PR

「慶余年」シーズン2第33・34・35話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第33・34・35話のあらすじネタバレと感想。

范閑一行の船が江南へ向かう中、船を襲撃しようとする者たちがやって来ます。その者たちは明家からの報酬金と引き換えに船を襲撃しに来たのだと言いますが、実は二皇子が明家の仕業に見せかけていて……。

PR

「慶余年」シーズン2第33話のあらすじネタバレ

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

慶帝は葉軽眉と出会った当初のことを范閑に話して聞かせ、「江南へ行って葉軽眉が遺した財産(三大坊)を見に行くように」と言いました。

范閑は慶帝が自分の父親であることを確信しますが、慶帝にとって自分は息子なのか駒なのか分からず思い悩みます。

林婉児のもとを訪れた五竹は、范閑を江南へ行かせて欲しいと繰り返し伝えました。林婉児は兄の林珙を殺したかと尋ね、五竹はそれを認めます。

林婉児は五竹を殺して兄の仇を討ちたい気持ちはあったものの、真気を失ってしまった范閑を守れるのは五竹しかいないことを分かっていました。五竹はいつか范閑にとって自分が不要になる時が来たら、その時は死を受け入れると言うのでした。

江南へは王啓年と三皇子、史闡立が同行することになりました。出発前、皇子らや范建、柳如玉が范閑を見送りに来ます。

范閑は自分は范家の人間だと皇子たちに告げて別れを告げた後、范建と柳如玉と抱擁を交わして別れました。

船が出発すると、ギリギリになって林婉児が范閑を見送りにきます。2人は涙を浮かべつつも笑顔で別れるのでした。

范閑一行の船が江南へ向かう中、船を襲撃しようとする者たちがやって来ます。その者たちは明家からの報酬金と引き換えに船を襲撃しに来たのだと言いますが、実は二皇子が明家の仕業に見せかけていたのでした。

その頃、二皇子は「三大坊」を管理している明家を訪れていました。二皇子は明家の当主である明青達とその母である明老太君に、決して三大坊を范閑の手に渡さないようにと命じます。

また、二皇子は、明家の退路を断ち切るために 明家の名前で范閑の船を襲撃させる懸賞令を出したことを明かしました。そうすれば、明家は范閑と対立せざるを得なくなるという二皇子の策略でした。

感想

慶帝はハッキリとは名言しませんでしたが、范閑の父親であることは間違いなさそうですね。

范閑は第一皇子と三皇子とは仲良くやっていけそうですが、二皇子との和解は難しそう。皇太子に関しては、今は関係良好ですがいつか対立する時が来るでしょう。実のところ、二皇子よりも皇太子のほうが邪悪で厄介な気がします。

江南への出発前、范閑が范建と柳如玉を抱擁するシーンは涙ぐんでしまいました。血の繋がりはなくても素敵な家族ですよね。林婉児の見送りも間に合って良かった!

PR

「慶余年」シーズン2第34話のあらすじネタバレ

Movie Poster

明老太君は昼寝を口実に二皇子の前から立ち去り、明青達も明老太君を部屋に送り届けるため席を立ちます。

明老太君の部屋に着くと、明青達は明家の中に二皇子に手を貸した者がいるはずだと疑いました。そうでなければ、明家の名前で懸賞令を出せないはずだからです。

明青達は当主である自分の管理不足だとして、自分の指先に針を深く刺して自分で自分を拷問し始めました。実は明家の実権を握っているのは明老太君であり、明青達が拷問を受けるのは日常的なことだったのです。

明青達は拷問に耐えながら、三大坊を誰にも渡したくないと話しました。范閑にはもちろんのこと、長公主や二皇子にも渡したくないと言うのです。

ただ、懸賞令のせいで范閑と対立せざるを得なくなってしまった以上、明家は長公主と二皇子の側につくしかありません。

しかし、二皇子サイドにつくのは表向きであり、明青達は二皇子と范閑を争わせようと考えていました。そうしてこそ、明家は生き残れるはずだ――と。

二皇子のもとに戻った明青達は「明家は二皇子に従う」と伝えました。二皇子は明家に謝必安を残して立ち去ります。

その頃、范閑は船を襲撃しに来た老人たちを船の中に招いて食事を与えていました。老人たちは、たとえ自分たちが船を襲撃した罪で処刑されるとしても、懸賞金が家族に与えられるからそれで満足だと言うのです。

老人の話を聞いた范閑は明家の悪辣さに腹を立てましたが、たとえ明家がいなくなっても第二の明家で出てくるだけだと気づきます。范閑は老人たちにお金を与えて帰らせました。

范閑が江南に到着すると、多くの役人が贈り物を持って范閑を出迎えました。范閑は賄賂が罪であることを指摘し贈り物を持ってきた役人たちを一喝します。

明老太君と明青達も出迎えにやって来ました。明青達は范閑の前で跪き、懸賞令を発した人物を突き止めることを約束します。

范閑が滞在する宿の周辺には、范閑の命を狙う者たちがそこかしこに潜んでいました。四顧剣の弟子である雲之瀾もその1人でしたが、海棠朶朶がやって来て雲之瀾を止めます。さらに影子も現れ、影子と雲之瀾は戦い始めました。

海棠朶朶は范閑のところへやって来ると、結婚祝いだと言って「天一道」の心法書を范閑に渡します。(天一道は真気を回復させることができる心法)

感想

なるほど。二皇子は明家の退路をなくして范閑と対立させるために明家の名前で懸賞令を出したのですね。明家は表向きは二皇子に従っていますが、状況次第では二皇子を裏切る可能性がありそう。范閑がそこに付け込めるかどうか。

PR

「慶余年」シーズン2第35話のあらすじネタバレ

Movie Poster

范閑が明家へ行くと、明青達は懸賞令を発令した犯人として親戚の男を范閑に差し出します。そして、男を死罪にするよう范閑に頼みました。しかし、男は懸賞令とは無関係で 明家が犯人にでっち上げた人物でした。

范閑はひとまず男を役所へ連れて行こうとしますが、明家に孫を人質に取られている男は柱に頭を打ちつけてこの場で自害してしまいます。

その後、明青達は十数名の男を集め、彼らの家族の衣食住を保障すると誓って毒を飲ませて死なせました。

明青達は謝必安に会いに行き、二皇子と長公主に忠誠を尽くすことを伝えます。そして、明青達はわざと話を引き延ばして居座り続けました。

その頃、范閑は明老太君と三大坊について話し合っていました。すると突然、三大坊の倉庫で火事が発生します。范閑はこの火災が明家の仕業だと直感しますが、明老太君にも明青達にもアリバイがあるため追及できませんでした。

王啓年が火災現場を調査したところ、三大坊の倉庫の中の荷物はすべて灰になっていました。三大坊の労働者たちも死亡していましたが、王啓年は死体が死後焼かれたことを突き止めます。

范閑の予想通り、三大坊の火事は明青達が事前に手配しておいたもので、明青達は范閑が京都に戻ったのちに倉庫の品物と労働者たちを戻そうとしていたのでした。

感想

懸賞令で二皇子に嵌められた明家を気の毒に思いましたが、明家もフツーにやばいですね。一族や三大坊を守るためとは言え、ここまでするとは……。

それにしても、海棠朵朵を范閑の愛人だと思い込んでいる周囲の反応が毎回おもしろいです(笑)

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。