【麗姫と始皇帝】31話と32話のあらすじ・ネタバレ・感想。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【麗姫と始皇帝】31話と32話のあらすじ・ネタバレ・感想。

© 2017 BeiJing Hualu Baina Film&TV Co.,Ltd All Rights Reserved.

Writer:kino

【麗姫(レイキ)と始皇帝~月下の誓い~】31話と32話。敏夫人の悪事を暴こうとした麗は、逆に「丹太子の逃亡に協力したこと」を暴かれてしまいました。事実であるため認めるしかなかった麗は投獄されてしまうのです。この記事ではネタバレ感想をお届けします。

「麗姫と始皇帝」の記事一覧

スポンサーリンク

【麗姫と始皇帝】31話のネタバレ

嬴政の胸中

楚良人は韓長使かんちょうしから子をもらい受ける(奪う)予定でしたが、韓長使が死んだ今は懐妊したフリをする必要もなくなったため流産を装うことにしました。

流産の芝居を終えたあと、楚良人の侍女は言います。

「景良人や韓長使の死は、麗夫人のしわざなのでは?」

麗が黒幕かどうかはともかく、麗のせいで落ちぶれたと思っている楚良人は10倍にしてやり返すことを誓いました。

嬴政えいせいは麗に、大切なものが次々と失われていく不安を語ります。

彼がとりわけ心を痛めているのは、腹違いの弟である成蟜せいきょうとの別れでした。

成蟜は謀反により大罪人となってしまいましたが、純粋すぎるゆえに操られてしまっただけで、嬴政に譲位を迫ったのも いっとき我を忘れただけのこと。

嬴政は、それを分かっていながら兄弟の絆を断ち切ってしまった過去の自分を悔いているのです。

そんな嬴政の胸中を知った麗は、そっと後ろから抱きしめました。

新たな家臣

≡趙国≡

公子は呂不韋りょふいに言います。

「李牧将軍がいる限り秦軍は怖れるに足らず。しかし我が趙が、弱小国から抜け出すには次の手を打たねば」

すると呂不韋は、趙国には自分や敏夫人がついているし、秦の軍さえ抑えてしまえば王位奪取もできると答えました。

≡秦の王宮≡

蒙武もうぶ将軍から献上された兵書を気に入った嬴政は、著者である尉繚うつりょうを朝議の場に召喚して尋ねます。

「そなたはなぜ魏人でありながら兵書を魏王に献上せず、秦で名声を得ようとしているのか」

尉繚は名声は求めておらず、望むのは太平の世が訪れることだと答えます。

そして、乱世を終わらせ民が安寧を得る方法は“天下統一”だと声高に唱えました。

尉繚が秦に兵書を献上したのは、秦こそが天下統一を成し遂げられる唯一の国だと思ったからなのです。

彼は、他国を御するには戦だけにこだわらず、各国の君臣への賄賂や離間もおこなっていくべきだと進言。

そんな忌憚なき進言を気に入った嬴政は、今後は自分に追従して朝夕の教示をするよう頼みました。

敏夫人と李斯

嬴政から外出の許可をもらった韓申は丹太子を訪ねました。

韓申が来たのは麗に頼まれてのことでしたが、樊於期はんおき将軍は警戒心をあらわにして「秦王(嬴政)の命令で来たのか!?」と突っかかります。

一方で敏夫人から呼び出された李斯りしは、韓非殺しの黒幕に気づいていました。

「韓非を殺してその罪を私に着せたのは敏夫人ですね」

敏夫人はそれを否定せず、李斯が恨むべき相手は麗だと話をすり替えます。

そして、大王(嬴政)の信頼を取り戻すために力を貸すと李斯に話を持ち掛けるのです。

【麗姫と始皇帝】32話のネタバレ

狩りの日の朝、麗は枕元に置いていたはずの形見の短剣がなくなったことに気づきますが、見つけることができませんでした。

狩りへ向かう馬車には、麗と敏夫人が同乗しています。

麗はこたびの事件(韓非、景良人、韓長使の死)の犯人は敏夫人なのでしょうと話を切り出し、敏夫人の心までもを見抜きました。

普段は政治に興味のないフリをしているけれど、本当は誰より深く政治に関与しており、嘉公子を趙王にたてるつもりであること。

そしてそれは、かつて敏夫人を捨てた趙王への報復のためでもあること。

すべてを言い当てられた敏夫人は、麗から盗んだ形見の短剣で自分の腕を斬りつけて一芝居うちます。

「助けて!麗夫人に殺される!」

王宮に戻ってからこの件を審議した嬴政は、「敏夫人が自分の腕を切った」という麗の主張をいまいち信じきれない様子です。

麗は韓非たちを殺したのは敏夫人だと訴えますが、反撃してきた敏夫人に丹太子の脱出を手助けしたことを暴かれてしまいます。

脱出の決行日に丹太子府を襲った盗賊も麗のグルで、その中のひとりが荊軻だということも敏夫人には見抜かれていました。

丹太子の脱出を計画したのも、荊軻の関与も、どちらも事実であるため麗は何も言い返せません。

敏夫人の証人として呼ばれた李斯りしは、麗を誘拐したときに助けにきたのが荊軻であることを証言、しかも麗が王宮に戻ったのは1日経ってからであることも話します。

「かつての恋人と一夜を過ごしたなら、関係が再燃しても不思議ではありません」

それを聞いた嬴政は、麗以外の者を退室させて「本当なのか」と問いただしました。

認めた麗に、嬴政は言います。

「丹太子に協力したのは荊軻に会いたいがためだったのだろう。今まで余を愛するフリをしておきながら、本当は荊軻をずっと忘れていなかったのだな」

麗は大王への気持ちは誓って本当だと答えましたが、その言葉は彼の耳には届かず永巷(牢屋のような場所)に入れられてしまいます。

永巷では、麗のせいで失脚したと恨みを抱いている李斯がここぞとばかりに拷問で痛めつけました。

一方で、丹太子が身を隠している場所に刺客が現れます。

荊軻と韓申は刺客を追いかけました。

その間に丹太子の部屋に踏み込んだ夏侯央かこうおうは、丹太子を連れ去ろうとします。

【麗姫と始皇帝】31話の感想

秦は他国よりも抜きん出ているとはいえ、常に順風満帆なわけではないことが描かれており面白いです。

秦にとって1番の懸念材料は、6つの国が合従(連盟)してしまうこと。

合従を阻止しつつ天下統一を果たすために、どのような道筋を辿っていくのか、その過程に期待が高まります。

今回 尉繚うつりょうという新たな家臣も加わり、秦の天下統一が一歩近づいた気がします。

【麗姫と始皇帝】32話の感想

敏夫人の悪事をようやく暴くことができたと思いきや、麗がまさかの大きな反撃にあいました。

丹太子の脱出を助けたことや、荊軻と再会したことは事実なので何も弁明できません。

嬴政にとっては、麗が脱出の手助けをしたことよりも荊軻と繋がっていた(と思い込んでいる)ことがショックなのでしょう。

もともと猜疑心が強い彼なので、1度疑ってしまった麗をしばらくは信じられないはず。

2人の関係性が今後どうなっていくのか、今は見守るしかなさそうです。

*次回33話・34話のネタバレ感想はこちら