【2gether】あらすじ全話・アドリブ・秘話・ネタバレ感想|最終回まで | ページ 2 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2gether】あらすじ全話・アドリブ・秘話・ネタバレ感想|最終回まで

続編【Still 2gether】について

この投稿をInstagramで見る

LINE TV(@linetvth)がシェアした投稿

*動画によるネタバレ&キスシーン注意!

Still 2gether】は、1年後の世界を描いた全5話の続編となっています。

タインとサラワットの関係性の変化はもちろんのこと、他キャラクターたちの成長にも注目。

U-NEXTや楽天TVなどで視聴可能です。

映画の情報

【2gether THE MOVIE】は、2021年06月04日より全国で上映開始。

映画では、ドラマの見どころを凝縮しつつ、ファン必見の撮りおろしシーンが追加されています。

さらに、ドラマでは語られなかったタインとサラワットの心情を、ボイスオーバーとして聞くことができるというファンにとっては嬉しすぎる試みも追加されているとのこと。

視聴の際には、公式サイトからの注意点がありますのでご留意ください。

タイをはじめ世界各国で本作を楽しみにしているファンの皆様のために、お願いがあります。

鑑賞後の感想をSNS等で発信して頂くことは非常に有難いのですが、その際
・新たに撮影されたシーンおよび結末について、ディテールに言及することはご遠慮ください。
・ドラマから「使われていない」シーンについて、あえて言及することはご遠慮ください。

引用:【2gether THE MOVIE】公式サイト

秘話/アドリブ/舞台裏

ケミの良さは信頼関係から来ている!?

ブライトとウィンのケミが良いのはそれもそのはず。

2人はオーディションで選ばれたのではなく、別の方法(直接オファー)で選ばれているのです。

先に出演が決まっていたのは、サラワット役のブライト。

後から決まったウィンは、ブライトとの相性や雰囲気が合っているかどうかを顔合わせで確認した後に選ばれています。

いわば直接オファーというわけです。

そんな2人の人気はアジア各地に広がっており、インスタのフォロワー数もみるみるうちに増加。

今やブライトのフォロワー数は790万人を超え、タイ本国でも“フォロワー数ランキング”トップ5入りしています。(2021年8月現在)

2人の人気はほかの数字にも表れていて、2020年に開催されたファンミーティングのLIVE配信では、リアル視聴者数11億人超えという数字を記録したほど。

どれほど凄いかというと、過去に10億人を超えたのは ごく一部の韓国アイドルだけで、それ以外のアーティストでは「彼らが初」という快挙です。

2人がこれほどまでに人気を得たのは、彼らのケミによるところが大きいのは言うまでもありません。

しかしそのケミは、ブライトとウィンの揺るぎない信頼関係があってこそ。

あるインタビューで、ウィンは「誰に対しても誠実なブライトさんを尊敬しています」と発言しています。

またブライトも「いつも一生懸命でどんなことでも挑戦するウィンを心から尊敬しています」とウィンへの信頼と尊敬を語りました。

秘話/舞台裏

・出演が決まった当初はお互いの配役が逆でしたが、ブライトのほうから「サラワット役」をやりたいと打診。

・チアリーディングをやるのが初めてだったウィンは、練習の合間に「無理w僕には向いていない」と冗談まじりに弱音をこぼすことも。

・5話のキスシーンは1発撮り。

・ウィンは5話のキスシーンのあと、スタッフに「キスされてどう?」と聞かれて「超幸せ」と返答。

・ウィンいわく、ブライトが照れているシーンは本当に照れている!?(特に目と目を合わせるシーン)

・ブライトは「ロマンス営業はしない」と宣言。それは言い換えれば、2人の仲睦まじい姿は素の状態だということに!

・ブライトはトイレにこもるのが好きで、その理由は周りの視線を気にせずに自分の世界に入れるから。撮影中にトイレにこもって姿が見当たらないこともあったとか。

・キャストたちによる最終話の鑑賞会にて、ブライトは「マンの役どころや、彼のシーンが可愛くて好き」と発言。

・同じく鑑賞会の際に、タイプ役のトップタップは自分が出てくるたびに照れていた。

・エンディング曲のMV撮影は、ブライトとウィンが2人で空気を作ったとのこと。

アドリブ

・2人ともセリフを覚えるのが得意ではないため、自然とアドリブが多くなったそう。

・9話の「落ちるまでキスするぞ」(タイン)はアドリブ。

・9話の1回目の「結婚しよう」というセリフもアドリブ。

↑このアドリブに関しては、監督のアイデアでブライトだけが知っていました。ウィンには伝えていなかったため、彼の反応は用意されたものではなく自然に出た表情。

・10話で一緒に暮らし始めたシーンは、大筋の設定だけは決まっていましたが、細かい動きは本人たちのアドリブだそうです。

監督談

・出演キャストのほとんどが登場人物に近い性格。その中でも一番役に近いのがグリーン役のガンだそう。

・監督から見たブライトの魅力は“目”。「サラワットという役を、目の演技で完璧に表現してくれた」と絶賛しています。

・監督から見たウィンの良いところは、一生懸命で努力家なところ。

次の共演作【花より男子】をチェック!

本作で圧倒的なケミを見せてくれたブライトとウィン。

2人は【花より男子】のリメイク版に出演することが決定しており、撮影も始まっているようです。

【花より男子】の原作は神尾葉子による同名漫画で、日本国内でも高い人気と知名度を誇っています。

台湾や韓国、ベトナム、中国でもリメイクされました。

タイ版のタイトルは【F4 Thailand: Boys over flowers】。

ブライトが演じるのは道明寺司、ウィンは西門総二郎にあたる人物を演じるとのことです。