【ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ】シーズン4。遂に帰国命令!? 娘との信頼関係の修復はどうなる!? | Dramas Note
スパイ 海外ドラマ

【ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ】シーズン4。遂に帰国命令!? 娘との信頼関係の修復はどうなる!?

ジ・アメリカンズ極秘潜入スパイ出典:www.amazon.co.jp

シーズン3では、偽装夫婦を装うスパイの存在の秘密が綻び始め、更にスパイ夫婦の娘ペイジにKGB本部から第2世代スパイになるよう指令がきました。

シーズン4は、ついに両親がソ連のスパイである事を知ってしまったペイジと、その正体を告げられた教会牧師との駆け引きが描かれます。


今回も、娘と牧師に正体を知られてしまったフィリップとエリザベスの苦悩と闘いが始まるのです。

スポンサーリンク

【ジ・アメリカンズ】シーズン4あらすじ

スパイの正体を知った牧師

シーズン4ラストでペイジは、両親がソ連スパイであることを告げられ悩んだあげく、信頼していた教会のティム牧師に両親の秘密を話してしまいました。

ペイジを見て何か様子がおかしいと怪しんだエリザベスは、教会に盗聴器を仕掛けて秘密を牧師に話したことを突き止めます。

もし牧師が2人の秘密を外に漏らしたら、スパイは間違いなく刑務所送りになるでしょう。

何としてもそれは避けなければならないと、エリザベスは牧師を殺す決意しました。

しかし、フィリップは反対。

娘が最も信頼し、危険な秘密をも打ち明けた人を殺してしまったら、彼女は絶対我々を許さないだろうし真っ先に我々を疑うはず。

そこで2人は牧師に会いに行き、娘の為にも秘密を守ってほしいと必死に訴えます。

ところが、ティム牧師は既に妻アリスに2人の秘密を話してしまっていたのです

その後、KGB本部から牧師夫妻の殺害計画を聞かされ旅行の手配を指示されました。

FBI秘書マーサの結末

FBI高官の秘書マーサは、盗聴器設置事件をクリアして安心していましたが、再びフィリップの依頼でFBI監視スケジュールを渡していました。

局内では盗聴器の騒動後セキュリティに厳しくなり、上司から注意されたマーサは今度こそ自分の行為がバレるのではないかと動揺します。

そんなマーサの怪しい挙動に、スタンが目ざとく気づきました。

マーサが怪しい!

マーサが怪しいと睨んだスタンは、尾行したり自宅を隅々まで調べましたが犯罪の証拠は何も出てきません。

それでもスタンは、諦めずにマーサの身辺調査を続けました。

スタンの執拗な捜査活動の結果、マーサは敵国スパイと結婚していた事を突き止めます。

マーサもここで初めてフィリップの正体を知り愕然としました。

しかし、フィリップへの愛は揺るがず、自分を騙した事も責めません。

そんなマーサをフィリップは説得し、仲間の手配した飛行機でソ連本国に脱出させたのです。

その後、FBIはあらゆる手を尽くしてマーサの行方を捜しましたが、見つける事はできませんでした。

スタンとオレグの協力

スタンは、ソ連に収容されたニーナを助ける為に一時的に手を組んだKGB局員オレグの協力を得ながら手を尽くしましたが、時遅くニーナは処刑されてしまいます。

ニーナの処刑は、彼女を愛していた2人にとって衝撃的な結末となり、悲しみと共にもう2度と会う事はないと別れを告げたのです。

生物兵器

KGB局員オレグは同僚のタチアナと親しくしていましたが、彼女が任務の功績が認められて栄転が決定したことを知ります。

彼女は、アメリカが秘密裏に開発した生物兵器の入手というミッションを成功したのです。

科学に詳しいオレグは、世界的な脅威となる生物兵器の入手だけは回避させたいと再びスタンに協力を申し出ます。

さらにFBIの捜査により、研究所にソ連のスパイが潜りこんでいることが判明。

監視されたソ連スパイは、フィリップに生物兵器を渡す前にFBIに気づいて自殺し、合流場所で待っていたフィリップも仲間と連絡が途絶えてしまいました。

シーズン4ラスト

KGB支局長は、連絡が途絶えた部下が捕まったと判断しますが、彼が自殺したのを知らなかった支局長は部下が捕まって口を割ったと推測します。

そうであれば、フィリップとエリザベスの正体もバレたはずだからと「家族を連れて祖国に帰れ」 と帰国命令を出したのです。

突然の帰国命令に動揺する2人……シーズン5に続きます。

スポンサーリンク

【ジ・アメリカンズ 】シーズン4見どころ

スパイ夫婦の正体がバレた!

シーズン1から続いているハラハラドキドキの背景は、偽装夫婦で潜入したソ連スパイの正体がいつバレてしまうのかという不安な展開にありました。

シーズン4では遂に2人の正体がバレてしまいました。

それも自分の愛する娘の口から……。

秘密を知ってしまった牧師夫妻の後始末と、娘ペイジとの信頼関係をどう修復するのか?

一番恐れていた2人の危機対応が、サスペンスフルに描かれます。

FBIスタンとKGBニーナとの別れ

FBI捜査官スタンは、KGB職員ニーナを本気で愛していましたが、祖国の為に土壇場で裏切り、ニーナはソ連の刑務所に収容されました。

祖国への忠誠と裏切り、一時は愛し合ったスパイの悲しい運命が静かに、そしてドラマチックに映しだされています。

マーサの悲しい結末

フィリップを献身的に愛し、秘密情報を流し続けたマーサも遂に追い詰められます。

騙された事に気づきフィリップの正体を知っても、責めることをしないマーサ。

まさに、マーサの愛は不死鳥のごとく最後まで絶える事はありませんでした。

愛する男に裏切られ利用されても、その愛を貫き通すマーサの悲しい結末が心打たれるシーンも見どころとなっています。

シーズン5ではスパイ任務に対するペイジの心の変化と、スパイ活動の潮時を悟ったフィリップとエリザベスの決断も描かれます。

「もうこの仕事は終わりにしよう」 と。

スポンサーリンク

【ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ】が好きな方におすすめ

Amazon Prime Videoで関連作品を観る

Amazonプライム会員は月額500円 詳しくはAmazon Primeへ

Powered by Amazon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Dramas Note