マーベルの「サンダーボルツ(原題:Thunderbolts)」公開日とキャスト一挙発表 | Dramas Note
スポンサーリンク

マーベル「サンダーボルツ(原題:Thunderbolts)」公開日とキャスト一挙発表

Movie
@MarvelStudios

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ氏は、2022年9月10日(日本時間)に開催されたマーベルのD23 Expoパネルで、今後のチームアップ映画に出演する豪華な顔ぶれを発表した。

スポンサーリンク

「サンダーボルツ(原題:Thunderbolts)」キャストと公開日

「サンダーボルツ」のキャストには、イエレナ・ベローバ役のフローレンス・ピュー、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ役のセバスチャン・スタン、レッド・ガーディアン役のデヴィッド・ハーバー、ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ役のジュリア・ルイス=ドレイファス、米国エージェントことジョン・ウォーカー役のワイアット・ラッセル、タスクマスター役のオルガ・キュリレンコとゴースト役のハナ・ジョン=カーメンが出演する。

ルイス=ドレイファス演じる悪役ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌは、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)の最後でU.S.エージェントを勧誘し、ブラックウィドウのポストクレジットシーンでジェレミー・レナー演じるホークアイを殺すミッションでイェレナを使った。

デヴィッド・ハーバー演じるレッド・ガーディアンとオルガ・キュリレンコ演じるタスクマスターは、フローレンス・ピュー演じるファン人気の高いイェレナとともに、「ブラック・ウィドウ」(2021)に登場している。

ジョン=カーメンのゴーストは「アントマンとワスプ」に出演し、セバスチャン・スタン演じるバッキー・バーンズを最後に見たのは「ファルコンとウィンター・ソルジャー」だった。

D23のステージには、「DUNE/デューン2」の撮影に参加しているフローレンス・ピュー以外の全キャストが登場した。

「最も退屈なアベンジとして戻ってこれてよかった 」とワイアット・ラッセルは語り、セバスチャン・スタンは 「聞いてくれ、この人たちは僕のタイプなんだ 」とジョークを飛ばしした。

また、ケヴィン・ファイギ氏はこの映画が2023年早々に撮影を開始することを明らかにした。

「サンダーボルツ」は、2022年7月にサンディエゴで行われたコミコンで、2024年の公開日とともに正式に発表された。

ジェイク・シュライアーが監督を務め、エリック・ピアソンが脚本を担当する予定とのこと。

ピアソンは、「マイティ・ソー バトルロイヤル」(2017)の共同脚本や「ブラック・ウィドウ」の脚本を担当するなど、MCUとの関わりは以前からある。

シュライヤーは、2015年の「ペーパータウン」の監督として知られているが、ハイム、カニエ・ウェスト、ケンドリック・ラマーといったアーティストのミュージックビデオを撮影した経験も豊富だ。

「サンダーボルツ」は2024年7月26日に米公開予定。

この記事はVariety誌のニュースを抜粋(翻訳)してお伝えしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Movie
Dramas Note