【F4 Thailand】9話・10話・11話・12話のあらすじとネタバレ感想。タイ版【花より男子】 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【F4 Thailand】9話・10話・11話・12話のあらすじとネタバレ感想。タイ版【花より男子】

アジアドラマ
©神尾葉子/集英社 ©GMMTV ©神尾葉子・Leaf Production/集英社

Writer:kino

解説

タイドラマ【F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS】9話・10話・11話・12話のあらすじとネタバレ感想。タームの婚約者のリターが現れたことで、ゴーヤーの不安は徐々に大きくなっていきました。そんなゴーヤーが出した結論とは……!?

©神尾葉子/集英社 ©GMMTV
©神尾葉子・Leaf Production/集英社

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【F4 Thailand】9話の感想(ネタバレ有)

リターという女性

タームの誕生日パーティー会場で、1人の女性がゴーヤーに激突してきます。

その女性こそが、タームの婚約者のリターでした。

インパクトのある登場をした彼女は、性格もなかなかぶっ飛んでいて、タームの耳をかじるシーンには驚きました。

でも飾り気のない素直な性格ですし、根は悪い子ではなさそうです。

リターはゴーヤーのことを気に入ったのか、このあと何度もゴーヤーの前に現れて友達になろうとします。

上流階級で生きてきたリターは、友人も社会生活もすべて親から与えられてきたために“本当の友達”の作り方は知らないのでしょうね。

そんな彼女が、ゴーヤーと友達になりたいと思ったのも分かる気がします。

2人はどことなく性格が似ているので。

ゴーヤーのほうも、最初はゴリ押ししてくるリターに戸惑っていましたが、いつの間にかリターを好きになっているようでした。

クッキーを自慢するタームが可愛い!

まだ寝ているレンを無理やり起こし、ゴーヤーからもらった手作りクッキーを自慢するタームが可愛かったです。

寝起きで少しボーっとしているレンも可愛いかぎり。

一方、カニンとガウィンは良い雰囲気になりつつあります。

少なくともカニンのほうは、すでにガウィンに惹かれているように見えました。

ガウィンもカニンを気に入っている様子ですが、原作どおりならばこの2人は結ばれないはず……。

2人の可愛らしい空気感が好きなので、タイ版では2人が結ばれる結末もアリかなと期待しています。

ゴーヤーの限界

タームはゴーヤーを抱き寄せて「しばらく会えない。何があっても俺を信じて待っててくれ」と告げます。

いつになくタームが真面目だったのは、どうやらTNグループのボス(パゴーン)の死が関係しているようです。

上流階級のタームにとってはかなり重大なことらしいです。

パゴーンの葬儀には、ゴーヤーとカニンも花屋として赴きました。

そこで一緒に参列するタームとリターを見たゴーヤーは、自分とは別世界だと改めて感じてしまいます。

これまでもきっと、何度も「別世界」だと感じたことはあったのでしょうが、ゴーヤーなりに身分や世界の違いを乗り越えようと頑張ってきたのかもしれません。

でも、実際に“タームとお似合いの人”を目のあたりにしたことで、気おくれする気持ちや不安が一気に押し寄せてしまったのかも……。

ゴーヤーが感傷にふけっていると、レンがやってきて「気がかりなのはタームじゃなくて、リターの気持ちだ」と言います。

レンの予想どおり、リターはタームのことを好きになり始めていました。

リターから直接「タームを愛しはじめているかも」と聞いたゴーヤーは、かなりショックだったでしょうね。

リターならばタームの家柄と釣り合いますし、リターがいい子なのを知っているから なおさら「自分さえ身を引けば……」という考えになってしまう。

そしてとうとうゴーヤーは、タームに「もう疲れた。もう無理なの」と伝えて泣き出してしまいました。

きっと、ゴーヤーの中で少しずつ不安が蓄積されていて、今回のことで爆発したのかもしれません。

でもタームはタームなりに精一杯がんばっているのに、一方的に終わりを告げられて少し可哀想でした。

とはいえ、ゴーヤーも限界なのでしょう。

両想いなのに思うようにいかない2人の恋模様は見ていて胸が痛みます。

ただそんな中でも、ほっこりするシーンもいくつかありました。

たとえば、タームとゴーヤーがラーメンを食べるシーンでは、弟が「韓国風?」と聞くセリフがありましたが、この時のタームの返事が韓国語のようにも聞こえました。

演じるブライトはアドリブも多いそうなので、もしかしたらここもアドリブだったのかも!?

【F4 Thailand】10話の感想(ネタバレ有)

タームとリターの交際

ゴーヤーから一方的に終わりを告げられたタームは、リターとの交際を始めました。

それをリターから聞いたゴーヤーは、「おめでとう」と言いながらも涙が止まりません。

身を引いたとはいえタームのことを忘れたわけではないから、いざ2人が付き合うのはショックなのでしょうね。

一方のタームは、リターと付き合いながらも、以前にゴーヤーからもらった手作りクッキーを大事そうに眺めたりと、明らかに未練アリ!

もしかすると、リターとはビジネス交際なのでしょうか?

リターからすれば、付き合ってくれと言われたから付き合ったのに、タームが心の中では他の女性を想っていたら複雑ですよね。

けれど、リターはそんなタームに怒ったりはせず、努力して何とかタームの心を得ようとかんばっているのが健気でした。

彼女はかなり積極的で、なんと、学校内でキスまでしてしまいました!

たまたま目撃してしまったゴーヤーは大ショック。

そんな彼女の話し相手になってくれたのは、やはりレンでした。

レンは、なにか特別な言葉で慰めるわけではないのだけど、声のトーンや眼差しが優しいので、それだけで十分な慰めになるんですよね。

タレーの接近

これまで たびたびゴーヤーに接近していたタレーという男子生徒が、さらに急接近してきます。

その様子を偶然目にしたレンは、タレーを直感的に怪しんでいるようでした。

確かにタレーは何を考えているか分からない不気味さがありますし、以前にF4を探っているような描写もありました。

ある日。

バイト帰りのゴーヤーとタレーがショッピングモールへ行くと、タームと鉢合わせます。

タームは嫉妬心を丸出しにして「この男は誰だ!」激怒し、ゴーヤーもそんなタームに腹を立てて口論に。

ゴーヤーからしてみれば、タームだってリターと付き合ってるのに、自分だけがこんなに激怒されるのは納得いかないでしょうね。

翌日になると、ゴーヤーのロッカーに赤札が貼られていました。

ゴーヤーは以前よりも酷いイジメを受け、鉄柱に頭をぶつけたせいで気絶してしまいます。

そんな中、ゴーヤーを助けにきてくれたのはレンでした。

いじめた男子生徒を目力だけで黙らせるレンが男前すぎます。

レンはゴーヤーを抱きかかえてその場から連れ出しましたが、背後からタレーの一味に襲われて気を失います。

やはり、タレーは悪いやつでした。

タレーはゴーヤーを拘束した動画をタームに送りつけ、「ゴーヤーを助けたかったらこの場所にこい」とおびき出しました。

おそらくタレーは、はじめからこれが目的でゴーヤーに近づいたのでしょう。

F4の過去の所業を思えば、タレーがF4に恨みを抱くのも分かりますが、だからと言って罪のないゴーヤーを害して良いわけがありません。

F4に復讐するにしても、もっと別のやり方があったのではないでしょうか。

ともあれ、タームはゴーヤーを助けるために、呼び出された現場へと向かいました。

この一件がどのように決着するのか、次回も目の離せない展開になりそうです。

【F4 Thailand】11話の感想(ネタバレ有)

俳優の演技に魅入る!

11話はとても見ごたえのある回でした。

内容というよりも俳優の演技に見入ってしまいました。

ゴーヤーを軟禁してタームをおびき出したタレーの目的は、やはり復讐でした。

かつて、タレーの親友プーパーが赤札のせいで重体となったために、タレーはずっとF4を恨んでいたのです。

ちなみに、プーパーを演じているのは 現在さまざまなBLドラマで活躍中のファーストという俳優さん。

そのせいか、タレーとプーパーの過去のエピソードは、ついついBL風味に見えてしまいました。

実際はそんな関係ではなく純粋な親友だったのかもしれませんが、ともあれ、タレーはプーパーのために復讐を決意し学校に潜入していたのです。

ただゴーヤーも言っていましたが、タレーは心の底では復讐を望んではいなかったのでしょうね。

かといってF4を許すこともできずに、タレー自身も感情をどう処理していいか分からなかったのかもしれません。

タレーは復讐のためにタームを殴り倒していたものの、まったく満足そうには見えず、むしろ苦しそうでした。

殴られているタームも殴りかえすことはせず、相手の怒りや恨みをすべて受け止めていたのが良かったです。

さらにタームは、過去の被害者全員に謝罪することも決意。

1話のときとは比べ物にならないほどの成長を感じました。

それでもタレーはまだ納得できておらず、録画していたタームの自白動画を拡散すると言います。

でも、本気ならばとっくに拡散しているはずで、まだ動画を広めていないということは許したい気持ちもあるのでしょう。

結局最後は、タレーはF4への復讐をやめました。

久しぶりの可愛い2人!

身を挺してタームをかばったゴーヤーはケガをしてしまいました。

病院で目覚めたゴーヤーは、すぐにタームの病室へ。

すると、タームは白布をかぶせられており、F4のメンバーたちも神妙な顔つきに……。

(ウソ泣きが下手なレンが可愛かったです)

タームが死んでしまったと勘違いしたゴーヤーは、伝えていなかった気持ちを吐露します。

「あんたを愛してる」

もちろん、タームは死んでなどいません。

タームは愛の言葉を聞いてひょっこり顔を出し、だまされたことを知ったゴーヤーは腹を立てます。

ケガをしているタームを容赦なく叩くゴーヤーがゴーヤーらしいです。

このところシリアスな展開が続いていましたが、久しぶりに可愛らしい2人が見られて大満足。

ラストシーンもめちゃくちゃ素敵でした。

道明寺らしからぬロマンティックさで、流れ星のネックレスをプレゼントするシーンは最高にときめきました。

これで一件落着ではあるものの、まだリターの件が残っているので次回も目が離せません。

【F4 Thailand】12話の感想(ネタバレ有)

使用人になったゴーヤー

前回に引き続き、今回もタームの胸きゅん告白からのスタート!

“この告白を断れる女子なんていない!”と思いきや、ゴーヤーはリターのことを気にして断ります。

ゴーヤーにとってリターは友達ですしね。

リターと交際中なことをすっかり忘れていたタームは、婚約解消をするつもりだと言いますが果たして簡単にいくのか!?

2人がイチャコラしていると、タイミング悪くリターが入ってきます。

修羅場になりかける中、使用人のユピンが「ゴーヤーがここに居るのはタームの使用人として採用したからだ」と助け舟を出してくれました。

本当に使用人として働くことになったゴーヤーですが、使用人の制服も似合っています。

タームからしたら、好きな子がずっと家にいるなんて嬉しすぎてストーカーしてしまいますよね。

何かとゴーヤーの様子をみにいくタームが可愛かったです。

リターが同居!?

突然、タームの屋敷に乗り込んできたリターは同居するといって荷物まで持ってきました。

リターが手段を選ばなくなったのは、タームが奪われてしまうという焦燥感からかもしれません。

さらに「ゴーヤーを破滅させる」と彼女らしからぬ発言まで……。

リターからすると、友達のゴーヤーに裏切られたという気持ちが大きいのかもしれません。

リターはタームに体を捧げようとしますが受け入れてもらえず、結局自分の家に戻りました。

後日。

リターの両親に会ったタームは婚約解消の話を切り出そうとするも、先に解消したいと言い出したのはリターでした。

リターが自分から言い出したのはきっと、タームから婚約解消を言えば彼の家名が傷つくから。

本当は好きで好きで仕方ないのに、タームのために頑張って自分から婚約解消を言い出したリターには泣かされました。

このドラマには完全な悪人がいない気がします。

最後には、リターとゴーヤーも仲直りができて本当に良かったです。

告白の答えは!?

リターと婚約解消をしたタームは、さっそくゴーヤーに告白の返事を催促します。

ゴーヤーから「OK」をもらったものの、しばらくの間 固まってしまうタームが可愛い!

甘い雰囲気になりそうでならない、2人の独特な雰囲気がかわいくて好きです。

2人の交際にお祝いムードとなる中、1人だけ物憂げだったガウィンが気にかかります。

どうやら、ガウィンは過去の恋愛で何かあったようですね。

チャラ男のように見えて実は心に影がありそうな、そんなガウィンの表情が印象的でした。

*次回、13話~16話(最終回)のネタバレ感想はこちら