『3年A組-今から皆さんは、人質です』3話あらすじと感想。内通者も警察にも共犯者!? | Dramas Note

『3年A組-今から皆さんは、人質です』3話あらすじと感想。内通者も警察にも共犯者!?

3話目にして警察側と直接対決となった柊一颯。また、動画を撮影した犯人も明らかになりました。

ところが、動画を撮ったのは確かであるものの、”加工”をしたのはまた別の人物とのこと。

一体、何人関わっているのか……。

今回は『3年A組-今から皆さんは、人質です』3話の解説と考察をお伝えします。

スポンサーリンク

『3年A組-今から皆さんは、人質です』3話あらすじ

警視庁理事官の五十嵐は、柊一颯からの要望である”おにぎり30個”を届ける役割を自らが担いました。

丸腰で行内に入ってくと、背後は柊一颯の気配が……。

五十嵐が「お前が柊一颯か」と話し出すと、柊は銃口を五十嵐に向けながら「盗聴器をつけてますね」と近寄ってきます。

すると直後「やめろ、やめろおおおおお!」という五十嵐の声とともに、音声は途絶えて郡司は五十嵐の身を案じました。

ところがナント!

五十嵐の言葉は芝居で、彼は柊の共犯者であることが判明します。

柊が五十嵐に向けていた拳銃も水鉄砲。

楽しそうに会話し、五十嵐は柊に頼まれていた拳銃を渡すと、無傷だと疑われるから1発殴るよう、柊に指示しました。

その翌日。

景山澪奈の動画をSNSにアップしたのは宇佐美であることはわかりましたが、次に動画を撮影したのは誰かという問題になりました。

ところが、今回は生徒に犯人を捜させるのではなく、柊はその問題を警察側で答えるよういうのです。

「答を間違えれば5人の生徒が亡くなる」という柊の発言に、郡司は部下の宮崎とともに捜査を行いました。

しかしその最中、3年A組の内通者と思われる人物が、今の状況をSNSに公開しているのを発見。

郡司は、その生徒に連絡を取り協力を求めると、相手からOKの返事が……。

スポンサーリンク

3話の見どころ

内通者と五十嵐は柊の共犯者だった

今回は、SNSに状況をアップしていた内通者と、警視庁理事官の五十嵐も柊に手を貸していることがわかりました。

しかも五十嵐は、本物の拳銃まで柊に渡しています。

銃弾が込められているかどうかは不明ですが、生徒たちを脅す武器としては最強ですね。

柊の目的を果たすためとはいえ、彼はなぜ柊に協力しているのか、二人の間にはどんな関係があるのかが気になるところです。

ただ、柊は授業のなかで”教師から刑事になった人物”の話をしていました。

この人物は、郡司であることは確か。

教員時代、ひとりの生徒が集団暴行され死亡したことをきっかけに刑事になったという郡司。

柊はその話を、五十嵐から聞いたのか、もしかしたら集団暴行で亡くなった高校生と柊に関係があるのかも。

また、クラス内にいる内通者は一体誰なのか。

雰囲気や着ている物から推測するに、逢沢もしくは真壁ではないかと……。

ただ、真壁だとすれば少し腑に落ちないところもないわけではありません。

全国大会の前には何を食べたかを聞かれた熊沢は、「大会前は食べるものが決まっているから、 それなら分かるわ」と答えていたので、彼女は内通者から「熊沢と真壁は全国大会前に何を食べた?」と聞かれたのではないでしょうか。

真壁が熊沢に聞いたのであれば、このような返答にはならないはずです。

他にも共犯者はいるのか?

『3年A組-今から皆さんは、人質です』全話エピソード。
2019年1月7日に初回10分拡大で放送が始まった、菅田将輝主演のドラマ『3年A組-今から皆さんは、...…

生徒(内通者)と五十嵐は共犯。

では他にもまだ、内通者はいるのかということです。

気になっているのは文香の父・相楽孝彦の存在で、彼はもしかしたら郡司の聞き込みで嘘を話していたのでは?と。

また3話ラストで、SNSらしきものを見ていた様子も気になります。

柊のことを気にしている様子で、それを娘には知られたくないという感じでしたし。

事件発覚後も、現場を訪れていたということもあり、後から思えば不自然な点もチラホラと。

共犯者が、内通者、警察、外部にいるとすれば、いろいろな動きがわかるので、校舎内にいる柊にもかなりの情報源となるはず。

校長かな?とも考えましたが、彼の場合はできるだけ穏便にという性格っぽいので、ここはやはり相楽孝彦

動画を”加工”した犯人は他にいる

今回、動画を撮影したのは里見海斗であたことがわかりました。

しかし、里見が言うには加工したのも、DVDにして宇佐美のカバンに入れたのも自分ではないとのこと。

ということは、動画を加工してDVDを作り、宇佐美のカバンに入れた人物は他にいるということです。

ただ、ここで言えるのは加工した人物は宇佐美が自分から離れた景山澪奈を憎んでいたことや、里見が景山澪奈に振られて恨んでいたことを知っている人物ということになります。

かなり身近な人物である可能性が高いですね。

里見に声を掛けたのは誰?

里見は、景山澪奈に振られた後、誰かに声を掛けられていましたね。

景山が憎いんだろ?

奴の動画を撮って来い。

盗撮でも何でもいい。

後はこっちで上手くやってやる。

引用元:『3年A組-今から皆さんは、人質です』3話

声を掛けてきた人物も、同じ制服を着ていたので魁皇高校の生徒であることは間違いありません。

ただ、その男子生徒がA組なのかどうかは不明です。

しかしながら、そこに犯人がいるという前提で柊はこの事件を起こしていると思うので、加工した人物もまたA組の誰かということになるのではないでしょうか。

殺害されたはずの生徒が生きていた!

1話で殺害された生徒1名どころか、警察が答えを間違えたとして殺害されたはずの5名全員が生存していました。

ただ、教室にいる生徒たちからすれば彼らは瓦礫の下敷きになっているように見えるので、完全に亡くなったと思っています。

さすがは美術の先生だけあって、そういったアイテムをリアルに作りこんでいたようです。

じゃあ、殺害されたと思われている生徒たちはどこにいるのか?

美術準備室の下の階?に用意していた隠し部屋にいました。

これで柊の本当の目的が、なんとなく見えてきますよね。

スポンサーリンク

『3年A組-今から皆さんは、人質です』3話を観た感想と視聴率

今回は、驚きの展開ばかりで濃厚な回でした。

次回は、加工した人物の追求なのか、それとも柊が事件を起こしたきっかけに触れるのか……。

ますます面白くなってきましたね。

視聴率は11.0%(関東地区:ビデオリサーチ調べ)と右肩上がりで、ダウンする様子は見られませんね。

教室では、クラスメイトがどんどん減っていくことでパニックになっています。

最後に取り残されるほど、パニック状態も加速しそうです。