【瓔珞(エイラク)】あらすじ・ネタバレ・感想51話・52話。 | Dramas Note
スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】あらすじ・ネタバレ・感想51話・52話。

瓔珞(エイラク)アジアドラマ
©2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】ネタバレ感想51話・52話。父親を亡くした皇后は、乱心のあまり乾隆帝に不敬を働いてしまいます。しかし、その乱心の裏では別のことを計画していたのです。また、52話では第7皇子の死の真相があきらかに!?

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】ネタバレ51話

那爾布の死亡

養心殿・・・乾隆帝の住まい

皇后・・・もと嫻妃

養心殿の前で一晩 跪いていた皇后は、父・那爾布ナルブの助命を乾隆帝に訴える。

乾隆帝(陛下)は命だけは助けることを約束し、那爾布を流刑に処することにした。

その勅命を届けるために那爾布のいる牢に向かった弘昼は、そこで那爾布が死亡しているのを目にする。

乾隆帝は皇后に、特別に那爾布の葬儀を取り仕切ることを許すと言うが、皇后は呆然としたまま何も答えない。

去ろうとする乾隆帝に、皇后は「陛下が父を殺したのですか」と問う。

乾隆帝が否定をすると、今度は「ならば皇太后さまですね」と言い出した。

救済米の不正には皇太后の甥が関わっているから、それを隠すために父の那爾布に罪を着せたのだろうと皇后は推測しているのだ。

だがそれが真実だとしても、証拠もなく皇太后を糾弾するのは度が過ぎていた。

乾隆帝は、そんな皇后の不敬な態度を咎めながらも、今回だけは許すと言ってこの場を去った。

乱心の裏側で

皇后が行方不明だと聞いた弘昼が宮中を探し回ると、彼女は城郭の上で立ちすくんでいた。

皇后は弘昼に語りかける。

「嫻妃だった頃は弟を守れなかった。でも、皇后になった今もまた父上を守れなかった」

自分にはまだまだ力が足りないのだと嘆く皇后に、弘昼は力になりたいと申し出る。

だが実は、皇后が急に姿を消したり情緒不安定な言動をとったのは、弘昼を味方につけるための策だった。

先ほど乾隆帝の前で乱心したのも皇后の策。

普段は慎み深い皇后が乱心するからこそ皇后の悲しみが陛下に深く刻まれるはずだと、そこまで計算しているのだ。

愉妃とその息子の第5皇子が瓔珞に会いに来た。

瓔珞は第5皇子を気に入ったようだが、明玉は怒って部屋を出ていく。

明玉が怒っている理由は、愉妃は落馬事件を起こした張本人なのに、瓔珞が愉妃を許して仲良くしているからだった。

明玉が外の壁に怒りをぶつけていると、そこに海蘭察がやってくる。

話を聞いた海蘭察は、純貴妃のことを探るためにあえて仲良くしているのだろうと推測を述べた。

明玉「年下のくせに!」

海蘭察「なぜ年下と知っている。さては調べたな」

社交ダンス

延禧宮では、瓔珞と明玉が社交ダンスを踊っていた。

そこに乾隆帝が現れたため、瓔珞は乾隆帝をダンスに誘うが「興味ない」と断られてしまう。

そのまま去ろうとする乾隆帝の腕をつかんだ瓔珞は、「私だって乗馬に興味はありませんでした。公平にいきましょう」と言って無理やり社交ダンスを始めた。

瓔珞のリードで踊っているうちに楽しくなったのか、乾隆帝は笑顔を見せる。

だがその後、ふと自分が女役をやらされていることに気づいた乾隆帝は、今度は自分が男役をやると言い再び社交ダンスを始めた。

そこで、瓔珞は気づく。

「本当は踊れるのですね!なぜ騙したのですか!」

そう言いながらも瓔珞は楽しそうに笑い声をあげる。

ダンスの後、野外の部屋へ移動した2人は那爾布の話をする。

那爾布を殺すつもりは少しもなかったと語る乾隆帝。

すると瓔珞は「でも、流刑にして殺す隙を与えたのは、生かす気もなかったからですね」と図星をついた。

袁春望えんしゅんぼうが延禧宮の大総監になった。

そんなある日、陛下に呼び出された瓔珞が永和宮に到着すると、第5皇子が寝込んでいた。

どうやら第5皇子は、菓子と薬の食べ合わせにより中毒をおこしてしまったらしい。

劉侍医いわく、瓔珞が皇子に与えた菓子には“草烏”が使われており、それが服用中の“川貝”と相克して中毒を起こしたのだというが……。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】ネタバレ52話

第7皇子の死の真相

永和宮にて、愉妃と純貴妃は「瓔珞が第5皇子を害した犯人だ」と乾隆帝に主張する。

対して瓔珞は、第5皇子を嘔吐させれば自分の無実を証明できるという。

吐くことで中毒症状が改善されるはずだとも。

実際に第5皇子を吐かせてみると、未消化の人参がたくさん出てきた。

葉先生によると、人参の大量摂取は危険で、時に昏睡状態に陥ることもあるらしい。

乾隆帝に問い詰められた劉侍医は、愉妃の指示で大量の人参を服用させたことを白状した。

そして愉妃も、すべては純貴妃の命令だったと口を割る。

それを聞いた乾隆帝は、純貴妃と愉妃をそれぞれ監禁するよう命じた。

愉妃は連行される直前に、第5皇子に「これからは令妃(瓔珞)に従いなさい」と耳打ちをした。

その後。

皇后は、親兄弟を盾にして純貴妃の侍女(玉壺)を脅し、純貴妃の悪事をすべて吐かせた。

延禧宮を訪れた乾隆帝は、ぼんやりとする瓔珞に近づいて驚かせる。

「さっきは肩を持ってくれなかった」とすねる瓔珞に、乾隆帝は公然と肩を持てばそなたが後宮の標的になってしまうと言葉を返した。

そこへ、皇后がやってきて第7皇子(富察皇后の息子)に関する重要な報告があるという。

皇后は、証人として連れてきた玉壺に、純貴妃の悪事をすべて吐かせた。

純貴妃の命令で熟火処の管事である王忠に接近したこと

第7皇子が死亡したあの日、防火用のかめに細工をするよう王忠に命じたこと

共に話を聞いていた瓔珞は、ここぞとばかりに明玉にも証言をさせる。

かつて明玉が純貴妃に仕えていた頃、王忠と玉壺の逢引きを目撃したことがあったのだが、その日から純貴妃に虐待されるようになったと。

すべてを知った乾隆帝は、純貴妃を応答に降格させて冷宮で幽閉するように命じた。

2つの顔

海蘭察を呼び出した乾隆帝は、女子おなごはみな2つの顔を持つものなのかと尋ね、純貴妃の2面性の怖ろしさを語る。

そして話しているうちに、乾隆帝はふと気づくのだった。

「考えてみれば、すべて瓔珞に導かれた気がする。純貴妃を罰するようにと」

降格された純貴妃は正しくは蘇答応なのだが、ややこしいため“純貴妃”で統一する。

幽閉されている純貴妃のもとに、皇后がやってくる。

純貴妃は、これまでの瓔珞の言動はすべて富察皇后の敵討ちをするためだったと気づいたようだ。

また、皇后に利用されていたことにも気づく。

純貴妃は皇后の巧妙な煽りに乗せられ、操られ、気がつけば自ら手を汚していたのだ。

純貴妃は、あれほど尽くした富察皇后と傅恒に見向きもされなかったことを恨み、その恨みを晴らすために富察皇后の子を殺めたと白状する。

そして、最期の言葉を皇后に向けた。

「この罪は償いきれないけれど、幸いにも もうすぐ亡き富察皇后に会える。

あなたは今夜、私を見送りにきたのね」

凧の糸

乾隆帝は、純貴妃の死亡を知らされた。

報告によると、純貴妃の首は切断されかけており、それには凧の糸が使われていたという。

宮中で凧をあげている瓔珞に疑いが向かないよう、乾隆帝はこの件は不問にしろと命じる。

一方で、愉妃は紫禁城を出て出家することになった。

紫禁城を去ろうとする愉妃の前に、瓔珞が現れる。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】感想51話

弘昼は意外にも情に厚いらしく、ここ最近は2代目皇后のためにあれこれ奔走しています。

人のために奔走する彼を少しだけ見直すのと同時に、なぜ過去にあんなこと(阿満の事件)をしてしまったのだろう……と悔やまれてなりません。

今回は、陛下と瓔珞のダンスシーンがとても良かったです。

恋人繋ぎをするラブラブぶりと言い、腕が痛いのを我慢する瓔珞の気遣いや、2人の笑顔、瓔珞の笑い声などすべてがグッド♥

一見すると、いつも陛下が瓔珞に振り回されているように見えるのですが、実は陛下も案外やり手なのです。

今回のダンスでも、本当は踊れるのに踊れないフリをして、最後に瓔珞を驚かせて楽しませる陛下が最高でした。

お互いにお互いの扱い方がよく分かっている素敵なカップルだと改めて感じました。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】感想52話

瓔珞が紫禁城に戻ってきた目的は、純貴妃への復讐(富察皇后の敵討ち)でした。

そのためには陛下の後ろ盾(寵愛)を得る必要がありましたが、復讐を果たした今、瓔珞はどうするつもりなのでしょう。

陛下の寵愛を求めることをやめるのか……?

いっそ紫禁城から去るつもりなのか……?

瓔珞の陛下への態度から推測するに、陛下と過ごすうちに情が深まっていったように見えます。

一方の陛下は、いつも瓔珞には激甘ですが、もしも復讐のために瓔珞に利用されたと知ったらさすがに激怒するのではないかと。

何より、瓔珞の自分への愛が偽りだったと知ったら、陛下はかなりのショックを受けるのではないでしょうか。。

順調な2人の関係も、もう一波乱ありそうです。

*次回53話・54話のネタバレ感想はこちら

公式サイト
©2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved