『ウェントワース女子刑務所』シーズン6がHuluにて独占配信!新たなメインキャラや未解決事件のその後は!? | Dramas Note

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6がHuluにて独占配信!新たなメインキャラや未解決事件のその後は!?

オーストラリア発、不動の大人気ドラマとなった『ウェントワース女子刑務所』。最新シーズン(シーズン6)が、2019年2月19日よりHuluにて独占配信がスタートします。今回は、配信前に、これまでのチェックポイントと今後の見どころ予想をお伝えします。

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン1から5まで押さえておきたいポイント

トップ・ドック

刑務所内では、囚人たちを仕切る”トップ・ドック”と呼ばれるボスにより統率されています。

いつトップの座を奪われるか分からない弱肉強食の中で、自分の身を守りつつ囚人たちもまとめていく女ボス。

誰がトップ・ドックになるかで、囚人たちのルールも変わっていきます。

☑非常ボタンは決して押してはならない

☑ドラックの密輸はルールを守ればOK

☑ルールを破った者には制裁を加える

☑トップ・ドックの座を争うときは一対一のタイマン勝負

☑暴力での制圧はしない

などなど。

『ウェントワース女子刑務所』全シーズンネタバレ一覧。
舞台は”女子刑務所”。ウェントワース女子刑務所で繰り広げられる女と女の壮絶な闘い。2013年にオーストラリアで始まったこ…

トップ・ドックが看守長との交渉権もあり、看守長もトップ・ドックと足並み揃えて囚人たちを統率していきましょう、という風潮になっていますが、裏切りも多発します。

これまで君臨したトップ・ドック達

ジャックス・ホルト:ビーが収監されたときに最強ボスとして君臨していました。シーズン1でビーにより殺害されました。

フランキー・ドイル:ジャックスが生きていた頃から新派閥のリーダーでした。ジャックス亡きあと、トップ・ドックの座を確立。自分はドラックはやりませんが、密輸売買で刑務所内にいながら金儲けしていました。

ビー・スミス:シーズン1からの主役。フランキーのやり方に反発し、一対一で対決し勝利。

フランキーに変わりトップ・ドックとなりますが、ファーガソンを命と引き換えに陥れます。シーズン4で死亡。

カレン・プロクター(カズ):ビー亡きあとにトップ・ドックに。非暴力宣言派なため、反発する囚人も。

スポンサーリンク

曲者ぞろいの看守達

ほとんどの看守が、悪事を働いています。

お金さえ貰えれば、囚人の言いなりになったり、麻薬密輸の手助けをしたり、唯一の正統派!?ウィルも、シーズン5の最後でファーガソンを生き埋めにしていまいました。

シーズンが進むごとに看守たちも悪くなっていった印象がありますが、シーズン6では看守たちの動向にも注目したいと思います。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6のキャストは?

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6では、ほとんどのキャラクターが続投するようです。

続投すると思われるキャラクターは、

ヴェラ、ジェイク、ウィル、カズ、フランキー、リズ、ブーマー、ソニア、アリー、ルーシー、ブリジット

シーズン6で新たに加わるキャラクターは

リタ、ルビー、マリーという3人の囚人です。

スポンサーリンク

シーズン5で、未解決だった事件はどうなる?

ファーガソン

脱出計画を知った看守の策略により、ファーガソンはトドメをさされることとなりましたが、生死についてはまだ不明です。

箱に入れられ人里離れた場所に生き埋めにされた訳ですから、普通に考えたら助かることは非常に難しい状況です。しかし、ドラマなので何が起こるか分かりません。

ビーの亡きあと、ファーガソンが起こすサイコチックな事件はストーリーの中でもひとつの見どころでもありましたが、ビーもファーガソンもいなくなったとすると、シーズン6でのメインとなるキャラクターは誰になるのでしょうか?

新しく加わるキャラクターがカギを握ってくる可能性も感じます。

フランキー

脱獄に成功したフランキーですが、警察の目を気にしながらの犯人捜しは前途多難な予感がします。

ファーガソンによって真犯人は殺害されてしまいましたが、とりあえず犯人は判明しているので、フランキーが証拠を見つけることができるかどうかです。

もし、無実を証明する前に逮捕されたとしたら、刑務所に戻ってきて、フランキーファンにとっては嬉しい流れとなりますが、このまま無実を証明することに成功したとしたら、フランキーもこのドラマ卒業ということになると思われます。

カズ

引き続き”トップ・ドック”として君臨するであろうカズですが、いまいちインパクトに欠けるキャラクターです。

暴力三昧だったかと思えば、非暴力宣言をしたりと、ブレブレ感が気になります。

シーズン6では、カズを越えるボスキャラが出てくるのか注目したいです。

ソニアとリズ

フランキーの脱獄計画やらファーガソンの事やらで、そちらに注目していた時に、いきなりソニアに毒を盛って殺害しようとしたリズに驚きました。

ソニアは重体で病院へ運ばれましたが、シーズン6で引き続き登場するという事が分かっているので、どうやら命は取り留めるようです。

普通のおばちゃんマダムのような顔をしたソニアですが、友人と夫を殺害したことはシーズン5で判明しています。恐ろしい裏の顔を持ったソニアがどう反撃に出るのか。リズ大ピンチです!

ヴェラとジェイク

なんだかんだと幸薄いヴェラ。ジェイクからも騙されていたと知って大ショック。

しかし、ジェイクは始まりは違っていたけれど、ヴェラの事を本当に好きになってしまっています。

どちらも退職せずに看守として続投するようなので、二人の関係も複雑です。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6の見どころ

強烈キャラがいなくなってしまったので、シーズン6では、誰が求心力としてストーリーを引っ張っていくかという所がひとつのポイントです。

死亡したキャラクターは戻らない可能性はほぼ100%ですが、そうでないキャラクター、例えばマキシンなどは、戻ってきてほしい人の1人ですね。

タイトルとURLをコピーしました