【イエロージャケッツ】シーズン1全あらすじと考察。あの時、彼女たちに何があったのか? | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【イエロージャケッツ】シーズン1全あらすじと考察。あの時、彼女たちに何があったのか?

海外ドラマ
© Showtime Networks Inc. All Rights Reserved

Writer:Ojikan

解説

【イエロージャケッツ】はアメリカの主要ケーブルテレビ局であるSHOWTIME®オリジナル作品。配信開始まもなくシーズン2への更新が発表されるなど大注目を集めるサバイバルサスペンスドラマで、25年前と現代が交差しながら物語が展開されていきます。25年前、大会に向かう途中で飛行機墜落事故に遭い、サバイバル生活を余儀なくされた彼女たち。19ヶ月もの間、彼女たちはどうやって生き延びたのか?なぜ彼女たちは当時のことに口をつぐんでいるのか?

© Showtime Networks Inc. All Rights Reserved
「イエロージャケッツ」オフィシャルサイト
配信:[U-NEXT]

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【イエロージャケッツ】第1話

あらすじ

本作は、とある高校の女子サッカー部”イエロージャケッツ”を取り巻く物語が、1996年の過去と現代を交錯しながら展開されていきます。

1996年

1996年、アメリカ・ニュージャージー州にある高校の女子サッカー部”イエロージャケッツ”は州大会を突破し、全国大会への切符を手に入れます。

一行はチームメイトの父が手配したプライベートジェットで、全国大会の行われるシアトルへと向かいました。

しかし、その途中のカナダの上空で飛行機は深い森へと墜落し、彼女たちは19カ月間ものサバイバル生活を余儀なく送ることになります。

現代

イエロージャケッツの飛行機墜落事故から25年の月日が経った2021年。

未だイエロージャケッツの墜落事故については詳細が明らかになっておらず、人々は関心を寄せていました。

ところが、生き残ったイエロージャケッツのチームメイトは誰1人として、遭難時のことについては口を開こうとしませんでした。

冒頭の少女は誰?

1話冒頭で、白いワンピースの少女が裸足で雪道を駆け抜ける姿が映っていました。

彼女は何かに怯えた様子で逃げ回っており、罠がある落とし穴にはまって死亡してしまいます。

少女の顔は明かされていませんが、少女の特徴は以下の通りです。

  • 黒髪のロングヘア
  • 高身長
  • ジャッキーのハートのネックレスを着けている

彼女がイエロージャケッツのチームメイトだとするならば、上記の特徴と一致するのはジャッキーマリロッティとなります。

現時点ではそれ以上特定する情報はなく、今後注目していきたいポイントの1つです。

ラストの仮面を被った集団は何者なのか

ラストでは、動物の毛皮などで作ったと思われる面を被った8名が焚き火を囲って集まり、人間と思しきものを食す様子が見られました。

中央に座る者の合図で他の者たちが食事を始めていることからも、中央に座る人物が最も権力を持っていることがわかります。

その人物は1人だけツノをつけてベールのようなもので完全に顔を覆っており、その異彩さからも格式の高さが窺えるでしょう。

8名の内の1人は、ミスティであることは判明しましたが、他の人物はまだ面を外していないため誰だかはわかりません。

ミスティがいることからも恐らく食事をしていた場所は飛行機が墜落した森であり、他の7名もイエロージャケッツのチームメイトである可能性が高いです。

しかし、飛行機が墜落したのはまだ雪は降らない暖かい時期であり、それまでの間に何かが起きてメンバーが変わっている可能性がないとも言い切れません。

 【イエロージャケッツ】第2話

あらすじ

1996年

墜落により、飛行機の主翼の下敷きになったスコットコーチは右足を失ってしまいます。

奇跡的にもショーナを始めとするレギュラーメンバーのほとんどは無傷でしたが、命を落としたメンバーもいました。

また、怪我を負ったチームメイトも赤十字の訓練を受けていたミスティの適切な処置により大事には至らずに済みました。

とはいえ、飛行機が大破するほどの墜落事故であり、何人かのチームメイトを含むパイロットやトラヴィスの父など数名が命を落としています。

彼女たちは救助が来ると信じていましたが、実はミスティが密かにフライトレコーダーを破壊しその望みを絶ち切っていました。

現代

ショーナはジャッキーの彼だったジェフとの間に娘を授かり、結婚生活を送っていましたが夫婦関係は冷えきっており、次第にジェフの不倫を疑い始めます。

タイッサはシモーヌという妻と息子サミーと暮らしており、現在は上院議員の選挙活動に勤しんでいるため家のことまでは気が回らずにいました。

そんな中、サミーに奇妙な行動が目立つようになります。

ある時、タイッサはサミーの部屋の窓に絵がびっしりと張り付けてあるのを見つけ、サミーに聞いてみました。

するとサミーは、“木にいる女の人”に見られたくないからだと説明したのです。

ナタリーはリハビリ施設を退所して地元に戻り、真っ先に介護施設で働くミスティの元を訪れます。

彼女を訪ねた理由は、”ここにいなくて残念”と書かれた墜落事故現場の森の写真のポストカードが送られてきたためでした。

宛名面には墜落事故現場の森に書かれていた謎のマークが記されていたのです。

ナタリーはミスティを犯人だと疑いましたが、ミスティの元にも同じポストカードが届いており、彼女は市民で立ち上げた私立探偵で送り主の調査を独自に行なっていました。

その際にミスティはトラヴィスの情報も得ており、ナタリーはミスティと共にトラヴィスの元へと向かいます。

ショーナは何故ウサギを嫌うのか

第1話で記者がショーナの家を訪れたシーンにて、キッチンの窓際に幾つものウサギの置物が並べられているのが確認できます。

一見するとショーナは単にウサギ好きに見えますが、ショーナは庭を荒らすウサギのことを心底嫌っており、自ら捕まえて捌きディナーにウサギ料理を出したほど。

その捌き方はとても冷静でした。

© Showtime Networks Inc. All Rights Reserved

しかし、そこで気になるのが何故ショーナはそんなにもウサギを嫌うのか。

確かにガーデニングを荒らされるのは腹立たしい行為かもしれませんが、ウサギからガーデニングを守る方法はあるはずです。

それにもかかわらず、庭を荒らしにきたウサギを捕まえて食べるとは敢えてうさぎを寄り付かせる罠のようであり、まさに捕食動物が行う手段のようでした。

もしかしたらショーナは、ウサギに対して強い恨みを抱いているのかもしれません。