【スター・トレック:ピカード】第7話のあらすじ。感動的な再会! ピカードが【新スタートレック】のメンバーと出会う。 | Dramas Note

【スター・トレック:ピカード】第7話のあらすじ。感動的な再会! ピカードが【新スタートレック】のメンバーと出会う。

出典:www.amazon.co.jp

【スター・トレック:ピカード】第7話ネタバレと解説。

ジュラティ博士はオウ准将にある物を見せられてタル・シアーのスパイにされてしまっていた。

一方、ボーグキューブに残されたヒューとエルノアはロミュラン人ナリッサと対峙するのが……。

そしてピカードとソージは惑星ネペンテで温かい歓迎を受けた。

【スター・トレック:ピカード】第7話を解説します。

スポンサーリンク

【スター・トレック:ピカード】第7話のあらすじ。

3週間前の沖縄にあるデイストローム研究所では。

【スター・トレック:ピカード】シーズン1全エピソード一覧。
【スター・トレック:ピカード】全エピソード一覧。【ネメシス/S.T.X】の舞台から20年後となる24世紀を舞台に【スター…

オウ(Oh)准将がジュラティ博士の下を訪ね、ピカードに同行するように言う。

さらにオウ(Oh)准将は、バルカン人の精神融合(カトラ?)を用いて、ジュラティ博士に(マドックス博士が製造した)シンス達が引き起こしたと思われる反乱で都市が崩壊していくビジョンを脳裏に見せた。

悲劇的な未来を見たジュラティ博士にオウ准将は、追跡用にと青く光る宝石のような物を飲み込ませた。

マドックス博士の殺害はオウ准将によって仕組まれていたのだ。

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

ラ・シレナ号はボーグキューブの牽引ビームに捕まり脱出出来なくなっていたが、ラ・シレナ号は突然牽引ビームから突然解放された。

しかし、ラ・シレナ号はナレクの小型宇宙船にしっかり尾行されていた。

一方、ナリッサ達に捕まったヒューとXB(エクスビー、元ボーグ)達。

ヒューはナリッサにピカードが何処へ逃げたのか聞かれたが、ヒューが答えないでいるとXBs達を容赦なく処刑。

その後、ヒューはボーグクィーンの部屋を隠し、ナリッサらのロミュラン人からボーグキューブを守ろうとしたが、ヒューとエルノアの行動はナリッサ達に監視されていた。

エルノアはヒューを守るべくナリッサに立ち向かったが、ナリッサが投げたナイフがヒューの喉に刺さり「(ボーグクィーンの)部屋を起動するには元ボーグが要る、勝ち目のない大義だがおかげで希望に満ちた愚か者に戻れた、少しの間だがありがとう、本当に…。」と、エルノアに言い残してヒューは息を引き取った。

ボーグキューブ内を逃げていたエルノアは、フェンリスSOSと表記されたキーホルダーのボタンを作動させた。

惑星ネペンテでピカードとソージを待っていたのは!?

惑星ネペンテの森の中にボーグキューブから転送されたピカードとソージはとある少女に弓矢を突きつけられて出迎えられた。

ネペンテとは嫌なことなどを忘れさせるギリシア文学、ギリシア神話上の架空のクスリ。

しかしながらピカードは少女の名前を知っていて、ピカードがケストラと少女の名前を呼びかけると、ケストラ/ルル・ウィルソンは弓を降ろした。

ピカードはどうやらケストラの父親と母親を知っているようだった。

ピカードとソージはケストラに先導されて歩いていたが、ピカードが「ソージの父親はデータ少佐だ」とケストラに教えた時、ケストラがソージに「じゃあアンドロイドなんだ」とつい口走ってしまい、最近自分が人工生命体であると知ったソージは傷ついてしまう。

ピカードはソージを宥めたが、ソージは心を閉じた。

そうこうしているうちに、一行は目的地に着く。

ピカード達を出迎えたのはディアナ・トロイ/マリーナ・サーティスだった。

その後、ピカードは家の中にいるウィリアム・ライカー/ジョナサン・フレイクスに会いに行く。

ディアナ・トロイは人の心を読めるベタゾイド星人。

再会を喜ぶピカードとライカー。

しかし、ピカードはすぐライカーにロミュランの宇宙船が使う遮蔽装置の探知と、ライカー達の住居を探査されないように措置する事を命じた。

一方、ソージと話したトロイはピカードにソージの心は閉じていると言う。

ピカード、ライカー、トロイの3人がキッチンで会話している所に、ケストラが野生動物の足を持って入って来た。

ケストラはどうやらライカーとトロイの娘で、ライカー一家はフードレプリケーター使用せずに自給自足の生活をしているようだった。

ピカードはライカーに「好きなだけ居てください」とピカードの来訪を歓迎。

また、ケストラの不意の一言に傷ついたソージだったが、ケストラの部屋で2人でデータ少佐のことなどを会話して行くうちにソージは徐々に癒やされていく。

部屋で話すピカードとトロイ。

トロイはピカードにサド(Thad)は生きていたら本当は18歳だという。

そしてピカードが指摘する15歳の少女ケストラが話す人工言語VIVEEN。

場面は変わって、会話するトロイとソージ、サドはマンダクシック神経硬化症で、シリコンをベースにする珍しい病気で活性ポジトロニック基質で感染培養すれば治る病気だっが、シンス禁止令で活性ポジトロニック基質は手に入らなかった。

(トロイの長男サドは死んで、ケストラは2人目)

その後、ライカーの作った窯焼きピッツァで、一同はキャンドルの光を灯して食卓を囲んで会話する。

そこでは、ピカードはソージを故郷の惑星に送り届けるという人生の目的が出来た、と皆に語った。

それは誰にも止める事は出来ない、と。

更にダージの故郷とはどうやらマドックス博士がシンス禁止令の間、彼が隠れてシンスを製造していた場所らしい事も判明。

「ヴァイト・セクター、グリオン星系、名前はない 番号だけの星」と、他の4人が会話している間にスマホのような物を操作していたケストラが、ソージの故郷を特定した。

ソージはケストラに勇気づけられピカードに付いて行く決意を固める。

翌日、ピカードとソージはライカー達に見送られてネペンテを去った。

ラ・セレナ号内では。

リオスはナレクのスネークヘッド型の宇宙船の尾行を巻く。

しかし、惑星ネペンテが近付くとシンス専門家のはずのジュラティ博士は何故か上陸を嫌がる。

動揺しているジュラティ博士にケーキとアイスココアを出してもてなすラフィ。

だがジュラティ博士は吐いてしまう。

その後、ジュラティ博士はリオスに呼び出される。

リオスは、尾行を巻いても何度も食いつかれるのはラフィがスパイではないかと勘ぐっていたのだ。

ジュラティ博士はずっと船内に居たのでリオスは疑っていなかった。

ところが、リオスとラフィが操縦席に戻った隙きを見て、ジュラティ博士は「できるわよ」と自分に言い聞かせながら副作用のある何かの薬物を注入、口から泡を吹いて倒れ昏睡状態となった

スポンサーリンク

【スター・トレック:ピカード】第7話”ネペンテ”を見た感想。

ライカー大佐とカウンセラートロイ久々の登場(【スタートレック:エンタープライズ】シーズン4第22話(2005)以来)に感激。

特に池の畔でのピカードとライカーの会話のシーンは良かったです。

その一方でヒューは果たして死ぬ必要があったのか?

ヒューの再登場に喜んでいたら、あっさりと死亡退場してしまいこちらはとても残念

惑星ネペンテでは、ピカード達はライカー一家と楽しく窯焼きピッツァ、それに対してラ・シレナ号ではジュラティ博士とラフィがケーキとココアでオウ准将に見せられた何かと格闘。

ジュラティ博士が赤い物を嘔吐した後に、ライカーが作ったトマトのピッツァを映すセンスはどうなのか(笑)(ジュラティ博士が吐くのは3週間前にオウ准将に飲まされた物が原因?)

内容も映像も中世の善政と悪政を描いた絵画のような見事なまでの対比でした。

またしても何かを企む(企まされている)ジュラティ博士。

そしてセブンオブナインの救援を呼ぶエルノア、第8話の予告編でもセブンオブナインが登場していて次回も【スター・トレック:ピカード】を見るのが楽しみ。