ドラマ『集団左遷!!』6話のネタバレと感想。蒲田支店最後の日、片岡(福山雅治)が下した運命の決断とは!? | Dramas Note

ドラマ『集団左遷!!』6話のネタバレと感想。蒲田支店最後の日、片岡(福山雅治)が下した運命の決断とは!?

ドラマ『集団左遷!!』6話。

前回、ノルマ達成まであとわずかな所で、信頼していた顧客・三嶋がまさかの裏切り。

蒲田支店は、崖っぷちに立たされてしまいました。

生き残りをかけた戦いの結末は……?

ドラマ『集団左遷!!』

スポンサーリンク

『集団左遷!!』6話のあらすじ

しっかりとした信頼関係を築いていると思っていた三嶋に裏切られた片岡。悔しさを滲ませながら、国外逃亡しようとしていた三嶋を追って空港へ向かいました。

出国ゲートを通る寸前の所で三嶋を捕まえる事に成功し、20億円の融資詐欺は免れることとなった蒲田支店。しかし、あと5億だったノルマが25億になってしまいます。

三友銀行本部では、廃店に向けて着々と準備を進めていました。大幅な業績アップが見受けられる蒲田支店に肩入れする頭取・藤田でしたが、横山は「三友銀行の未来のため、半期業務目標の100億円に1円でも届かない場合は、廃店を断行する」という態度を崩しません。

今後の対策について会議を開く蒲田支店。「ノルマ達成のために羽田支店に取られた顧客を片っ端から取り返す」という滝川でしたが、「どんなに状況が厳しくても、客のために仕事をするのが、銀行員のプライドだ」と片岡はみんなを鼓舞するのでした。

蒲田支店社員達は一致団結してノルマ達成に向けて、必死に営業へ回ります。残り21日の時点でノルマ達成まで残り14億円となった蒲田支店。

そこへ、ベンチャー企業を立ち上げたいという若者3人が、片岡に融資の相談にやってきました。すぐには返事はできなかったものの、事業プランについてアドバイスを送ってあげます。

そんな中、片岡は本部頭取の藤田に呼び出されました。「みんな頑張っているので廃店決定までもう少し待ってほしい」と頼む片岡でしたが、藤田が呼んだ理由は廃店決定の件ではなく、融資先の西村精機を紹介するということでした。

西村精機の担当に任命された滝川でしたが、亡き夫の会社を守っている妻の幸子と接するうちにあることに気づくのでした……。

スポンサーリンク

『集団左遷!!』6話のネタバレと感想

宿利さんがおかしくなっちゃった!

横山の言いなりとなって、片岡率いる蒲田支店を陥れるために動いていた本部の支店統括部部長・宿利。

稟議書を通さなかったり、羽田支店と組んで蒲田支店の顧客を横取りしたりと、妨害を繰り返していましたが……横山の思うように進めることができず、遂に三下り半を突き付けられてしまいます。

会議に現れた宿利に対して「あなた呼んでませんよ。この会議には。」とバッサリ……。呆然とする宿利。その後の宿利は、完全におかしくなっていました。ブツブツと独り言をくり返し、持ってきた稟議書に印鑑を押しまくっていたのです。

おかげで、蒲田支店から回した稟議も全て通ったのですが、横山から見捨てられてしまった宿利はこの後どうなってしまうのでしょうか?少し心配です。

横山の目的は何?

『集団左遷!!』全話エピソード一覧。廃店、リストラ……そして集団左遷が始まる。
『集団左遷!!』全話ネタバレエピソード。 福山雅治主演、神木隆之介、三上博史、香川照之など豪華...…

廃店に向けて反抗してくる蒲田支店を攻撃する横山でしたが、横山の目的は何なのかイマイチ分かりません。

1、とにかく会社の利益向上のためにリストラをしたい。

2、片岡に恨みがある。

3、裏に黒幕がいて、その人物のために動いている。

どれも可能性はありそうですが、会社だけのために働いているとは思いにくいので「1」はないような気がします。

今回、蒲田支店廃店についての会議で藤田が上手くまとめてくれました。

横山のプライドを傷つけることなく、蒲田支店の社員達のクビを回避したやり方はアッパレでした!

しかし、この件で専務に昇格することになった横山。次にどのような手を打ってくるのか、そして彼の最終目的は何なのか?見守りたいと思います。

蒲田支店の運命が決まる

ノルマ達成に向けて全力で頑張ってきた片岡率いる蒲田支店の社員達。

ノルマ達成に向けて頑張りつつも、お客様第一という信念を曲げる事はありませんでした。

藤田に紹介された顧客を担当した滝川は、コインパーキングの事業計画を進めていかなければならなかったのですが、西村精機の幸子は亡き夫の会社を本当は残したいと思っていると気付きます。

融資の話を進めていけば、蒲田支店は存続決定となる案件だったため、悩む滝川。そんな滝川の姿を見て、片岡は、自分達を守るか、西村精機を助けるかという究極の選択を迫られます。

結局、片岡が出した結論は、西村精機が存続できるよう、ベンチャー企業を立ち上げたいと融資の相談に来ていた若者たちを紹介してあげるという道でした。片岡のことなので、自分の事を優先することはないと予想はしていましたが、その通りになりました。

その一件により、目標まであとわずかな所でしたが、ノルマは未達成。蒲田支店は、約束通り廃店となることが決定します。しかし、藤田の活躍によって社員はクビになることなく他の支店への転勤となり銀行員を続けることができるようになるのでした。

蒲田支店は廃店となっても、社員全員生き残ることができてハッピーエンドな結末。あれ?今回が最終回だったかな?と思うような展開でした。

しかし、本社に移った片岡に「ごめんね」と謝り去っていく梅原。なんだか凄ーく嫌な予感がします。

スポンサーリンク

『集団左遷!!』6話のまとめ

ラストが最終回のような展開となった第6話でしたが、どうやら今回までが”第一章”で、次回から”第二章”となるようです。

廃店へ向けてのストーリーが今回で一区切りつきました。予告では、真山の元へ届いた告発メールによって、巨大銀行の闇が明るみになってくるような?

片岡がどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

1話の視聴率は、13.8%、2話は11.7%、3話の視聴率は10.1%、4話の視聴率は9.2%、5話の視聴率は9.0%

今回6話の視聴率は7.8%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)