MCU「アイアンマン & ホークアイ」のスピンオフ「アイアンハート & エコー」が製作予定。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MCU「アイアンマン & ホークアイ」のスピンオフ「アイアンハート & エコー」が製作予定。

Writer: DramasNote編集部

MCU最新作、Disney+シリーズ【Loki】の日本配信を間近に控える中、MARVELはさらなる飛躍を見せている。MARVELは、【What if…?】や【ホークアイ】【シークレット・インベージョン】【 シー・ハルク 】【ムーンナイト 】など数多くの作品を制作しているが、これらはほんの一部に過ぎずDisney+での制作はさらに活発化しているとThe DILECTが報じている。その中には、アベンジャーズに直接関連する2つの番組も含まれていると言う。

2022年1月には【ホークアイ】に登場するエコーを主人公にしたドラマ、2022年4月にはアイアンマンの後継者アイアンハートを主人公にしたドラマの製作が開始されるとのこと。

エコーことマヤ・ロペス役を演じるのはアラクア・コックス。

エコーには聴覚障害があるが、他人の動きが完コピできる能力を持つスーパーヒーローだ。

© MARVEL

4月末に撮影が終了した【Hawkeye(ホークアイ)】に登場したあと、Disney+でのエコーのソロシリーズが急ピッチで進められているとのこと。

また、【アイアンハート】のリリ・ウィリアムズ役をドミニク・ソーンが演じ、トニー・スターク風のアーマーを作る若き天才に焦点が当てられるという物語。

なお、この作品はドン・チードル主演のDisney+の別シリーズ【アーマーウォーズ】とも関連するようだ。

かつてハリウッド・リポーター誌の編集長で映画レポーターを務めているアーロン・カウチ氏は、【アイアンハート】が6話数であることをTwitterで明らかにしている。

© Disney|© MARVEL

「エコー」のエピソード数は【ワンダ・ヴィジョン】よりも短く、【ファルコン&ウィンター・ソルジャー】や【Loki】に匹敵する長さとなる。

ただ、これだけ急ピッチで進められるとなれば、マーベルは「ホークアイ」はもちろん、エコーというキャラクターに自信を持っているのかもしれない。