【武則天-The Empress-】ネタバレ感想19話・20話。 | Dramas Note

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想19話・20話。

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト


【武則天-The Empress-】19話・20話。

陛下の寵愛を一身に受ける武媚娘は、今や飛ぶ鳥を落とす勢いです。

ところが、「女帝・武氏が唐を滅ぼす」という予言により一気にピンチに!?

この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ19話

李世民(陛下)の苦悩

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…
媚娘びじょう=如意のこと。

ある日の夜、武媚娘は李世民り・せいみん(陛下)の寝殿を訪ねました。

用件は、いん徳妃の息子である斉王のことです。

「母である殷徳妃のためにも、どうか斉王を死罪にはしないでください」と懇願する武媚娘。

李世民は、武媚娘のその願いは聞けないと答えました。

なぜなら、斉王はすでに亡くなっているから……。

李世民は、斉王を傷つけることなく宮殿へ連れてくるよう部下に命じていたのですが、その前に殷宏智いん・こうちが斉王を殺してしまったのです。

殷宏智は「李世民を殺せないのなら、最期に李世民の息子を殺してやる」と言い捨てて自害したのでした。

その話を聞いた武媚娘は神妙な顔つきで黙り込み、李世民の話をじっと聞きます。

「帝位争いから遠ざけるために斉王を斉州に行かせていたが、結局朕が追い詰めてしまったのだな」

斉王が幼いうちから斉州に遠ざけ続けていた李世民は、斉王とほとんど会うこともないまま死別してしまったため、悔やまずにはいられないようです。

武媚娘は、そんな李世民の苦悩と悲しみを汲み取り、そっと彼を抱きしめました。

恐るべき占い結果

ある時、夜にしか現れないはずの太白星が昼間の空に出現しました。

家臣や民は、この現象を不吉な兆しではないかと恐れているようです。

この現象を読み解いた星雲閣の李淳風は、靴をはくのも忘れるほど大慌てで陛下に報告をしに行きました。

ちょうど陛下の寝殿に来ていた武媚娘は、2人の会話をこっそり盗み聞き……。

すると、李淳風は驚くべきことを口にしたのです。

「女帝・武氏が唐を3代で滅ぼす、という占い結果が出ました。

ですから、名前に“武”とつく宮中の者をすべて殺してください」と。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ20話

韋貴妃と李泰の思惑

李泰=陛下の4男。魏王

“女帝・武氏が唐を滅ぼす”

この予言内容を知った韋貴妃は、さっそく李泰に伝えて共に策を講じます。

韋貴妃は予言を利用して武媚娘を始末したいと考えていましたが、李泰には反対されてしまいました。

李泰いわく、まずは皇太子を廃することが先決だと。

唐を滅ぼす“武氏”とは誰のこと?

李淳風が星雲閣に戻ると、韋貴妃の使用人がやってきて「“武氏”を武媚娘に仕立て上げてほしい」と頼んできますが断って追い返します。

直後に訪ねてきた陛下は、“武氏”が具体的に誰なのかを占うよう李淳風に命じました。

その場で李淳風が占ってみるも、結果を示す貨幣の1枚が足りません。

実は、その貨幣は陛下が手に隠し持っていたのです。

武媚娘を守るための時間稼ぎでしょうか?

陛下が星雲閣を出ると、外には家臣たちがずらりと並び、彼らも武氏が誰であるのか聞きにきたようでした。

陛下は家臣たちに「武氏が具体的に誰なのか、10日後に分かる。それまで控えているように」と伝え、彼らを帰らせます。

その後 陛下は、武媚娘に「朝議の時以外は常に自分のそばを離れるな」と言うのでした。

韋貴妃の細工

10日後。

武氏とは誰のことなのか。

占い結果を聞くために、大勢の家臣たちと陛下が星雲閣の前に集まりました。

ところが、いくら待っても李淳風が出てこないため、陛下たちが中に入ってみると……。

中で李淳風が死亡していました。

そして彼の手には、武媚娘の名が書かれた紙が握られていたのです。

李淳風を殺して細工するよう、韋貴妃が侍女に命じて実行させたのです。
スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想19話

武媚娘は、陛下の寝殿にお泊まりすることも増え、以前よりもさらに寵愛をうけるようになりました。

その矢先に「武と名のつく者は殺すべし」という占い結果が出てしまい、とても気になるところで19話は終わりました。

昔は占い(天象)を専門とする官庁もあったぐらいですから、信仰深い人が多かったのだろうと思います。

たとえ陛下自身は占いを信じなくても、家臣や民を安心させるために何からの対応をしなくてはいけません。

武媚娘を殺すようなことはしないとは思いますが、今までのように寵愛はしなくなるかも……。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想20話

今回の陛下の行動を見るに、彼は武媚娘を殺すつもりはなくむしろ守ろうとしているように見えました。

「しばらくの間は片時も離れるな」と命じたのも、武媚娘が誰かに命を狙われるかもしれないと予測してのことでしょう。

やはり陛下は、武媚娘のこととなると自ら動いて彼女を守るのですね♥

とはいえ、もしここで武媚娘が生きながらえたとしても、「女帝・武氏によって、唐は3代で滅びる」という占い結果が後々まで尾を引くことになりそう。

なぜなら、唐を滅ぼしたくない家臣にとっては武媚娘は懸念すべき存在でしかなく、今後も命を狙われるはずだからです。

常に波乱万丈の武媚娘、これからどうなってしまうのでしょう!

※次回21話・22話のネタバレ感想はこちら。

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想21話・22話。
【武則天-The Empress-】ネタバレ感想21話・22話。陛下は予言から武媚娘を守りましたが、大臣たちは納得してい…

記事内画像:公式サイト