【麗姫と始皇帝】17話・18話のあらすじ・ネタバレ・感想。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【麗姫と始皇帝】17話・18話のあらすじ・ネタバレ・感想。

© 2017 BeiJing Hualu Baina Film&TV Co.,Ltd All Rights Reserved.

Writer:kino

【麗姫(レイキ)と始皇帝~月下の誓い~】17話と18話のネタバレ感想。麗を追って王宮に戻った韓申は侍衛に復帰した。ところが、麗の脱出を手助けした罪で捕えられてしまう。麗は韓申を助けるために「兄妹同然に育った師兄なの」と嬴政に打ち明けるが、簡単には信じてもらえず……!?

スポンサーリンク

【麗姫と始皇帝】17話のネタバレ

再び王宮へ……

麗がなぜ王宮に戻ったのか。

その理由をすべて知っている韓申かんしんだったが、口止めされているため荊軻けいかには何も言えなかった。

麗が王宮に戻ったことで冷静さを失っている荊軻は、怒りの矛先を韓申に向け「秦国に寝返った犬」などと言い出し、しまいには縁を切ると言い放つ。

≡王宮≡

「麗夫人が王宮に帰ってきました」

そう報告をうけた嬴政えいせいはすぐに駆け付けたものの、彼女が法を犯して王宮をでた以上は罰さないわけにもいかず一旦投獄した。

牢では趙高がここぞとばかりに麗を痛めつけようとするが、嬴政が現れて拷問は許さないという。

麗を守るために

麗を守りぬくと心に決めている韓申は、秦国に戻って侍衛に復帰した。

ところが、しばらくいとまをとっていたことで“麗の脱出を手引きした人物”として捕らえられてしまう。

嬴政の前に突き出された韓申は、初めはシラを切っていたが、麗が尋問されると聞いて慌てて「自分が彼女を連れ去った」と嘘の自白をする。

麗の解放

こたびの失踪事件により大勢の兵たちが動き、多くの宦官や侍女が処刑されつつあった。

それほどの大ごとになったというのに、失踪した張本人の麗はただ投獄されているだけで大した罰を受けておらず、それを不満に思う夫人は祖太后にグチをこぼす。

すると祖太后は「直ちに麗を仕置きする!」と激昂し、麗のいる牢屋に侍女を遣わした。

その侍女が麗に仕置きをしようとしたところに、韓申を連れた嬴政がやってくる。

嬴政は麗を解放し、その代わりに韓申を処するという。

部屋に戻った麗は、韓申を救うために侍女に扮して牢屋に侵入する。

【麗姫と始皇帝】18話のネタバレ

同門である証明

趙高をはじめとする家臣たちの間では、“麗と韓申はただならぬ関係なのではないか”という噂が立ちはじめていた。

そんな時、嬴政のもとに“麗が侍女に扮して牢屋に入った”という知らせが飛び込んでくる。

すぐに牢へ向かうと、韓申と麗がいっしょに居た。

嬴政に見つかってしまった麗は「彼は師兄なの。小さい頃から兄妹同然として育った」と打ち明ける。

しかし、言葉だけでは本当に師兄かどうかは分からないと進言された嬴政は、蒙武もうぶ将軍と韓申を手合わせさせて真偽を確かめることにした。

以前に麗と手合わせをした蒙武将軍ならば、韓申と麗が同門であるかを判断できるからだ。

翌日になり、手合わせが始まった。

ところが、韓申は拷問の傷のせいで思うように体を動かせない。

そんな彼を見た嬴政は「同門の師兄ではなかったようだ」と判断し処刑を命じる。

すると、麗が助けに入り韓申との双剣を始めた。

一糸乱れぬ双剣を披露した2人は、自分たちが同門であることを証明する。

嬴政は、師兄だと分かった以上は韓申を傷つけないと約束した。

韓申の情

嬴政は韓申の情を見抜いていた。

麗に対して兄妹以上の情を抱いているのだろうと。

韓申はそれを認め、麗を守るために宮中に置いてほしいと頼んだ。

「いくら大王(嬴政)が麗を大切に思っていても、国を背負う立場である以上は命までは投げうてない。
しかし私は命を投げうってでも必ず麗を守ります」

すると嬴政は、許可するかわりに自分に誠心誠意の忠義を尽くせと命じる。

一方で荊軻はようやく麗への未練を断ち切り、これからは剣と共に生きると決意した。

【麗姫と始皇帝】17話の感想

麗と荊軻との間で板ばさみになる韓申が気の毒でした。

荊軻に「秦国に寝返った犬」とまで言われても、怒ったりせず冷静に対応する姿が大人です。

韓申は、たとえ想いが叶わなくてもただ麗のそばに居られるだけでいいと考える“見守り系男子”。

彼にとって秦は祖国を滅ぼした敵国ではあるものの、麗さえ守れるのならば自分がどの国に属そうと構わないのでしょう。

だから迷わず麗を追って再び秦の侍衛になったのだと思います。

一方、もしかしたら麗を恨むかもしれないと予想していた清児ですが、あれだけの拷問を受けたというのに麗をまったく恨んでいない様子でした。

それどころか「一生仕えたい」という彼女は従者の鑑です。

【麗姫と始皇帝】18話の感想

韓申の一途すぎる愛が胸を打ちました。

彼は自分の想いが決して報われないことを分かっていながら、それでもただ麗のそばにいて彼女を守れるだけで幸せなのでしょう。

また、対峙した嬴政に物怖じすることなく遠慮ない言葉をぶつける姿が印象的でした。

それでいて決して好戦的なわけではなく、あくまでも冷静に対話する姿は大人の男性といった感じで魅力的。

ただそれでも、やはり嬴政のほうが上手うわてで最終的に主導権を握るのはさすがでした。

麗の護衛を許可する代わりに自分に忠義を尽くさせるとは、人の使い方がとても巧いです。

一方の荊軻はずっと荒れていましたが、ようやく未練も過去もすてて前に進む気になったようです。

*次回19話・20話のネタバレ感想はこちら