【リバーデイル】シーズン6第11話ネタバレ考察|タバサが得た能力から考えられる存在 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第11話ネタバレ考察|タバサが得た能力から考えられる存在

海外ドラマ
© 2021 The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

解説

【リバーデイル】シーズン6第11話ネタバレ考察。アーチーをも打ち負かしたパーシヴァルにとって今や脅威などなく、最早リバーデイルを掌握したと言っても過言ではありませんでした。完全にアーチーたちの勢いを止めたパーシヴァルは次なる目標のために動き出しますが、意外にもリバーデイルの未来は”ある人物”に懸かっていたのでした。

Writer:Ojikan

「リバーデイル」オフィシャルサイト

全話 前回の記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第11話あらすじ

アーチーとリバーデイルの改革を懸けたボクシングの試合に勝利したパーシヴァルは、すでに町を掌握したと言っても過言ではありませんでした。

敵対していたアーチーたちの弱点を把握するパーシヴァルにとって今や恐るべき存在はなく、次なる目的は民間鉄道の開通でした。

しかもそのために必要となる駅の場所として、”ポップの店”を指定したのです。

日頃から正義感の強いタバサのことを煙たがっていたパーシヴァルにとって、合法的にタバサを追いやる絶好のチャンスだったのでしょう。

とはいえ、あまりにも突飛なパーシヴァルの考えにタバサが黙っているはずもなく、2人は真っ向から敵対します。

そんな矢先、店を守るため四苦八苦するタバサの元に見知らぬ男が現れます。

すると、突然男はタバサに向かって銃を発砲しました。

 タバサの役目を果たすとき

銃撃されたタバサは、思わぬ形で守護天使のラファエルと再会しました。

タバサとラファエルはシーズン6第3話にて、タバサの祖父テランスが悪魔に襲われた際に初めて出会っています。

祖父の命が懸かった一大事な場面ではありましたが、ラファエルに助られて事なきを得ました。

今回、タバサは銃撃を受けたタイミングで過去へと飛ばされ、ラファエルとの再会に至ったようです。

ラファエルがタバサの前に姿を見せるのは、人生が激変する時か天変地異の時だけだとラファエルが話していたので、何かが起こる前兆ということでしょう。

ラファエルによると、タバサはクロノキネティックと呼ばれるタイムトラベラーの能力を持っているとのことなので、恐らくこれはアーチーたちが爆発の影響で様々な能力を得たのと同様に、タバサは銃撃がきっかけで能力を得たと考えられます。

今回、タバサは1944年のポップの店にタイムスリップしましたが、この時代に飛ばされたのも闇雲ではなく、タバサにはこの時代でやるべき事があるようです。

また、タバサが元の時代に戻るには能力を使いこなすためのお守りとなる”トーテム”が必要であり、それも見つけ出さなければなりません。

タバサの”やるべき事”とは?

タバサはタイムトラベラーの能力を開花させ、やるべき事を果たすために過去へ飛ばされたことはわかりました。

しかしそこで気になるのが、タバサの”やるべき事”とは何なのかということ。

現時点では具体的なことはわかりませんが、タバサの行く先々で必ずパーシヴァルが現れることこそが最大のヒントでしょう。

1944年に飛ばされたタバサはその後、1968年と1999年にも飛ばされており、いずれの時代でも必ずパーシヴァルが現れています。

時代ごとに名前や職業こそ異なるものの見た目はパーシヴァルそのものであり、タバサの正体にも気づいているようでした。

パーシヴァルがやろうとしている事はどの時代でも同じで、黒人の排斥や白人至上主義の後押しなどで、直接的な目的は不明ですが、リバーデイルを根本から変えようとしているのは確かです。

つまり、タバサのやるべき事はパーシヴァルを止めることであり、リバーデイルの将来はタバサにかかっていると言えるでしょう。

 タバサはパーシヴァルを倒すための存在となれるのか

今回、タバサはクロノキネティックと呼ばれるタイムトラベラーの能力を開花させたものの、この能力についてはまだ未知数です。

現時点でクロノキネティックについて判明していることは、以下の通り。

  • 自らの死を覚悟するような瞬間に過去へと飛ばされる
  • 意図的ではない場合は、”やるべき事”がある時代へと飛ばされる
  • 意図した時代に飛ぶことも可能で、頭に浮かべた時代にも行ける

すでにタバサは高い才能の片鱗を見せており、過去だけではなく、自らの意志で未来へ行って帰ってくるということも成し遂げています。

これは明らかにタバサがアーチーたちよりも精彩を放っていることを証明しています。

今後、タバサが才能を昇華させてより強力になるのはもちろんのこと、タバサだけに守護天使がついていることや、彼女自身の強い正義感はリバーデイルにとって大きな力となるでしょう。

自分だけに守護天使がついていることに対しては、過去の度重なる戦いや来たるべきの戦争のために訓練されていたとタバサは捉えているようでした。

もはや、タバサ自身が天使になりつつあるのかもしれません。

いずれにせよ、タバサがリバーデイルを守るためのキーパーソンとなるのは間違いなく、来たるパーシヴァルとの決戦でも活躍してくれるはず。

不死身のアーチー、悪意を見ることができるベティ、心の声が聞こえるジャグヘッド、パイロキネシスの力を持つシェリル、クロノキネティックの力を持つタバサ、ここまで多種多様な能力を持つ彼らが揃ってしても厳しい戦いとなるのか、来たるパーシヴァルとの戦いに注目です。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はNetflixにてご確認ください。

© Netflix. All Rights Reserved.