叙事詩

叙事詩

最終回【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】55話・56話(最終話)ネタバレ感想 阿蘇勒の選ぶ道

最終回【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】55話・56話あらすじ。阿蘇勒は辰月の雷碧城を討ち、ついに朔北部との戦いの日を迎えます。朔北部の軍勢が阿蘇勒たちを待ち構える中、大勢の兵を率いて現れたのは姫野でした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】52話・53話・54話ネタバレ感想 来る新たな時代

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】52話・53話・54話あらすじ。ついに青陽部と朔北部による戦いの火蓋が切られます。阿蘇勒は"青銅の血"と蒼雲古歯剣を用いて狼主に挑みますが、とうてい太刀打ちできませんでした。一方、天啓城に辿り着いた白舟月は自分こそが新たな皇帝だと宣言します。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】49話・50話・51話ネタバレ感想 死す者と存命だった者

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】49話・50話・51話あらすじ。阿蘇勒の処刑は波乱の展開を生み、下唐国の国主の殺害から将軍の殺害にまで発展します。姫野と白舟月の助けを得て何とか下唐国から脱出した阿蘇勒ですが、久しぶりに帰郷した青陽部は崩壊寸前へと追いやられていました。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
華流

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】46話・47話・48話ネタバレ感想 阿蘇勒たちが背負う宿命

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】46話・47話・48話あらすじ。姫武神だと判明した羽然はひとり青州に残ることを決意し、阿蘇勒は白舟月を救うべく下唐国を目指しますが、姫野はもう少し羽然の傍にいたいと青州に残ることにしました。下唐国に戻った阿蘇勒は父の死と、それに伴う宿命を押し付けられます。そんな中、殤陽関での争いで死亡したと思われた雷碧城は北陸に姿を現します。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】43話・44話・45話ネタバレ感想 青州の過去

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】43話・44話・45話のあらすじ。目を覚ました阿蘇勒は全ての記憶を取り戻し、姫野の後を追って青州へと向かいますが、その裏では阿蘇勒を巡る取引が行われていました。一方、青州に着いた羽然は自身の置かれた立場や父に関する残酷な真相を知らされ、後を追って来た宮羽衣は衝撃の決断を下します。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】40話・41話・42話ネタバレ感想 阿蘇勒と辰月の決着

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】40話・41話・42話のあらすじ。いよいよ離国軍と連合軍の戦いが幕を開け、互いに一歩も譲らぬ熾烈な争いが繰り広げられます。やがて辰月の雷碧城が大勢の赤牙を連れて殤陽関に現れると、記憶が戻った阿蘇勒は卒倒してしまいます。一方、翼天瞻に連れられ青州を目指す羽然はようやく青州へと辿り着きますが、そこはかつての面影などない荒廃した街でした。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】37話・38話・39話ネタバレ感想 羽然の正体

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】37話・38話・39話のあらすじ。阿蘇勒たちの山中での穏やかな暮らしは長くは続かず、馬賊の襲来によって状況は一変します。羽然は馬賊に連れ去られ、その後を追う姫野たちは偶然出会した離国軍に連行されてしまいました。離国軍は連合軍との戦いを目前に控えており、連行された姫野は離国軍としての出撃を余儀なくされます。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】34話・35話・36話ネタバレ感想 激しさを増す乱世

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】34話・35話・36話のあらすじ。皇帝は自ら退位を表明する宴を開催し、これまで目の敵にしてきた嬴無翳と大臣らを天啓城に招きます。しかしこの宴こそ皇帝の最後の計画であり、罠に嵌められた嬴無翳は炎に包まれる太清閣に置き去りにされてしまいました。天啓城では死闘が繰り広げられ、怒りを制御できない阿蘇勒までもが剣を手にしてしまいます。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】31話・32話・33話ネタバレ感想 蘇る阿蘇勒

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】31話・32話・33話のあらすじ。阿蘇勒は皇帝と天駆武士団の翼天瞻に裏切られ、羽然と姫野の目の前で息絶えます。皇帝は自ら阿蘇勒を殺めたにもかかわらず、友のためとして阿蘇勒の葬儀を異例の国葬で執り行います。しかし、その裏では辰月の雷碧城が阿蘇勒を蘇らせるための儀式を行なっていました。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】28話・29話・30話ネタバレ感想 絶えぬ友情と絶える関係

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】28話・29話・30話のあらすじ。戦争孤児の面倒を見るなど心優しき皇帝を信じ切る阿蘇勒はついに皇帝の本性を目の当たりにし、自身の立ち位置に悩み始めます。そんな阿蘇勒を心配するのは天駆武士団でも友でもなく、敵対する離国の国主の嬴無翳でした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】25話・26話・27話ネタバレ感想 友との対立と新たな時代の幕開け

阿蘇勒と羽然が婚姻に至った本当の理由を知る由もない姫野は嬴玉の元で捕われの身となり、ついには母の復讐として自ら手を汚してしまいます。ようやく姫野は阿蘇勒と羽然とも再会を果たすことになりましたが、そこは決戦の場でした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
キャスト / アジア

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】キャスト総まとめ!詳細プロフと登場人物一覧を画像つきで紹介 相関図あり

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)〜宿命を継ぐ者〜】キャストと相関図を総まとめ。本作は、江南著書の同名小説を原作とする中国ファンタジードラマです。この記事では登場人物を総まとめしている他、キャストの詳細プロフィールやSNSもまとめています。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】22話・23話・24話ネタバレ感想 変わりゆく関係性

姫野も阿蘇勒の結婚を知りまるで自分事のように喜びますが、その相手が羽然だと知ると表情を一変させます。沸き立つ苛立ちを抑えきれず自暴自棄に陥る姫野は、採石場からの脱走を図ります。また、"青銅の血"により短命だとされていた阿蘇勒の死期が迫っていることも判明しました。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】19話・20話・21話ネタバレ感想 来たる婚儀の日

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】19話・20話・21話のあらすじ。阿蘇勒を逃すべく自ら囮を買って出た姫野はあえなく捕まり、下唐国から逆賊と見做された天駆武士団を自白していることから処刑が決まります。そんな姫野を何としても救いたい阿蘇勒と羽然でしたが、そのためには2人が婚姻を受け入れる他ありませんでした。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】16話・17話・18話ネタバレ感想。斬鉄剣の新たな剣主の誕生

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】16話・17話・18話のあらすじ。これまで極秘事項とされてきた"蒼雲古歯剣"を巡る幽長吉の死の真相が明らかとなり、ついに息子の百里隠が剣を抜きます。ひょんなことからその場に居合わせた阿蘇勒は思いも寄らぬ宿命を背負うことになり……⁉︎この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】13話・14話・15話ネタバレ感想。斬鉄剣を追う者たち

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】13話・14話・15話のあらすじ。離国と下唐国の大戦は思わぬ形で終わりを迎え、離国は天啓へ、下唐国は南淮城へと向かいます。将軍や兵士たちの凱旋に沸き立つ下唐国でしたが、水面下では"蒼雲古歯剣"を巡る者たちの争いが静かに行われていました。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】10話・11話・12話ネタバレ感想。大戦の幕開け

【九州縹緲録~宿命を継ぐ者~】10話・11話・12話のあらすじ。ついに離国と下唐国の大戦の火蓋が切って落とされ、阿蘇勒と姫野も自ら従軍を志願しました。しかし本物の戦は決して甘いものではなく、阿蘇勒と姫野は窮地へと追いやられます。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】7話・8話・9話ネタバレ感想。古の剣の行方

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】7話・8話・9話のあらすじ。待ちに待った演武大会で姫野は大活躍を収め、見事望み通りの褒美を手にします。しかしその裏では離国からの侵攻や、とある古の剣を巡る事件が勃発していました。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)】4話・5話・6話ネタバレ感想。乱世の始まり

【九州縹渺録(きゅうしゅうひょうびょうろく)~宿命を継ぐ者~】4話・5話・6話のあらすじ。目を覚ました阿蘇勒は、青陽部との同盟を理由に下唐国が離国から攻め入られていることを知ります。しかも離国からは蘇瑪を殺害した人物もやって来ており、阿蘇勒は自ら街へと繰り出すのでした。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。
叙事詩

【九州縹緲録】全話のあらすじ。ネタバレ感想を最終回までご紹介!(ひょうびょうろく)

【九州縹緲録(ひょうびょうろく)〜宿命を継ぐ者〜】は、「九州海上牧雲記 〜3つの予言と王朝の謎」と「九州天空城~星流花の姫と2人の王~」に続く九州シリーズ3本目のスペクタクル英雄叙事詩。郡雄割拠する戦国の地"九州"にて、ある宿命を背負った青年が戦乱の世を治めて英雄まで上り詰めていく姿を描いた超大作中国ファンタジードラマです。