【リリハマー】シーズン3後半あらすじと解説、3分でわかるネタバレ。ついにブルース・スプリングスティーンが登場! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リリハマー】シーズン3後半あらすじと解説、3分でわかるネタバレ。ついにブルース・スプリングスティーンが登場!

作品紹介

【リリハマー】シーズン3後半あらすじと解説、3分でわかるネタバレ。タグリアーノは3兄弟だった!フランクの2番目の兄役に超大物ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンがキャスティング。ソプラノファミリーのトニー・シリコも再登場。

© Netflix,lnc.All Rights Reserved.
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年3月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品

 

「リリハマー」を検索 ➤
スポンサーリンク

【リリハマー】シーズン3後半あらすじ

スウェーデンで、元マフィアの料理研究家ジョーイ・サルモネが、NYマフィアのボスでサル*   の甥トミーに狙われる。

ジョーイがサルの母のレシピを盗んで出したレシピ本がベストセラーになったためだった。

トミーはしくじり警官に撃たれ、ジョニーがトミーを助ける

トミーはジョニーの元で働きたいと願い、ジョニーもいったんは引き受けるが、NYのやり方でリレハンメルを荒らすためトミーを追い出す。

しかし、トミーはリレハンメルに残り、そこでギャング団を作りジョニーの座を狙う。

一方、トルゲイルは、ガールフレンドのブリジットが妊娠したことで家庭を持つことにする。

サル ジョニーことフランクの旧知のNYマフィアのボス。
フランクはシーズン2でサルの同意を得て仇敵アルドを倒す事ができた。

【リリハマー】シーズン3後半のネタバレまとめ

ロアル

ロアルは、シーズン3前半でアレックスの兄に騙されてブラジルの刑務所に入るが、ジョニーの助けにより釈放されノルウェーに戻れた。

しかし、この件で有名になり俳優デビューしたことで調子に乗り、またブラジルにアレックスに会いに行く。

そして……。

ブラジルで密売人に運び屋を強要される。

出発前に空港でコカインを捨てる。

怒った密売人に損失した金を要求される。

無断でトルゲイルの名前で金を借りる。

トルゲイルと喧嘩別れをし、トミーのギャング団に入る。

抗争でトルゲイルの危機を救う。

ヤン

S1でヤンを解雇した労働福祉局の上司が、仕事に復帰させてくれる

調子に乗り、また女性と関係する。

ドライブ中、その女性といちゃついて老人を轢く。

その老人はシグリのお父さんだった。

ジョニーの報復が怖く、その場を逃げ、老人は死ぬ。

ジョニーはひき逃げした犯人への報復を誓う。

そんな時、昏睡状態だったダグが目を覚ます。

ヤンはそれを知らずにダグにひき逃げの件を告白。

ヤン、処刑される。

トミー

ジョニーの元を出て、スキーロッジを乗っ取り、新しいギャング団を作る。

サルがトミーにフランクに迷惑をかけるなと忠告する。

トミーはサルを無視する。

サルはトニー神父に頼み、トニーの弟のジュゼッペトミーを始末してもらう。

●フランクはシーズン2でNYの問題を解決した事により、証人保護を受け身を隠した男からノルウェーを与えられたマフィアとなっていた。

●NYマフィアにみかじめ料も払っていた。

●サルは(みかじめ料ももらっているし)フランクのシマを荒らすなとトミーに忠告するが、彼は聞く耳を持たなかった。

トルゲイル

ヤンの処刑で、もともと堅気のトルゲイルはジョニーについていけないと感じる。

彼はブリジットと新しい人生をやり直したいとジョニーに申し出る。

最初は「辞める時は死ぬ時だ」と言ってたジョニーだったが、最終的には笑顔でトルゲイルを送り出す。

トルゲイルはブリジットと、アルパカ牧場経営のためにホルニンダールへ向かう。

【リリハマー】シーズン3後半の見どころと解説

タグリアーノ3兄弟

なんと、フランクにはもうひとり兄がいた。

地元でも有名なワルい3兄弟だったらしい。

フランク説得できないやつは、トニー神父(トニー・シリコ)あの世への準備をし、葬儀屋のジュゼッペ(ブルース・スプリングスティーン)葬るという仕組だった。

やはりトニー神父は、普通の神父ではなかった

では、フランクが悪い道に走った事が原因の40年前の喧嘩とは何だったのか謎である……。

ドラマでは3兄弟の若い頃の写真を見ることが出来る。

そしてエンディングの最後に、アンジュ(モーリーン・ヴァン・ザント)と、トニー神父ジュゼッペフランクジョーイがマフィアっぽい恰好で祝杯を挙げるのでお見逃しなく。

ブルース・スプリングスティーン

兄弟で1番のワルで殺し屋のジュゼッペ演じるのは1999年にロックの殿堂入りしたアメリカの大物ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーン

「ボーン・イン・ザ・U.S.A」は1984年の記録的な大ヒットとなった。

最終回エンディングは彼の歌「Loose Ends」、最終話の原題でもある。

ゴッドファーザーⅡのパロディ

ヤン処刑時、船上でヤンが聖母マリアの祈祷文を唱える。

これは【ゴッドファーザーPartⅡ】(1975)の終盤、主人公マイケルの兄フレドの処刑シーンのパロディ。

しかしあまり笑えないので、パロディというよりはオマージュかもしれない。

これがやりたくて、制作サイドはヤンの結末をこのようにしたのかもしれない。

【リリハマー】シーズン3後半の感想

シーズン3最終回は、ブルース・スプリングスティーン出演、ソプラノメンバー再登場など、お遊び満載だったが、ストーリーとしては残念だったと言わざるを得ない。

シーズン2までが面白かっただけに残念。

シグリが変態のBFを風呂場で殺し、それが解決しないままになっていたり、ランディ殺しの罪を着せられたダグの処遇もわからない。

これらの件はシーズン4を作るつもりで作られたエピソードかもしれないが、所有権とコストの関係で現時点では続編が作られるという情報はない。

しかしながらReddit(英語圏の投稿サイト)では、続編を要望するファンが多いと言う。

いつの日かシーズン4が作られ、シグリのエピソードが完結することを祈りたい。