ドラマ『メゾン・ド・ポリス』9話ネタバレ感想。チーム大どんでん返しで壊滅の危機!? | Dramas Note

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』9話ネタバレ感想。チーム大どんでん返しで壊滅の危機!?

高遠建設の闇に手が届く…とろこまで来たチーム”ひより”。しかし、その巨大な闇がついにメゾン・ド・ポリスを壊滅の危機に陥れることに。バラバラにされたチームはどうなるのか?黒幕につぐ意外な協力者の登場に、ひよりや夏目は…?それでは最終回目前のドラマ『メゾン・ド・ポリス』9話のネタバレ考察と感想をご紹介します。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』

スポンサーリンク

9話あらすじ

心機一転。牧のひより(高畑充希)は、メゾン・ド・ポリスのおじさまたちやフリージャーナリストの真琴(東風万智子)らと協力して、高遠建設を徹底的に調べることにします。

その結果、警視庁からの天下りで現在、高遠建設の常務取締役・野間(佐野史郎)が鍵を握っていると判断。

また、真琴は野間と暴力団・青戸組の配下にある青幸興業の大黒(中野英雄)が繋がっている証拠写真の撮影に成功したこともあり、更に調査を進めていきます。

野間は大黒に仕事を発注することも多いことから、癒着があると推測。

当時、高遠建設の経理を担当していた市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に不正処理をさせ、口封じのために大黒たちに彼らを処理させたのではないかという結論に至ります。

ひよりと夏目、迫田はまず、市野沢の転落死のことから調べるために、市野沢の妻・和子(宮地雅子)を訪ね事情を聞くことにしました。

すると、和子からひよりと自分との意外な繋がりを聞かされたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』の9話の解説

野間は、警察関係者や暴力団関係者らと手広く繋がっているようで、誰が敵で誰が味方なのか分からない状態でした。

市野沢が亡くなる前に立ち寄っていたというバーも、青幸興業の息が掛かっている様子。和子は、ひよりたちが事情を聴きに行った時は何かをひた隠しにしていましたが、ひよりの父親も高遠建設に務めていたと聞き、真実を話すことを決意します。

ひよりたちは、野間がすべての鍵を握っていることの証拠としてレコーダーに録音しました。証言は以下の通りです。

・高遠建設から青幸興業に支払う金の一部を野間にキックバックしていた。

・市野沢も協力費として金を受け取っていた

・息子ほどの年齢の池原にこんなことをさせていいのかと、不正会計の一部を引き継がせることを迷っていた

・迷った挙句に、妻・和子に自分がやっていることを話した。

ひよりは、署内にある自分の机の引き出しに鍵をかけて保管していたものの、野間の手が伸びて知らない間に録音は消去。

さらには、和子も事故に見せかけて殺害されてしまったため、野間の悪事は闇に葬られてしまいます。

市野沢が亡くなった後、野間や小黒が市野沢の仕事部屋から、不正処理の証拠となるファイルを消去したとのことでしたが、どこを探しても平成10年度より前の裏帳簿のデータが見つかりません。

誰かが持っているのか、それとも……。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』9話の考察

ひよりの母の話を親身になって聞いてくれた刑事は?

ひよりが幼かった頃、父の死で自分を責めている母を見ていた時期がありました。そんな時に、母の話を聞いてくれたというたったひとりの刑事がいたそうな……。

同じように自分も刑事として、和子の話を聞いてあげられれば……というひよりの言葉に、迫田や夏目がうっすらと微笑んでいました。

これは、ひよりの成長への喜びで、ちょっとだけ顔がほころんだということでしょう。では、その時の刑事とは一体誰なのか。

顔の部分は映っていませんが、おそらく、メゾン・ド・ポリスのおじさまの誰かではないかと推測します。

人情味があると言えば迫田?いえいえ、夏目という可能性もあります。ただ、ひよりこの話をしている時の2人の表情からすると微妙な感じがします。

一番、それらしく見えるのは伊達、もしくは高平の可能性があるかも?伊達はひよりをメゾン・ド・ハウスに引き入れた人物であり、高遠建設に関する事件を納得できないまま引退したということもありますが、年齢的には……。

意外にも、若かりし頃の新木警部という可能性も……。

野間と癒着している警察関係者は?

高畑充希×おじさまたちのタッグが最高!『メゾン・ド・ポリス』全話エピソード
高畑充希演じる新米刑事と、すでに警察を引退しシェアハウスで生活する”おじさま”元刑事たちとの奇妙な事...…

警察署内部には、野間と癒着している者がいますが、実は真琴も野間と繋がっていたことが明らかになりました。

彼女は、ずっと前から高遠建設の事件を追っていたフリージャーナリストですが、なぜ彼女が?という疑問が浮かびます。

彼女は池原の妻がひよりに紹介した人物ではありますが、最初からグルだったのか、それともわざと野間の懐に入って情報を得ているのかは不明。

ただ、メゾン・ド・ポリス内で行われている調査が、野間に筒抜けになっていること、ひよりのボイスレコーダーが消去されていることを考えると、レコーダーがひよりの署の机の中にあるという情報を真琴が得て、それを消去した人間が署内にいるということでしょう。

現時点では、真琴及びおじさまたちと関わるなと忠告しにきた間宮監視官、人事第一課の監察官・鴨下警視正が怪しいと睨んでいます。

瀬川草介は、もしかしたら鴨下警視正に踊らされているだけ(?)なのかもしれませんね。

見つからない唯一の証拠はどこに?

亡くなった市野沢は、平成10年以前の裏帳簿をどこかに隠しているようでした。どこを探しても見つからないということで、それがあれば野間の悪事を暴くことができます。

では一体、その証拠はどこに隠してあるのか? 市野沢はひよりの父と同期で、家にも何度か遊びに行ったことがあることも分かりました。また、仕事面でも相談していたということから、もしかしたら市野沢は、自分に何かあった時のためにと、ひよりの父に渡していたのではないかと推測します。

ひよりの父は、不正取引に直接関係していないものの、市野沢の死の真相を知ってしまったため殺害されたのではないかと。

市野沢がひよりの父を信頼していたと考えれば、不正取引の事も話していたでしょうし、平成10年以前の証拠データを預けていたという可能性も大です。

意外にもデータは、誰かに預けてあるというよりも、ひよりの家のどこかに隠されているのかもしれません。ひよりの父の遺灰の中や遺影の後ろなど、目に触れないような場所である可能性も高いですね。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』9話の感想

野間の悪事によって、メゾン・ド・ポリスがバラバラにされてしまいました。

ひより かつての夏目と同じで和子を追い詰めたとされ刑事生命の危機

迫田 殺人容疑で逮捕された

藤堂 大黒の手下に仕掛けられた爆発により重傷を負う

高平 最愛の娘が狙われメゾンドポリスを去る

夏目 迫田が逃がしたものの逃走中

伊達 野間に呼び出され余生を迎えたければ…と脅しを掛けられる

ただ予告では、ひよりも伊達も高平もメゾン・ド・ポリスに戻ってきて、夏目は大黒に直接接触し、迫田は新木と原田を呼び出して署内裏切り者探しをさせるとあるので、それぞれできることを進めていくようですね。

すべての証拠が闇に葬られた今、無くなったデータさえ見つけることが出来れば、野間を叩き潰すことができるので、唯一のチャンスはデータを見つけることでしょう。

警察はなぜ野間に抱きかかえられるのか。それは、高遠建設が引退した警察関係者を積極的に受け入れていることと関係がありました。

引退後の自分の身を案じた者が、野間に便宜を図ってもらうために協力しているのでしょう。どこまでも身勝手な考え方です。

さて、次週はいよいよ最終回です。高遠建設の一件が解決すれば、メゾン・ド・ポリスはもうなくなってしまうのか?

おじさまたちも、ある意味で本当の退職となる日がやってきますが、様々な事件を巡るおじさまたちとのタッグや、目に見えたひよりの成長も楽しませてくれたドラマでした。