海外ドラマ『クリプトン』シーズン1第1話あらすじと感想。スーパーマン誕生を知るべき前日譚。 | Dramas Note

海外ドラマ『クリプトン』シーズン1第1話あらすじと感想。スーパーマン誕生を知るべき前日譚。

クリプトン・シーズン1(出典:Amazon)
海外ドラマ『クリプトン』。

スーパーマンの誕生秘話を描いた物語。

2019年4月に日本に上陸し配信がスタートしました。

ここではシーズン1のネタバレあらすじと共に、見どころや配信情報をお伝えしています。

海外ドラマ『クリプトン』

スポンサーリンク

シーズン1第1話「未来からの警告」あらすじ

エル家の大いなる犠牲と勝利の物語

これは、後にスーパーマンとなるカル=エルが生まれる200年前の話で、エル家の物語です。

全てはここから始まりました。

エル家が独裁者に立ち向かった経緯であり、伝えたいのは死に様ではなく生き様……。

クリプトン星カンドール市。

当時、エル家は断絶寸前でした。セグ=エルの祖父ヴァル=エルが反逆罪で裁かれたその日から、新たな権力者によってクリプトン星は支配され、古き良き時代は失ってしまったのです。

ヴァル=エルは、ラオの声を伝える枢機卿への忠誠を求められました。かつての評議会は皆、枢機卿への忠誠を誓っており、残るはヴァル=エルのみ。

しかしヴァル=エルは、宇宙にはクリプトン星を狙う敵がいる、ラオに祈っても星は救えないと忠誠を拒んだのです。

その結果、ヴァル=エルは指導者を侮辱した罪で、行政長官のダロン=ヴェックスによって死刑を宣告されました。

エル家の名は市民名簿から抹消。さらに、階級や特権もはく奪され、ノーランクとして扱われるようになったのです。

エル家がすべてを失ってから14年。

セグ=エルは相棒と、スラムのバーでイカサマをしながら金を稼いでいました。そんななか、セグ=エルの後をつけるひとりの男がいたのです。

スポンサーリンク

海外ドラマ『クリプトン』シーズン1第1話の解説

1話に出てくる用語解説

クリプトン星の社会では、軍事、芸術、科学、宗教、労働と、人々を5つのギルドに分けています。

これらは評議会によって決められ、セグ=エルは遺伝子検査の結果科学ギルドに適しているとのこと。彼の祖父も優秀な科学者だったので遺伝ですね。

また、人々はすべて格付けされておりノーランクというのは、クリプトン星でランクを持たない下級者のことです。

ノーランクの人は、ギルドに入ることも、契りを交わすことも出来ません。また、クリプトン人の子供はジェネシス・チェンバーという人工子宮から生まれてきます。

遺伝子情報を基に、性別、将来就く職業も与えられ決められた人生を歩むことに……。なお、クリプトン星にも、こういった統治に反対するブラック・ゼロというテロ組織が存在します。

セグ=エルをつけていた男とは?

セグ=エルを尾行していた男は、アダム・ストレンジというゼータビームによって惑星ランに連れて来られた地球人科学者です。

彼は、何世紀も先の未来からやってきた人物。

セグの孫は未来でスーパーヒーローになる、彼が生まれると困る悪者がいると告げ、未来のスーパーマンを救え、セグの祖父が遺したという”要塞”を探せと、エル家の紋章が入ったサンストーンを渡しました。

さらに、クリプトン星にも危機が迫っていると伝えたのです。

スーパーマンを狙い、クリプトン星にも危機を及ぼすという悪者ブレイニアック。奴は、クリプトンだけではなく全てを奪う。

星を飲み込む種族で、星から星を渡り歩き、あらゆる文明を征服し、何十億もの命を奪う。世界のコレクターと呼ばれるヴィランということなのです。

エル家とヴェックス家に繋がり?

行政長官のダロン=ヴェックスは、セグをうまく取り込もうとランクと、自分の末娘ニサと契りを交わせることにしました。

しかし、ダロンは愛する祖父を死刑に追いやった男。許せるはずがありません。そのダロンが、「エル家とヴィックス家には繋がりがある」というのです。

さらに、ダロンは祖父を尊敬していたとも……。どうやらそれは、セグを囲い込んで”要塞”の場所を探るためのものなのかもしれません。

ダロンは、”要塞”のことを知ってはいるものも、その場所までは分からない様子。どうしても”要塞”を手に入れたい、そんな狙いがあるようです。

スポンサーリンク

海外ドラマ『クリプトン』をシーズン1第1話を観た感想

『クリプトン』はDCコミック原作のドラマですが、原作を知っている方はもちろんのこと、知らない方でも楽しめるドラマだと思います。

スーパーマンがどのように誕生したのか、彼が生まれる前に何があったのか。

まさに、これからのエル家の生き様が描かれようとしています。

スーパーマンといえば有名なヒーローで、彼がなぜ誕生したのか知りたい方は是非、見てほしいドラマです。