【武則天 The Empress】1話・2話。中国史上、唯一の女帝。その生涯とは? | Dramas Note

【武則天 The Empress】1話・2話。中国史上、唯一の女帝。その生涯とは?

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想1話・2話。

本作は、2人の皇帝に愛されたヒロインが女帝に登りつめるまでを描いた超大作です。

美しすぎる女性たちの壮絶な争いからも目が離せません。


中国史上、唯一の女帝。その生涯とは?

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ解説1話

女帝の孤独

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

物語は、主人公の武如意ぶ・にょい(ファン・ビンビン)の晩年から始まります。

彼女は女帝・武則天ぶそくてんとして国を治めていましたが、ある時、宮殿でクーデターが起こりました。

彼女が女帝になったことで、だった時代が周となり(=武周王朝)、それを良く思わない者たちがクーデターを起こしたのです。

中でも、首謀者である宰相の張柬之ちょう・かんしは、何としても帝国を再建したいという思いがありました。

一方の武則天は、今回のクーデターを初めから予期していたらしく、いとも簡単に回避するのです。

ここまでのストーリーはさほど重要でありません。重要なポイントは以下の2点。

・クーデターを軽く回避した武則天の凄さ

・彼女が女帝になったことで、王朝が唐から周に変わった

時が経ち、さらに年老いた武則天は、宮殿内を歩きながらこれまでの人生を思い返していました。

15年間女帝を務めたこと、その15年間は最も孤独であったこと、今の自分は権力の他には何も持っていないこと。

そして、かつて愛した2人の男性のことを……。

今でも思い出す 初めて入宮した頃のことを。あれは、貞観11年のことだった。

出典:【武則天-The Empress】第1話より引用

ここから武則天の回想が始まり、本編ともいえるストーリーに突入していくのです。

初めての宮入り

貞観11年。武則天の名が、まだ武如意ぶ・にょいだった頃。

14才の如意は、20人近くの女性たちと共に入宮し、その中には親友の徐慧じょ・けいもいました。

入宮した女性たちは広間に連れて行かれ、そこで宮中の掟を教った後、4名の先輩妃たちに挨拶をしに行きました。

貴妃……皇后の次に位が高く、後宮を牛耳っている

よう 淑妃……30代?

いん 徳妃……30代?

りゅう賢妃……若い妃で妊娠中

韋貴妃は、挨拶もそこそこに新入りの宮女たちを舐めるように見回し、ふと如意に目を止めました。

他の先輩妃たちも如意に目を向け「ひときわ美しいけれど、気の強そうな瞳は陛下の好みではない」と如意を評します。

やがて顔合わせは解散となり、劉賢妃は壇上から下りる際に、誰かに押されたフリをしてわざと転げ落ちました。

そして、彼女は「楊淑妃に押された」と噓の主張をするのです。

転ぶ直前に韋貴妃と目配せをしていたことから、おそらく韋貴妃に指示されてわざと転んだのでしょう。

妊婦の劉賢妃に危害を加えたとなれば、その罪はかなり重いものとなります。

押した覚えのない楊淑妃からすると、たまったものではありません。

1話は、楊淑妃が罪を着せられそうになったところで幕を閉じました。

3人の息子たちと国の未来

時は少し戻り、如意たちが掟を学んでいた頃。

時の皇帝である李世民り・せいみん(チャン・フォンイー)は、3人の息子たちと剣の鍛錬に励んでいました。

3人まとめてかかってこいと言われた息子たちは、それぞれ李世民に挑みますがとても敵いません。

そこで李世民は息子たちに言うのです。

「なぜ力を合わせない。3人で力を合わせれば勝てたはずだ」と。

この言葉は一見するとたいした意味がないように思えますが、実は、国の未来を暗示する言葉でもあるのです。

そして、李世民は息子たちに戦い方をそれぞれ指南するのです。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ2話

蓮花灯のお願いごと

楊淑妃は、妊婦の劉賢妃を突き落とした罪を着せられそうになっていました。

すべての成り行きを見ていた如意は黙っていられず、「劉賢妃は誰にも押されていない」と真実を話すのです。

その日の夜、新入りの如意たちは、宮殿内の川に行き蓮花灯れんかとうを流しました。

蓮花灯の中に願いごとを書いた紙を入れ、入宮1日目に川に流す決まりがある。

他の女性たちが“陛下の寵愛を得たい”と願いを書く中、如意と徐慧は別のことを書いていました。

李世民の有能さ

貴妃をはじめとする古株の妃たちは、劉賢妃が流産したことを李世民(皇帝)に知らせました。

韋貴妃は「楊淑妃が突き落とした」と主張。

しかし、その主張が腑に落ちない李世民は、妃たちの前でこう話すのです。

新入り(如意)が「誰も押していない」と証言したらしいが、入宮初日で何も分かっていないだろうからこそ公正な証言のはず。

楊淑妃は執着心などはない性格だから、とても犯人とは思えない。

以上の理由をもって、李世民は今回の件は事故だと結論づけるのです。

裁決を終えた李世民は、寝殿に帰る途中でお付きの者に「おそらく流産の件は、韋貴妃の仕業だろう」と本音をこぼします。

とはいえ、疑っていることを韋貴妃に悟られたくない李世民は、最上級の品を韋貴妃に贈るよう指示するのです。

ふと李世民が川の方に目を向けると、蓮花灯が流れていました。

足を止め、“願い事”の紙をいくつか開いてみると、どれも李世民の寵愛を望むといった内容ばかり。

そんな中、ひとつの紙には詩が書かれており、読んでみるとそれは若きころの李世民が詠った詩でした。

誰が書いたのか興味を持ち名前を見てみると、“徐慧”と書かれていました。

また、もうひとつの紙には願いごとが書かれておらず、“武如意”と名前だけが記されています。

2人の紙を見た李世民は、彼女たちにかすかな興味を抱くのでした。

彭婆との出会い

新入りの如意たちは、“蘭陵王”という演目の舞を習っていました。

先生の話によると、“蘭陵王”で踊り子に選ばれた者は、陛下に寵愛されるための大きなチャンスを得られるとのことです。

続けて、明日踊り子を選出するという先生。

韋貴妃の姪である蕭薔しょう・そくは、自分が選ばれるはずだと自信をチラつかせながらも、如意にライバル心を抱きます。

翌日。

如意と徐慧は、踊り子選出の前に、汚れた衣を掖庭えきていに運ぶよう先生に命じられ、そこで出会ったほうを手助けしているうちにかなりの時間が過ぎてしまいます。

(彭婆は、のちの重要人物)

慌てて稽古場に戻る如意たちでしたが、戻った時にはすでに踊り子は蕭薔に決定していたのです。

掖庭とは、宮殿のわきにある冷宮のこと。ここにいる人たちは、何らかの理由で悲惨な生活を送っていることが多い。
スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想1話

主演のファン・ビンビンは何て美しいのでしょう!

彼女は、少女時代から晩年(女帝)までを1人で演じ切っているのですが、どの時代の彼女もそれぞれに美しくて見惚れてしまいます。

初登場のシーンはのれん越しだったにも関わらず、シルエットだけでも女帝としての威厳が感じられました。

そこから、記憶を遡る形で入宮初日へと物語が移るのですが、この時の透明感のある美しさは同性でも見惚れるほどです。

また、本作のもう1人の要である李世民も、素敵なおじさまといった感じで魅力的。

李世民が息子3人に戦い方をそれぞれ指南したシーンは、2度目の視聴だととても興味深いです。

なぜなら、息子たちの戦い方と人格が、それぞれリンクしているように思えるから。

皇太子→勇猛だけど押し引きができない

李泰りたい→いつも背後から狙う

李恪りかく→周りに気を遣いすぎる

3人の性格に注視してみると、ドラマをより楽しめるかもしれません。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想2話

今回の2話は、李世民(皇帝)の有能さが感じられる回でした。

彼は、流産の一件が“韋貴妃のしわざ”だと気づいていましたし、それを韋貴妃本人に悟られないようにと最上級の贈り物をするところも抜かりない。

思うに、李世民は女性に深入りしないタイプなのではないでしょうか。

だからこそ、冷静な目で妃たちの性格を正しく見極めることができるのだろうと思います。

また本作は、キャストたちが見知った顔ばかりで嬉しいかぎりです。

すべてを挙げると多すぎるので、一部のキャストだけ取り上げると……。

【月に咲く花の如く】(2017)からは

胡志存こ・しそん → 本作では李世民の付き人役

・学徒房の江福祺こう・ふくき → 本作では、宦官の瑞安

・沈 月生 → 本作では呉王(李恪)

【宮廷の諍い女】(2011)からも数名のキャストが出ており、中国ドラマのファンにとっては気持ちが盛り上がるキャスト選出となっています。

※次回3話・4話のネタバレ感想はこちらです。

【武則天 The Empress】3話・4話。主題歌と挿入歌も総まとめ!
【武則天-The Empress-】3話・4話。陛下とロマンティックな初対面を果たした如意。ところがその後、仮面を盗んだ…

次回は如意と陛下が初対面!

2人のロマンティックな出会いが見どころです。

記事内画像:公式サイト