【武則天-The Empress-】ネタバレ感想7話・8話。皇太子の落馬事件は陰謀!? | Dramas Note

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想7話・8話。皇太子の落馬事件は陰謀!?

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト

【武則天-The Empress-】7話・8話。

皇太子の落馬事件が発生!

彼の支えになろうとする皇太子妃。

皇太子妃よりも側近の称心をそばに置きたがる皇太子。

3者の関係に要注目です。


この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ7話

韋貴妃の過去

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

婉言えんげん殺しの罪で拷問にかけられた如意は、解放されたあと承慶殿へ向かいました。

蘭陵王のお面を眺めながら陛下と踊ったことを思い出していると、突然刺客が現れて如意を殺そうとします。

間一髪のところで李世民りせいみん(陛下)が現れ、助かった如意。

李世民は、意識を失った如意を抱えて自身の寝殿まで運び、侍医に治療するよう指示をします。

如意が目覚めると、見舞いに来ていたらしい徐慧じょけいが「刺客は貴妃の仕業かもしれないと陛下に訴えたらどう?」と助言。

その後に見舞いに来たよう淑妃にも同じことを言われますが、如意はこのように答えます。

後宮と朝廷は密に関係がある

高官の娘である韋貴妃を訴えれば、陛下を困らせてしまうだけ

ゆえに、確かな証拠がないかぎり陛下に訴えるべきではない

如意の弁を聞いた楊淑妃は、“やはり如意は取り込むべき人材だ”と確信するのです。

その後楊淑妃は、韋貴妃の昔話を如意に聞かせます。

入宮したころの韋貴妃は天真爛漫だったけれど、何年も流産し続けたことで子を産めない体になってしまい、別人のようになってしまったと。

狙われる皇太子

皇太子は街で落馬し、その拍子に馬に足を踏みつぶされて重症を負いました。

李世民は家臣との会議で、皇太子が落馬した件について話し合います。

まずは侍医に話を聞くと、骨が粉々にくだけたため治る見込みはなく、足に障がいが残ってしまうとのこと。

「唐の皇太子たるもの体に障がいがあってはならぬ」と声を荒げる李世民。

すると、ひとりの家臣が「元凶は皇太子本人」だと言い出しました。

落馬の原因となった通行の邪魔をした人物は、一介の商人

その商人の親は、皇太子の配下の暴行によって死亡した

皇太子はその後始末として、商人に金を放り平然と立ち去った

ことの経緯を聞いた李世民は、確かに皇太子の行動は問題アリだと判断し、皇太子の根本を叩きなおすために師匠をつけることにしたのです。

師に選ばれたのは、徴でした。

会議が終わったあと、ひとり残った長孫無忌ちょうそん・むきは「今回の落馬事件には裏がある」と李世民に進言。

こたびの落馬事件は計画的だが、一介の商人が皇太子の行動を把握できるはずもなく、だとすれば宮中の誰かが情報を漏らしたに違いないと言うのです。

皇太子と称心の関係

落馬の話を聞いた皇太子妃は、急いで皇太子を見舞いに行きました。

彼女は部屋に入るなり使用人たちに下がるよう命じ、皇太子の側近である称心に「お前もよ!」と言います。

ところが、皇太子は「称心を下げる必要はない」と言うのです。

10両で買った奴婢ぬひなのに……と不満げな皇太子妃に対し、皇太子は称心を蔑むことは許さないと言いました。

その理由は、3年前に皇太子がクマに襲われかけたところを、称心が命がけで守ってくれたから。

皇太子妃を追い返した皇太子は、落馬の件について称心に本音をこぼしました。

「兄弟の誰かに狙われたのかもしれない」

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ8話

皇太子の理解者

以前の皇太子は、皇太子妃を大切にし結婚後も3人の子を授かるほど仲睦まじい夫婦でした。

しかし、3年前に称心が来てからというもの、皇太子は称心を片時も離さず、皇太子妃はないがしろにされるばかり。

宮殿内では、皇太子が男色なのではないかという噂まで立ちはじめました。

この状況をどうにかしたいと考えた皇太子妃は、皇太子のもとへ行きもうひとり子を作りましょうと提案をします。

子ができれば噂もおさまり、皇太子の名誉も回復するからと。

皇太子は善意は嬉しいとした上で、「だがそなたは私を理解していない」と言って皇太子妃の提案を拒みました。

「あなたが心を明かさないのだから、理解できないのは当然です」と皇太子妃。

すると皇太子は、真の理解者であれば言葉にしなくとも自然と心が通じ合えるはずだと言って、称心を引き合いに出すのです。

自分にとっての理解者は称心だけだと。

彭婆との再会

婉言毒殺の容疑が晴れない如意は、しばらく掖庭えきていで労役することになりました。

それを知った韋貴妃は、労役者のボス的存在である羅玉珊らぎょくさんを買収し、如意の顔を傷つけるよう命じるのです。

翌日。

掖庭に連れて行かれた如意は、(2話で出会った)彭婆ほうばあを見かけて声をかけます。

ところが、彭婆は「お前は“あいつ”の差し金だろう」と警戒して如意を遠ざけようとするのです。

同じ場にいる羅玉珊は、如意の顔を傷つける機会をうかがいますが、彭婆が近くにいては実行できません。

彭婆の詳しい出自などは誰も知りませんが、彭婆が掖庭で特別扱いをされているのは周知の事実。

これまで彭婆を傷つけた者はみな処刑され、見回りの兵たちも彭婆のご機嫌とりに必死です。

その晩、羅玉珊は如意がひとりになったのを見計らい、仲間とともに襲いかかります。

応戦する如意。

そこへ彭婆がやってきて争いを止めようとした時、羅玉珊の攻撃が手にあたり出血してしまいました。

そのころ、李世民に召された徐慧は、囲碁で次の一手に困っている李世民に助言します。

李世民は徐慧の聡明さを気に入ったのか、彼女を婕妤しょうよ昇格させて個人の宮も与えました。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想7話

普通の女子おなごならば、韋貴妃から受けた拷問のことを陛下に告げ口したくなるものですが、如意は陛下を困らせたくないという理由から、完全な証拠がないかぎり黙っていると決めました。

こういった深い配慮が、陛下から気に入られる理由なのだと思います。

また、今回は皇太子も登場!

彼が足をケガした背景には大きな陰謀が絡んでいそうです。

シンプルに推測をするなら、皇太子の座を狙った他の王子の仕業か、もしくは他の王子を皇太子の座につけたい人物の仕業でしょう。

後宮の争いだけではなく、後継者争いも始まるとなれば、ますますドラマが壮大になっていく予感です。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想8話

皇太子があれほど称心に執着するのは、命を助けてくれたからという理由だけではなく“理解者”だからなのでしょう。

足に障がいが残ってしまったことで、ますます理解者の称心をそばに置きたがるのではないでしょうか。

ですが自分こそが力になりたいと願う皇太子妃からすると、称心は疎ましい存在なはずなので、今後は称心を排除しようとするかもしれません。

そして、掖庭送りになった如意はさっそくボス・羅玉珊に目をつけられてしまいました。

どこに居ても誰かしらに目をつけられてしまう如意なので、これからも波乱万丈な日々が続きそう。

今後は、掖庭の彭婆がドラマのキーパーソンになっていく予感がします。

役人すらも彭婆のご機嫌を取っていたことから、本来はかなり高い身分なのではないでしょうか。

※次回9話・10話のネタバレ感想はこちらになります。

【武則天 The Empress】9話・10話。女帝が愛した2人の男性とは?
【武則天-The Empress-】ネタバレ感想9話・10話。今回は、如意だけではなく様々な人たちのエピソードがふんだん…

記事内画像:公式サイト