【メンタリスト】シーズン1。パトリック・ジェーンが人の心を読んで事件解決に導く! | Dramas Note

【メンタリスト】シーズン1。パトリック・ジェーンが人の心を読んで事件解決に導く!

出典:www.amazon.co.jp

【メンタリスト】シーズン1のあらすじとネタバレ。

全米で高視聴率を維持している本作品は、優れた観察眼で人の心を読む主人公パトリック・ジェーンの活躍を描く犯罪捜査ミステリー。

パトリックと、CBIのテレサ・リズボン捜査官とのやり取りも見どころです。

スポンサーリンク

【メンタリスト】の作品概要

公開年(製作国)

2008年~2015年 アメリカ

監督

クリス・ロング

配給

CBS、スーパードラマTV他

キャスト

サイモン・ベーカー、ロビン・タニ―、ティム・カン、オウェイン・イオマン、アマンダ・リゲッティ他

スポンサーリンク

【メンタリスト】シーズン1のあらすじ。

主人公のパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)は、人の心を読む霊能師としてTVなどで活躍していましたが、凶悪殺人犯のレッド・ジョン(正体不明)をからかったのが原因で、愛する妻と娘が殺害されるという悲しい過去を背負っていました。

ジェーンはレッド・ジョンを探し出して復讐するために、CBI(カリフォルニア州捜査局)のコンサルタントとして捜査に加わります。

CBIでは、女性捜査官テレサ・リズボンの元、部下のチョウ、リグスビー、バンぺルト達と、チームで事件の犯人を捜査していきます。

捜査は、ジェーンの鋭い観察眼と心理操作で進められますが、その行動や質問が突拍子もないことから、リズボン達は終始落ち着いて捜査に集中できませんでした。

しかし、最終的にはこの行動が事件解決に導くことになるのです。

スポンサーリンク

【メンタリスト】メインキャスト

パトリック・ジェーン役/サイモン・ベーカー

【メンタリスト】シーズン2ネタバレ。遂に、謎多き宿敵レッドジョンと接触か?
【メンタリスト】シーズン2あらすじとネタバレ。ショッピングビル殺人事件で容疑者が死亡し、捜査官2名も犠牲になりました。こ…

パトリック・ジェーンは、人の心を読んで操ることを得意とするメンタリスト。

霊能師として活動していましたが、妻と娘を殺害されたことがきっかけで、犯罪コンサルタントとしてCBIの犯罪捜査に加わることになります。

捜査中は観察力や記憶力を駆使して犯人をあぶり出します。

ジェーンは初対面の相手でも、失礼と思える質問をしたり、証拠品を勝手に持ち出したりするのでテレサに注意されることがあります。

捜査関係者との対話の中で、相手のちょっとした変化や表情に敏感に察知して犯人にたどり着きます。

テレサ・リズボン役/ロビン・タニ―

テレサはCBI捜査官で、女性捜査官でありながら危険な現場にも堂々踏み込み、チームをまとめるリーダー的存在です。

恋愛関係には疎く鈍感で男っぽい性格。

また、型破りで突拍子もないジェーンの行動に度々頭を悩ませています。

幼いころ、看護師だった母親が飲酒運転の車にひき逃げで亡くなってから、アルコール依存になた父親の世話をするなど苦労を重ねていました。

スポンサーリンク

【メンタリスト】シーズン1のネタバレと見どころ

ジェーンの心理操作が事件解決のカギ

パトリック・ジェーンは、人のわずかな表情や動作から心理を読むのを得意としています。

シーズン1の第1話のシーンでは、ある娘を殺害した犯人が逮捕され、事件が解決したように思えました。

しかし、ジェーンは、この被害者の家族には何か腑に落ちないことがあると思ったのか、被害者の母親の話から彼女が誰にも打ち明けていないことを言い当ててしまいます。

スキーが好きな振りをしている。

親友がが4、5キロ太ったことを喜んでいる。

冒険していれば良かった思っている。

インドへ興味があるが行ったことはない。

不眠症である。

好きな色は青。

被害者の母親は、以前から夫と娘の様子がおかしく気になっていました。

殺害したのは夫ではないかと疑っていたものの何も言いだせずにいましたが、ジェーンとの対話により疑惑が確信に変わっていったのです。

しばらくすると、夫がジェーンと妻の前に現れます。

ジェーンは初対面の夫に、いきなり「娘を殺したか?」と尋ねました。

夫はもちろん否定していますが、ジェーンは本当に殺害していないなら殴りかかってくるはずだと、夫の行動を読んだのです。

いきなりこのような質問を投げかけられれば、普通は動揺を隠しきれないはず。

それが、ジェーンの心理操作なのでしょう。

泣き崩れた妻がその場を離れて戻って来た時、手には銃がありました。

彼女は夫を殺害。

一瞬のできごとでした。

その後、娘の日記から父親が殺人犯だったということが分かったのです。

ジェーンの捜査方法は、真犯人と思うべき人物は確信できるまで追い詰めるというもの。

ただ、彼の行動は単独行動でもあるので命の危険にさらされる場面も多々あります。

捜査官ではないジェーンは銃を所持できないため、相手を心理トリックで攪乱して逃げ切るなどして身を守るしかないのです。

ジェーンのにこやかな笑顔に癒される

ジェーンは、リグスビーが密かに新米捜査官のバンぺルトが気になっている様子を察知しています。

そのことをリグスビーは、隠していますが、ジェーンは、二人が恋仲になるようにちょっかいをだします。

また、ある捜査中では、幼い子供と接するときは、いつもにこにこ、優しく話しかけます。

カエルの折り紙をリズボンの机に置いて驚かせて、子供のように茶目っけもある場面があます。

緊迫した場面とにこやかな場面があり、とてもメリハリのある作品です。

スポンサーリンク

【メンタリスト】シーズン1の感想

シーズン1話から、パトリック・ジェーンの心理操作で事件解決に繋がる場面が多くでてきます。

リズボン捜査官は、初めジェーンの予想がつかない行動に怒っていましたが、次第に対応していくところがさすが捜査チームリーダーだなという感じです。

また、妻と娘が殺害された事件の第一発見者はジェーンだったようです。

時々、回想シーンで映し出されるジェーンの悲しげな表情は忘れられません。

CBIのコンサルタントになったのは、連続殺人犯レッド・ジョンを探すためでもあるようですが、ジョンは正体不明の人物です。

レッド・ジョンは誰なのか?は、このドラマシリーズの軸となっています。

シーズン1ではレッド・ジョンの模倣犯がでてきて必死に追いかけているシーンでは、ジェーンが普段とは違う雰囲気で緊張しました。

次回シーズン2ではレッド・ジョンの犯行による捜査も始まっていく様子で、これからの展開に目が離せません。