ホラー | Dramas Note

ホラー

DC

【サンドマン】総キャスト情報。「スパイダーマン」にも登場したDCコミックスの人気作が8月〜配信開始!

【サンドマン】は、ニール・ゲイマン著書のDCコミックス「サンドマン」を実写ドラマ化した作品です。コミックス同様にタイトルキャラクターの"サンドマン"ことドリームの物語が描かれています。ドリーム役をトム・スターリッジ、彼の家族"エンドレス"をグェンドリン・クリスティーやボイド・ホルブルックらが務めます。
キャスト

【バイオハザード】あらすじと総キャスト情報。大人気シリーズ「バイオハザード」のオリジナルストーリーを描く!

【バイオハザード】は、カプコンが誇る大ヒットサバイバルホラーゲームシリーズ「バイオハザード」を原作とする実写化TVシリーズ。本作は新たなオリジナルストーリーとなっており、"現代"と"約16年後"の2つの時間軸で描かれています。とはいえ、ゲームシリーズとは全く無関係なのではなく、あくまでゲームシリーズがドラマのバックストーリーとなっています。
海外ドラマ

【ウォーキング・デッド】シーズン11第16話ネタバレ感想。外部と内部からコモンウェルスを崩す計画が進行!

【ウォーキング・デッド】シーズン11第16話ネタバレと感想。ホーンズビーがリアに仕事として依頼したのは、リアに家族の仇が取れるとうまいことを言い、”浄化”と称して仕事の障害となるマギーを始末することだった。一方で、コモンウェルスでは、ユージーンが中心となり内部から変化を起こそうと計画する。
海外ドラマ

【ウォーキング・デッド】シーズン11第15話ネタバレ感想。水面下で善と悪が衝突する

【ウォーキング・デッド】シーズン11第15話ネタバレと感想。ホーンズビーはカーソンや兵士たちが全滅したのにもかかわらず、ゲイブリエルとアーロンだけが生き残っていることを不審に思う。その一方で、ロジータはユージーンと共に、記者のコニーを通じてにセバスチャンの悪行を伝えようと考えた。そんな中、ホーンズビーは、犯人を捜すためヒルトップに向かい……。
アクション

【ウォーキング・デッド】シーズン11第14話ネタバレ感想。再びリア登場、復讐への準備か?

【ウォーキング・デッド】シーズン11第14話「ザ・ロットン・コア」ネタバレ感想。宗教的グループの救出に向かったマギーたちは、ここで思いもよらぬ人物と再会した。さらに、車に隠れていたハーシェルが兵士に見つかり……。一方で、ダリルとロジータはセバスチャンから、”子供を人質”にあることを命じられる。
海外ドラマ

【ウォーキング・デッド】シーズン11第13話ネタバレ感想。ニーガンは信じられる仲間を見つけたのか?

【ウォーキング・デッド】シーズン11第13話ネタバレ感想。今回はダリルの出演は無し、その代わりではないがニーガンが新しく出会ったと思われる仲間と再登場した。影ながらマギーたちを助けようとするニーガンの姿からは、”仲間”を思う気持ちが垣間見えた。
海外ドラマ

【アーカイブ81】キャスト情報と解説。テープを通して過去と接触した彼が見たものは⁉︎

【アーカイブ81】は、Dead Singlesの同名ポッドキャストを原作とするSFホラー映画です。現代でテープの修復を行うアーキビストの男性と、1994年に曰く付きのアパートでドキュメンタリー映画の撮影を行う女子大学院生の物語が交錯していきます。テープの修復を機に接触を図れるようになった2人の運命はいかに……⁉︎
海外ドラマ

【ウォーキング・デッド】シーズン11第12話ネタバレ感想。コモンウェルスとの同盟の行方、13話は”友好ではない彼ら”と戦いの予感!?

【ウォーキング・デッド】シーズン11第12話ネタバレ感想。コモンウェルスが同盟を結ぶためパメラを筆頭に3つの共同体を訪れる。アレクサンドリアでは前向きだったが、オーシャンサイドはマギーに寄り添った返事となった。果たしてマギーはコモンウェルスと同盟を結ぶのか?
海外ドラマ

【ウォーキング・デッド】シーズン11第11話ネタバレ。偽物のステファニーと本物のステファニー。

【ウォーキング・デッド】シーズン11第11話ネタバレ感想。ある日突然、ユージーンの前から愛を交わしたステファニーが姿を消した。ユージーンは彼女の行方を調べある男に行きついた。一方で、キャロルはホーンズビーからある男を審査してほしいと頼まれ……。
Movie

【エイリアン】新作を製作。監督は「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレス、リドリー・スコットがプロデュース。

【エイリアン】の新作が「ドント・ブリーズ」の監督フェデ・アルバレスにより20世紀スタジオで製作中。アルバレスは監督及び脚本も担当しているとのことで、1979年公開の映画【エイリアン】で監督を務めたリドリー・スコットがプロデュースするとのこと。