【武則天-The Empress-】13話・14話。物部天守を演じた日本人は誰!? | Dramas Note

【武則天-The Empress-】13話・14話。物部天守を演じた日本人は誰!?

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想13話・14話。

いざ開かれた瑠璃宴では、誰かによる陰謀なのか次々とトラブルが……。

そんな中、如意が才覚を発揮してトラブルを解決!?


なお、物部天守を演じた日本人俳優の情報もまとめています。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ13話

馬球隊長に選ばれるのは誰!?

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

御花園で皇子たちが腕比べをしている一方で、第9皇子の稚奴ちぬは別の場所で木から落ちそうになっていました。

偶然 通りがかった如意に助けてもらうも、着地のときに足を痛めた稚奴は「体を支えて御花園まで連れていってほしい」と如意に頼みます。

そのころ御花園では、馬球隊長の座をかけて皇太子と李泰り・たいが対決。

武術が得意ではない李泰はあっさりと負けますが「李恪り・かくは皇太子に手心を加えるみたいですよ」と余計なことを言って皇太子を怒らせます。

実際に李恪は、母親の楊淑妃から「皇太子に負けなさい」と言われていたためわざと負けようとしていました。

ところが、皇太子に楊淑妃のことを侮辱されてカッとなった李恪は、腕比べでつい本気になり皇太子に勝利してしまうのです。

そして、怒りで皇太子に剣を向けたその時……。

ちょうど到着した稚奴と如意が、身を挺して皇太子をかばいました。

同じく到着した李世民り・せいみん(陛下)はことの成り行きを見ていたらしく、皇太子を傷つけようとした李恪を叱責。

すると、如意が李恪に助け舟を出しました。

「李恪殿は私を見てすぐに剣を止めました。見ず知らずの私にもお優しい李恪殿ですから、皇太子を傷つけるつもりはなかったはずです」と。

ともあれ、馬球隊長に選ばれたのは、腕比べで勝利した李恪でした。

その後 李恪は、馬球隊長になったことを母の楊淑妃に報告するついでに、如意のことを色々と聞いてみますが、母には「如意とは関わるな」と言われてしまうのです。

陛下との対話

如意が蔵書閣で書を読んでいると陛下がやって来ます。

「おしゃべり好きなそなたが、今はすっかり静かではないか」

「私の言葉で陛下を怒らせて会えなくなってしまうのが怖いのです」

「掖庭で成長したようだ。だが今は好きに話しなさい」

すると如意は、瑠璃宴で行われる“芸の競い合い”が楽しみだと話し始めます。

陛下いわく、瑠璃宴は武力を使わず唐の力を示せる場であり、いつも唐が勝っているゆえ今回も負けられないとのことでした。

大朝会、開幕!

大朝会の幕が開け、各国から使節たちが集まってきます。(唐が開催国)

唐の宮殿内でもっぱら噂になっているのは、日本の使節である物部天守もののべてんしゅ

彼は男性でありながら、日本では女性と同じ扱いをうけるほどの美しさで、こたびの瑠璃宴では囲碁の腕を披露するようです。

女性のような彼との囲碁対決で、もしも唐の男性が負けるようなことがあれば国が笑いものになってしまいます。

そういった理由から、物部天守の対戦相手として選ばれたのは、女性の徐慧でした。

また、物部天守から送られた“難解な棋譜”を解くよう徐慧は命じられました。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ14話

物部天守と囲碁対決をすることになった徐慧は、“難解な棋譜”の解読に必死になります。

如意はその間、徐慧に話しかけたりお菓子でつろうするも相手にしてもらえず、退屈そうに棋譜の解読を眺めるのでした。

瑠璃宴の当日。

如意は、楊淑妃からもらった扇子を徐慧にゆずり渡しました。

囲碁対決は陛下が見に来るし注目もされるだろうから、徐慧に持っていてほしいと。

いざ始まった瑠璃宴では、誰かによる陰謀なのか次々とトラブルが起きるも、如意の機転によってトラブルを解決していきます。

その結果、踊りや琵琶の競い合いでは、唐は良い結果を得ることができました。

次に、大注目の囲碁対決が始まりますが、なぜか徐慧は(おそらく毒によって)顔が真っ赤。

“難解な棋譜”をすでに解き終わっている徐慧は、囲碁対決でも順調に手を進めますが、顔はますます赤くなり、やがて意識を失ってしまうのです……。

倒れた徐慧の代わりに、対戦相手として立候補したのは如意でした。

如意は昨晩、徐慧が棋譜を解くのを見ていたためその時の記憶を思い出しながら対局を進め、最後は引き分けにもっていくのです。

スポンサーリンク

物部天守を演じた日本人の俳優は誰!?

名前:松島庄汰

生年月日:1990年12月26日

身長:180㎝

代表作:【仮面ライダードライブ】(2014)、【明治東京恋伽】(2019)

本作の役柄:日本からの使節である物部天守

・14話と15話が放送された当初、中国でも物部天守が話題に!

・松島庄汰のインスタグラムでは、如意(ファン・ビンビン)や徐慧とのツーショット写真も掲載されている

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想13話

足に障がいがあるという設定はいずこに……?というぐらい武術がキレッキレだった皇太子。

てっきり彼が馬球隊長に選ばれるかと思いきや、李恪が勝利をおさめて馬球隊長になりました。

おそらく楊淑妃は、息子(李恪)に平穏に生きてほしいから「皇太子より前に出るな」とずっと言い続けてきたのでしょう。

しかし今回、カッとなった李恪がうっかり皇太子に勝ってしまい、楊淑妃は気が気でないでしょうね……。

現に、皇太子は落馬事件の犯人を李恪だと勘違いし始めているので、これから李恪を潰しにかかるかもしれません。

また李恪は、如意のことが何かと気になるようなので、もしかすると今後は李恪のラブラインも物語に絡んでくるかも!?

そして如意は、久しぶりに陛下とゆっくり対談。

2人の会話は父子のような微笑ましさがあり、恋や愛というよりは信頼関係で結ばれているようにも見えます。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想14話

ついに、日本人俳優の松島庄汰が登場しました!

「切腹する!」や「刀を持って来い!」のセリフの時、口の動きがまんま日本語だったので、撮影は日本語で挑んだものと思われます。

一方、囲碁対決をした徐慧は毒におかされたような感じでしたが、毒はお酒に入っていたのか、それとも扇子に仕込まれていたのか……。

楊淑妃の目線や表情から察するに、毒は扇子に仕込まれていたように思えます。

だとすると楊淑妃は、本当ならば如意を殺すつもりだったのかもしれません。

(楊淑妃が扇子を渡したのは如意だから)

重要なポイントとして触れておくと、楊淑妃は前朝の公主です。

前朝とは、前の代の王朝のこと。

つまり、楊淑妃にとって唐は“前朝を滅ぼした存在”なので、もしかしたら心の奥底では唐に憎しみを抱いているのかもしれません。

唐を憎んでいる→大朝会で唐に負けてほしい→だから毒を盛った?

もしかすると、このような理由から楊淑妃は毒を盛ったのかもしれませんね。

※次回15話・16話のネタバレ感想はこちらになります。

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想15話・16話。
【武則天-The Empress-】15話・16話。古株妃たちの壮絶な争いが始まりました!誰が勝利するのか最後まで分から…

記事内画像:公式サイト