「ブリジャートン家」のジョナサン・ベイリーがShowtimeの「Fellow Traveler(原題)」でマット・ボマーの恋人役に決定! | Dramas Note
スポンサーリンク

「ブリジャートン家」のジョナサン・ベイリーがShowtimeの「Fellow Traveler(原題)」でマット・ボマーの恋人役に決定!

TV/News
Photo by Ibsan73|ana50steele Remixed by dramasnote

ブリジャートン家」でブレイクしたジョナサン・ベイリーが、Showtimeの時代シリーズ「Fellow Travelers」でマット・ボマーの秘密の恋人役を演じることになったと米各紙が報じている。

スポンサーリンク

「フェロー・トラベラー」にジョナサン・ベイリーが出演

「Fellow Traveler」は、トーマス・マロンの小説を基にした8エピソードのドラマシリーズで、Showtimeによるとこの作品は壮大なラブストーリーと政治スリラーをベースにした、マッカーシー時代のワシントンで出会った全く異なる2人の男性のロマンスを描くものだという。

ジョナサン・ベイリーは、フォーダム大学を卒業したばかりで政治的・宗教的信念に真摯に取り組み、第二次世界大戦後の未来に楽観的な考えを抱いているティム・ローリン役を演じる。

彼の人生は、トーマス・ボマー演じるカリスマ的なホーク・フラーと出会い、恋に落ちたときに一変する。

ジョセフ・マッカーシーとロイ・コーンが、20世紀アメリカの歴史上最も暗い時代の1つが始まったのと時を同じくしてロマンスを始めるのだ。

ホークとティムは40年以上に渡り、1960年代のベトナム戦争反対運動、1970年代の麻薬に溺れたディスコの快楽主義や1980年代のエイズ危機などを経て、世界と自分の中の障害に直面しながら交錯していく。

ベイリーの「Fellow Traveler/フェロー・トラベラーズ」出演が、「ブリジャートン家」第3シーズンへの参加にどのような影響を及ぼすかは不明だ。

また、「Girls/ガールズ」のアリソン・ウィリアムズが、ホークを10代の頃から知っている米国上院議員の娘ルーシー・スミス役で共演する。

ボマーは、シリーズのクリエイターであるロン・ナイスワーナー(HOMELAND)、ロビー・ロジャース(All American)、ダニエル・ミナハン(アメリカン・クライム・ストーリー)とともにエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。ダニエル・ミナハンは最初の2エピソードを監督する予定とのこと。

制作は2022年7月末にトロントで開始される予定。

この記事は米TV Lineのニュースを抜粋(翻訳)してお伝えしています。