって殺したのか気になります。そもそも、葉軽眉を殺したのは本当に皇后の一族なのか??

一方、二皇子は葉霊児を殺すのではなく守る道を選びました。葉霊児に対する情があるのね、とホッとしたのも束の間で、二皇子がとうとう林婉児に林珙のことを暴露してしまいました。林婉児と范閑はどうなってしまうのでしょうか。

PR

「慶余年」シーズン2第32話のあらすじネタバレ

Movie Poster

范閑に会いに行った林婉児は 短剣を取り出し梨を剝き始めました。しかし、力が入りすぎるあまり手が震えます。

范閑がただならぬ空気を察する中、林婉児は兄・林珙の死について切り出しました。范閑は牛欄街暗殺事件の黒幕が林珙であることを知っていたことを認めます。

林婉児は林珙を殺したのかと尋ね、范閑は殺していないと答えました。すると、林婉児は「殺した犯人を知っているか、知っているならそれは誰なのか、范閑に近しい人物なのか」と問い詰めます。

五竹が林珙を殺したのだろうと察した林婉児は五竹を殺して林珙の仇を討とうと考えますが、范閑はどうにか林婉児を止めようとします。

その頃、皇后は慶帝の寝殿に押しかけていました。皇后は一族が皆殺しに処されて以来ずっと慶帝を避けていたことを謝罪し、自分から皇后の座を取り上げてほしいと懇願します。

また、范閑に会って一族の罪を謝罪したいと申し出ましたが、慶帝は皇后が范閑に会いに行くことを認めず、皇后の座もはく奪しないと言いました。

皇后は最後に、広信宮で起きた范閑暗殺の話を持ち出し、暗殺を企てた長公主を罰してほしいと懇願します。しかし、慶帝は皇后が長公主に濡れ衣を着せたことを見抜いており、皇后とは二度と会わないことを宣言しました。

その頃、鎖に繋がれている費介は、自分が監禁されたのは江南の殺人事件を深く追及しすぎたからだと気づきます。


范閑そっくりの人形が馬車に乗せられ、懸空廟に連れて行かれました。これは、五竹をおびき出すための慶帝の策略でした。

慶帝の狙いどおり、五竹は馬車を追ってこっそり范閑の人形を護衛しました。すると、五竹の前に神廟の使者が現れます。使者は五竹そっくりの格好をしていました。

使者は五竹に神廟に帰るよう促し、葉軽眉の息子である范閑も連れ帰ろうとします。五竹は范閑を守るために使者と戦い、両者は激しい戦いを繰り広げました。結果、相討ちのような形で決着がつきますが、生き延びた五竹はこの場から逃げ去ります。

使者の死体は慶帝のもとに届けられ、慶帝が使者の傷口を確かめると、血ではなく金属のようなものが流れ出ていました。慶帝は使者が生身の人間ではないことを知ります。

慶帝は庭園の奥にある建物に范閑を連れて行きました。その一室には、葉軽眉の肖像画が飾られていました。

感想

とうとうこの日が来てしまいましたか……。いつか 林婉児が林珙の死の真相を知る日が来るだろうとは思っていましたが、まさかこのタイミングだとは。今シーズンのうちに林婉児と范閑のわだかまりが解けるか心配です。

林婉児を演じる女優さんの演技が迫真すぎて、見ていて心が痛かったです。林婉児の苦しみがダイレクトに伝わってくるようでしたし、一生だまし通して欲しかったという林婉児の言葉にも胸が苦しくなりました。

結局、江南の連続殺人事件の犯人は「神廟の使者」だったということでしょうか。使者だけでなく五竹の体からも金属が流れていたことから、五竹も機械(アンドロイド?)のようですね。

慶帝が五竹をおびき出したのは、四大宗師と同レベルの五竹を排除するためでしょうか。結局、慶帝の一番の目的は皇帝という自分の立場を確固たるものにすること(玉座を守ること)な気がしてきました。

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。