『パーフェクトワールド』5話のネタバレと視聴率。本格的な四角関係が始まる!親の猛反対に打ち勝てるのか!? | Dramas Note

『パーフェクトワールド』5話のネタバレと視聴率。本格的な四角関係が始まる!親の猛反対に打ち勝てるのか!?

ドラマ『パーフェクトワールド』5話では、本格的な四角関係が始まりました。

つぐみに宣戦布告をする長沢ヘルパー。

つぐみのことを諦めきれないヒロ。

それぞれの切ない思いが絡まって、複雑なストーリー展開になってきました。

さらに、親に猛反対をされる樹とつぐみ。

2人はこのまま引き裂かれてしまうのでしょうか……。

ドラマ『パーフェクトワールド』

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』5話のあらすじ

仕事終わりに週2で介護セミナーに通い、毎日樹の家に寄って、毎日深夜まで障害の勉強。

そんな毎日を繰り返すつぐみは、自分でも気づかないうちに疲れがたまっていました。

ある日つぐみは、体が限界に達し、フラついた拍子に駅のホームから転落してしまいます。居合わせた樹は、つぐみを助けようと懸命に手を差し出しますが……届かず。

線路に倒れ落ちたつぐみ。何とか駅員に助け出されますが、全治2ヶ月の怪我をおってしまいます。

病室にはつぐみの両親も駆けつけました。樹は、そばにいながら助けられなかったことを両親に謝罪。すると父親は、樹に憤りをぶつけ、「帰ってくれ」と声を荒げるのでした。

後日。樹が見舞いに行くと、病院のロビーでつぐみの父親と遭遇。父親は「つぐみと別れてくれ」と樹に頭を下げます。

「君の身に起きたことは心から気の毒に思うけれど、娘に苦労してほしくない」と言う父親。さらに、自分は心臓病を患っていて先が長くないことを樹に告げるのでした。

父親に「別れてくれ」と懇願された樹は、果たしてどのような答えを出すのでしょうか……。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』5話のネタバレと感想

樹の心情

つぐみは介護セミナーに通っていることを、樹には「ただの残業」だと言っていました。

樹は、同級生のヒロから「実はつぐみは介護セミナーに通ってたんだよ、お前のために」と聞かされます。

自分のために過労になったあげく、目の前で倒れるつぐみを助けられなかった樹。きっと、計り知れないほどの自責と悔しさが、心にのしかかっていることでしょう。

さらに、つぐみの父親にも激しく責め立てられたことで、樹はますます負い目を感じたに違いありません。

後日、病院のロビーで父親に「つぐみと別れてくれ」と懇願される樹。父親の気持ちも分かりますが……樹もそう簡単に”はい”とも”いいえ”とも言えないでしょうね。

樹は「つぐみ以上に好きになれる人はこの先現れない」と思っているようですし、つぐみとの交際に幸せを感じているように見えます。

けれど、幸せを感じれば感じるほど、苦しさも伴ってしまうのかもしれません。

“もし歩けたなら守れるのに”という苦しみ。自分は何もしてあげられないという苦しみ。相手を不幸にしてしまうという苦しみ。

樹もヒロも父親も、周りはみんな、つぐみのことを”不幸”だと言いますが、なぜ周りが勝手に決めてしまうのでしょう。

幸せかどうかは本人にしか分からないのに、なぜ周りが不幸だと決めつけて2人を引き裂こうとするのか……と、少しモヤモヤしてしまいました。

本格的な三角関係に

ドラマ『パーフェクトワールド』全話のネタバレ感想。ドラマの結末は?(随時更新中)
ドラマ『パーフェクトワールド』全話のネタバレ感想。 樹とつぐみは12年ぶりに再会。 つぐ...…

つぐみの怪我は全治2ヶ月ということで、実家(松本)の病院に転院することになりました。

数日前つぐみの父親に「つぐみと別れてくれ」と懇願された樹。別れるかどうか、まだ結論を出していない樹は、ひとまず松本に帰るつぐみを見送りに行くことに決めました。

「明日絶対に見送りに行くね」と言う樹。久しぶりに会えることを喜ぶつぐみ。

しかし当日、運転しようと車に乗り込んだ樹は気を失ってしまいます。たまたまヘルパーに来ていた長沢が樹を発見し、病院へ運びました。

熱が下がらず、空洞症の疑いがある樹はそのまま入院をすることに……。目が覚めた樹はつぐみに連絡しようとしますが、長沢ヘルパーは「心配かけるから言わないほうがいいんじゃない?」と言います。

ここにきて、長沢が本格的に2人の仲を邪魔し始めました。

ですが長沢は、”愛”の勝負では勝ち目がないと分かっているのでしょう。”介護力”で競おうとしているように見えます。

障害の知識は自分のほうが勝っていて、樹が本当に困ったときに力になれるのは自分。そんな自負を抱いていると感じます。長沢本人も「このポジションは誰にも譲る気はない」と言っていましたし。

ヒロの思いが切ない

初めのほうは、イケてないポジションだったヒロ(瀬戸康史)。最近は、見せ場が増えてきたからか、だんだんカッコ良さが増してきました。

なんだかんだ言ってヒロは、つぐみが大変なときにはいつも近くにいます。長年つぐみに片思いをしているヒロ。一途さではつぐみにも負けていません。

つぐみは樹と付き合っていますし、正直ヒロ自身も、自分の入る隙はないと分かっていると思います。それでも「今さらお前(つぐみ)の存在を消して生きていくなんてオレはできない」と吐露するヒロ。

ヒロからすると、つぐみが苦労して見えるのでしょうね。ゆえに、ほうっておけず、思いを諦めることもできないのだろうと思いました。

樹とは違った魅力があり、違う良さもあるヒロ。けれど恋愛的には、このまま”当て馬ポジション”で終わってしまいそう……と思いきや。

なんと、次回予告ではヒロとつぐみのキスシーンが映っていました!樹と別れてしまったから、つぐみに隙ができたのでしょうか。

5話のラストで、樹に別れ話を切り出されたつぐみ。つぐみは別れを受け入れないだろうと予想していましたが、次回予告を見ると、別れてしまったようですね。

それぞれ全員が切ない思いを抱えているので、見ていて胸がつまります。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』5話の視聴率

1話:6.9%

2話:5.8%

3話:6.0%

4話:6.5%

5話:6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)