PR

夢華録(むかろく)14話・15話・16話のネタバレあらすじ│自覚した感情

歴史 / 時代劇
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

夢華録(むかろく)14話・15話・16話のあらすじとネタバレ感想。趙盼児たちは茶坊の名を「半遮面」と変え新装開店しました。茶坊を訪れた客たちは高級感のある店の雰囲気を気に入り、琵琶の演奏や茶菓子にも大満足の様子。趙盼児は張好好にも協力を仰ぎ、着実に盛り返していきます。

PR

14話あらすじ

自覚した想い

趙盼児、孫三娘、宋引章の3人は、茶坊の名を「半遮面」と変え新装開店しました。茶坊を訪れた文人たちは優雅で趣のある店の雰囲気を大層気に入り、琵琶の演奏や茶菓子にも大満足の様子。

文人たちは宋引章の琵琶をもっと聴きたがりましたが、趙盼児は江南一の奏者である宋引章の琵琶は1日3曲限定だと言い、もう一曲聞きたければ次の曲まで茶菓子を楽しみながら待つようにと言いました。

茶坊は初日から大盛況で、趙盼児は客寄せに貢献した何四にお礼のお金と茶菓子の詰め合わせ2箱を渡しました。そのうちの1箱は張好好のために用意したもので、趙盼児は何四に頼んで張好好に会わせてもらいます。

趙盼児は張好好に、半遮面の茶菓子を毎日届けるから張好好の客に出してほしいとお願いし、その見返りとして宋引章が宮中で琵琶を披露する際には張好好と組むことを約束しました。


趙盼児は顧千帆に対する恋心を自覚し始めていました。顧千帆の好意にも気づいていましたが、本当に彼が自分のことを好きかどうかは確信が持てません。

仮に顧千帆が自分のことを想ってくれているとしても身分が違いすぎるし、いつか愛されなくなる日が来るかもしれないという不安もありました。

その頃、顧千帆に個人的な恨みを抱いている于中全は簫欽言の息子である簫謂に会いに行き、顧千帆を排除するための協力をあおいでいました。

14話の感想

新装開店した茶坊はかなり強気の値段設定でしたが、客が納得してくれて良かったです。「限定」や「宮中に愛されている品」といった言葉で客の購買欲をくすぐるとは、趙盼児はなかなかの商売上手。

PR

15話あらすじ

身分の隔たり

于中全は顧千帆に他国と内通した罪を着せ、その共犯者として趙盼児を捕らえました。趙盼児を助けるため、宋引章は沈如琢に助けを求めに行き、孫三娘は陳廉を探しに行きます。

于中全は趙盼児を共犯者に仕立て上げようとしましたが、陥れられることを察知していた趙盼児は先手を打っていました。逆上した于中全が趙盼児を殺そうとしたその時、顧千帆と陳廉が現れ趙盼児を助けます。

顧千帆は趙盼児とは他人のフリをし、陳廉に趙盼児を馬車で送り届けさせました。ただ、屋敷までではなく途中で馬車を降ろされた趙盼児は、歩いて屋敷に戻る途中で宋引章や孫三娘と合流します。

趙盼児たちが屋敷に戻ると、顧千帆も来ていました。他人のフリをされたことを根に持っている趙盼児は思わず顧千帆を責めてしまいます。

顧千帆は他人のフリをしたのは趙盼児を危険な目に遭わせないためだと説明しましたが、身分の隔たりを感じている趙盼児は涙ながらに顧千帆を追い帰しました。

沈如琢は宋引章の琵琶の演奏を聴きに行き、宋引章に親しげに話しかけます。戸惑う宋引章に沈如琢は、半遮面のパクリ店ができていることを教えました。

15話の感想

趙盼児は顧千帆に対する恋心をどうしていいか分からず混乱しているように見えます。身分が違いすぎるから諦めるべきなのか、それとも、身分違いでも突き進むべきなのか。きっと、顧千帆が決意を固めさえすれば、趙盼児も腹をくくると思うのですが。それにしても、女性たちの友情がとても素敵ですね。

PR

16話あらすじ

パクリ店との勝負

宋引章は沈如琢が持ってきた清茗坊の茶菓子を趙盼児と孫三娘にも見せました。見た目は半遮面の茶菓子とそっくりでしたが、食べてみると違いは明らかでした。趙盼児はこれからも上質なものを作り続ければ半遮面の名は上がるだろうと語ります。

また、清茗坊は半遮面を真似て店内で琵琶の演奏もしていましたが、趙盼児はこれについても策がありました。まず最初に、趙盼児は清茗坊の琵琶奏者を半遮面に連れて来て、半遮面の常連客たちの前で演奏させます。次に、同じ曲を宋引章が演奏し始めると清茗坊の奏者は宋引章に弟子入りを志願しました。

そうして、清茗坊の奏者を引き抜くことに成功すると、激怒した清茗坊の胡店主が半遮面に乗り込んできます。趙盼児は簡単に言い負かすと、胡店主は闘茶で決着をつけようと提案しました。結果、趙盼児が勝利し、胡店主は趙盼児の腕前を認めて帰っていくのでした。

16話の感想

まだ新装開店して7日目なのに、もうパクられるなんて早いですね。闘茶の勝負で、趙盼児が踊ったりしながら茶をたてるのには少し笑ってしまいました。しかも、胡店主が見惚れてるし(笑)

Photo:「夢華録」©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。