【ウォーキング・デッド】シーズン10第19話ネタバレと考察。アーロンとゲイブリエルの違い。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウォーキング・デッド】シーズン10第19話ネタバレと考察。アーロンとゲイブリエルの違い。

「ウォーキング・デッド」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ウォーキング・デッド】シーズン10第19話ネタバレと解説と考察。アーロンとゲイブリエルは地図を片手に物資を探し回ったがどこにも見つからない。半ば諦めムードが漂う中、ある建物を見つけて入ってみた。するとそこには……。

© 2010-2021 AMC Network Entertainment LLC.
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年3月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

 

「ウォーキング・デッド」を検索
スポンサーリンク

【ウォーキング・デッド】シーズン10第19話あらすじ

アーロンとゲイブリエルは、地図に従って物資を探していた。

しかし、地図に示された場所にはウォーカーばかりで途中、列をなして止まっている車の中も探すが4日間過ぎても何も見つからない。

アーロンは諦めようと言うが、ゲイブリエルは「給水塔が目印だ」と言い歩き続ける。

しかし、途中で泥の中からウォーカーが現れ地図は泥だらけになり使い物にならなくなった。

ゲイブリエルは先に進むのを諦めるしかなくなった。

そんな中、2人はある建物を見つけて入ってみる。

中にはウォーカーもいない。

二手に分かれて物資を探していると、ゲイブリエルはレア物のウイスキーを見つけた。

するとそこでアーロンの悲鳴が……。

なんと、アーロンが物音のするドアを開けてみると、そこにはイノシシが居たのだ。

【ウォーキング・デッド】シーズン10第19話ネタバレと解説

© 2010-2021 AMC Network Entertainment LLC.

アーロンとゲイブリエルは、レア物のウイスキーとイノシシに舌鼓を打ち夕飯を楽しんだ。

ゲイブリエル曰く、香りを嗅いだ時と喉を通っていくときに味が変わる貴重なウイスキーだと言う。

彼は神学校時代、別の聖職者からウイスキーを教わったと話した。

久々の食べ物とウイスキーに2人の気が緩む。

しかし、朝になり目覚めたゲイブリエルは アーロンが夜中にトイレに行ったまま戻ってきていないことに気づく。

実は、そこには男が1人住んでいたのだ。

男は、2人の話をずっと聞いていて、トイレにいった隙を狙ってアーロンの義手を奪い拘束していた。

彼は、アーロンとゲイブリエルに散弾銃を向け、自分か相手に銃口を向けるよう指示し拳銃に実弾を1発だけ装填したロシアンルーレットをやらせた。

アーロンもゲイブリエルも、お互い自分の頭に銃口を突きつけて引き金を引いた。

ゲイブリエルは2度引き金を引きクリアしたが、アーロンが2度目に引き金を引いた時、銃弾が装填された音がする。

アーロンが涙目になりながら引き金を引こうとした時、男がストップを掛けた。

男はアーロンの拘束を解き、自分の名を名乗った。

「メイズ、俺の名だ」

メイズは兄に裏切られ「対処」したと語っていた。

その直後、ゲイブリエルは床に落ちていたアーロンの義手を拾いメイズを殴って殺してしまう。

2人は、メイズが自分たちの話を聞いていたことから隠れ部屋があると推測し探してみた。

実は2階に隠し部屋があり、そこにはメイズの兄であろう男が1人手錠を掛けられて拘束されており、近くには男の妻子と見られる白骨死体が並んでいた。

ゲイブリエルは男の手錠を外して助けようとしたが、男はゲイブリエルの拳銃を奪って自殺してしまった。

2人は、メイズの持ち物と手に入れた物資を持って出る。

その先には、目指していた最後の場所の目印である給水塔が見えた。

2人は給水塔を目指して歩いていく……。

【ウォーキング・デッド】シーズン10第19話考察と感想

メイズの「対処した」は2人には「始末した=殺した」と考えたのだろうが、メイズはただ単に兄を拘束していただけだった。

メイズと兄であろう写真から推測するに、兄弟仲はとてもよさそうだった。

兄は妻子のために弟を裏切ったようだが、それでもメイズは兄を殺すことは出来なかったのだろう。

また、メイズがアーロンとゲイブリエルにロシアンルーレットをやらせたのは、2人の絆を試したと考えられる。

兄弟に裏切られたことで信じられなくなっていたのだ。

銃口をどちらに向けて引き金を引くかを確かめたかったのだろう。

だから、銃弾が装填されたのが分かった時点でもアーロンが自分が犠牲になろうとしているのを見て信頼できると考えたのかもしれない。

今回はアーロンとゲイブリエルの回だったが、人を殺すことに躊躇するアーロンに対しゲイブリエルは聖職者だったとは思えないほど冷酷さが増しているような気がする。

メイズを殺した理由も「家族を殺したやつは信用できない」ということだったが、実際にメイズは兄を殺してはいない。

それが分かった後でも、ゲイブリエルは自分を責めることもしなかった。

かつてのゲイブリエルは、信者が助けを求めて教会にやってきた時、ドアを開けることはなく自分の身だけを守った。

今の彼は、まさしくそんな男だと言えるだろう。

アーロンは子供に会いたいと言ったが、ゲイブリエルの口からは一言も出ていない。

もはや、この世界に何にも望んでいない、ただ生きるだけだと考えているのか。