『ノーサイド・ゲーム』1話のネタバレあらすじと感想。ラグビーW杯直前!ドラマもラグビーで盛り上がる!! | Dramas Note

『ノーサイド・ゲーム』1話のネタバレあらすじと感想。ラグビーW杯直前!ドラマもラグビーで盛り上がる!!

『ノーサイド・ゲーム』池井戸潤原作×大泉洋主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』1話のネタバレあらすじと感想。

大手自動車メーカーの経営戦略室次長としてバリバリと働いていた主人公が出世街道から外され、会社のラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼任させられることに。

ラグビード素人の主人公、一体どうなる!?

『ノーサイド・ゲーム』

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』』の作品概要

【放送】

初回2019年7月7日(日)放送

毎週日曜日よる9:00~

【原作】

池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)

【主題歌】

米津玄師「馬と鹿」

【キャスト】

大泉洋、松たか子、中村芝翫、上川隆也、笹本玲奈、大谷亮平、高橋光臣、西郷輝彦、他

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』1話のあらすじ

大手自動車メーカー・トキワ自動車の経営戦略室長としてエリート街道を順調に進んできた君島隼人(大泉洋)でしたが、上司の滝川佳一郎(上川隆也)が提案した企業買収計画に反対し、府中工場へ飛ばされてしまいます。

府中工場の総務部長初日、社員たちから温かく迎え入れられ気持ちよくスタートをきった君島でしたが、実は総務部長はラグビー部”アストロズ”のゼネラルマネージャー(GM)を兼任することにもなっていたのです。

かつては強豪だったアストロズも、今は成績不振に悩まされており、14億もの赤字を出している会社のお荷物的な存在。

ラグビーに関しては素人の君島。現状から廃部への道を検討するのですが、事態は思わぬ方向へ向かう事となるのです。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』の見どころ

君島の妻は鬼嫁!?

君島の妻・真希(松たか子)は、君島の仕事に関しても色々と口を挟んできます。君島も仕事の事を逐一報告しているようです。

会社では、経営戦略室長としてキレキレで働いていた君島も、家庭では真希に頭が上がらない様子。スーツを1着買うにも真希の許可なくしては買えないという、完全なる上下関係が成立しています。

しかし、子どもがラグビーをするかしないかという家族会議では、真希に対してバシっと男を見せた君島。かっこよかったです!

社会人チームとして働く選手の苦悩

『ノーサイド・ゲーム』2話のネタバレあらすじと感想。新生アストロズ誕生は君島(大泉洋)の過去のトラウマに関係?
『ノーサイド・ゲーム』2話のネタバレあらすじと感想。トキワ自動車府中工場へ異動となり、ラグビー部”アストロズ”のゼネラル…

トキワ自動車の社員として働きつつ、仕事を早く終わらせて日々練習に励む選手たちでしたが、仕事に関して大変なことも見えてきました。

普通の社員と比べて勤務時間が短いことを申し訳なく思っている佐々(林家たま平)は、上司のミスをかぶったり、サービス残業をしていることが判明。

スポーツマンとしての真面目な精神が、仕事面で選手たちを苦しめることになっていました。

君島と浜畑の関係が今後のキーポイントになる!?

君島に対して反抗的な態度の浜畑(廣瀬俊朗)は、大阪弁も相まってちょっと怖い印象でした。

勤務評定は、効率性、責任感、協調性、チャレンジ精神、ともに高評価で社員としても優秀でチームでも一番人気です。

チームを思うがゆえに君島には敵対心をもっている浜畑ですが、1話最後では君島を受け入れるような態度を示しました。

この2人がタッグを組めば、会社にとってもチームにとっても強力なコンビになりそうな予感がします!

経験者多数のラグビー部”アストロズ”

君島がゼネラルマネージャーを兼務することになったトキワ自動車のラグビーチーム”アストロズ”。

部員たちは、実際にラグビーをやっていた経験者や、選手として現役で活躍している方が多数出演しています。

また、天野義久、廣瀬俊明、斎藤祐也、田沼広之、鶴ケ崎好昭、北川勇次、仲村慎祐、阿久根潤の8名は日本代表として活躍した経歴を持っているので、本格的なラグビーシーンが楽しめそうです。

ラグビーワールドカップに向けて一役買うドラマになる!?

ドラマ終了直後の2019年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ。

前回、イギリスで開催された大会では、五郎丸選手らの活躍で話題となりました。

今回は日本での初開催ということで、盛り上がらないわけがありません。

そんな時期に合わせて放送される『ノーサイド・ゲーム』。ブームに乗って盛り上がる予感大です!

”ノーサイド”とは?

タイトルにもなっている”ノーサイド”という言葉。ラグビーをよく知らないという方にとっては、どういう意味?と思う方もいると思います。

”ノーサイド”とは、ラグビー用語で”試合終了”を意味するとのこと。

ラグビーは、試合が終わった瞬間に敵味方の区別をなくし、勝った側、負けた側、どちらのSIDEも関係なくお互いをたたえ合うという精神が尊重される紳士的スポーツなのです。

様々なスポーツの中でも、ラグビーは激しくぶつかり合うことが多いスポーツ。

それゆえ、このような精神を忘れないようにプレーしようという思いがあるのですね。

しかし、現在ではこの”ノーサイド”を試合終了で使っているのは日本だけなのだとか。

今は世界的にも試合終了は”フルタイム”を使うのが一般的なようです。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』1話の感想

サラリーマンとしてのシーンと、ラグビーのシーンと半々くらいかと思いましたが、思った以上にラグビーに関するシーンが多く、スポーツドラマとして、スポーツ好きの方にも楽しんで頂ける内容でした。

現在、監督が不在のアストロズ。新たな監督を探す君島でしたが、ラグビーが嫌いになったきっかけとなる人物・柴門琢磨(大谷亮平)との再会で一波乱ありそうな予感です。

大学時代に思いを寄せていた彼女は、柴門の奥さんとなっているのでしょうか?

もしそうなら、真希との夫婦関係にも影響してくるかも!?

仕事、ラグビー、家庭と波乱が待ち受けているような『ノーサイド・ゲーム』。

見ごたえたっぷりなドラマとなっています。

タイトルとURLをコピーしました