『ファインディング・カーター』シーズン2ネタバレと感想。”誘拐”の理由判明でラストは衝撃展開か!? | Dramas Note

『ファインディング・カーター』シーズン2ネタバレと感想。”誘拐”の理由判明でラストは衝撃展開か!?

海外ドラマ『ファインディング・カーター』シーズン2のネタバレあらすじと感想。

ウィルソン家の一員として馴染んできたカーターが2度目の誘拐に!?

ロリはカーターをどこへ連れ去っていったのか?

そしてその目的とは?

この事件をきっかけに衝撃な事実が次々と判明していくことに……。

スポンサーリンク

『ファインディング・カーター』シーズン2のあらすじ

ロリに誘拐されてしまったカーター。薬を飲ませて眠らされていたカーターは、とあるモーテルで目を覚まします。誰かと電話で話しているロリ。銃を手にしているロリの姿を見てカーターは動揺してしまいます。

一方、エリザベスは必至でカーターを必死で探していましたが、身内ということで捜査から外されてしまいました。娘の安否を心配するエリザベス。さらにロリは、テイラーの誘拐まで計画していたのでした。

そして遂に、ロリが2人を誘拐しようとした理由が判明します。なんとロリはカーターとテイラーの生物学上の実母だったのです。

デヴィットと結婚したエリザベスは不妊に悩んでいました。そこで不妊治療をして2人を授かったのですが、なんと一件にロリが絡んでいたのです。

更に、取り調べが進む中、デビッドとロリの関係も明かされ事態は複雑化していくのでした。

スポンサーリンク

『ファインディング・カーター』シーズン2の見どころ

ロリの立場が変化していく!

カーターが3歳の時に誘拐したロリ。誘拐犯というれっきとした犯罪者のロリですが、今シーズンでは悪者だったり、いい人だったりと立場がどんどん変化していきます。

誘拐犯として警察に追われていたロリですが、カーターをまた誘拐して更に罪を重ねます。そこで、実はロリは2人の生物学上の母親だと発覚!エリザベスの不妊治療の卵子提供者だったのです。

警察に逮捕されたロリは、2人の親権を得ようとなんとも図々しい計画を練っていることが発覚。通常は、後々のトラブルを避けるために誓約書を書くのが一般的ですが結局、裁判にまで持ち込んで争うことになってしまいます。

すっかりウィルソン家に溶け込んで、エリザベスの事を”ママ”と呼ぶようになっていたカーター。そのカーターを操るロリの頭脳作戦が凄かったです。

エリザベスの天敵となっているロリでしたが、彼女とデヴィットとの間に子どもがいるということが発覚しました。じわ~っとウィルソン家サイドに寄っていき、気づくと最後にはロリ=良い人となっていくのが驚きです。

”ザ・ティーンエイジャー”なカーター

『ファインディング・カーター』シーズン1のネタバレと感想。大好きな母が実は誘拐犯だった。ある日を境に少女の人生が一変!
海外ドラマ『ファインディング・カーター』シーズン1のネタバレと感想。 友達のように仲が良く、幸...…

まじめな双子の片割れのテイラーと違い、問題起こしまくりのカーター。

ロリに育てられたことも原因なのでしょうか……?はた目から見ても、本当に手のかかる子どもであることが分かります。

17才といえば、まだまだ未熟ではあるものの、自立していると勘違いしている年頃。アメリカでは、すでに車を運転できる年齢なので大人扱いされることも多いようですが、本作ではいつも自分が正しい!と思って暴走するカーターにイライラが募ることもしばしば。

エリザベスはどちらかといえば厳しめの母親ですが、ロリは彼女と正反対です。カーターは2人の母親を上手く使っていきます。(本人としては”計算してやっている”という感じではありませんが)

学校が合わずに不登校となり、内緒でバーでアルバイトを始めるカーター。(偽造IDを使って)退学したいとエリザベスに言うも大反対されます。

親の許可がなくては退学できないので、カーターはロリに許可をもらい行きます。かと思えば、事件に巻き込まれると刑事であるエリザベスに助けてもらう始末。

自分の都合の良いように親まで操るという……。まさに手に負えないティーンエイジャーという感じのカーターです。

最後には、エリザベスから交際を反対されていた年上のジャレドとトラブルを起こしてしまい、マックスが巻き込まれてしまうという展開になってしまいます。

もうひとりの弟が登場

カーターとテイラーの弟はグラント1人ではありませんでした。

実はロリとデヴィットの間に息子がいることが判明。デヴィットに内緒でベンを出産したロリでしたが、その後精神を病んだ彼女はベンを取り上げられてしまいました。

ベンを失ったことが、カーターを誘拐したきっかけとなっていたのです。

里子として色々家庭を転々として苦労してきたベン。ウィルソン家の尽力によって、ようやく幸せな道へ歩んでいけそうな気配がしてきました。

しかし、シーズン最後で密売人とコッソリ会ってボコボコにされたりと、彼の安否が気になります。

マックスがカーターの巻き添えに……

イケメンで優しい好感度No1のマックスが、今シーズンでもまたカーターの巻き添えになってしまいます。

ジャレドの店で問題が起こっているのではと心配したマックスは、テイラーと会う約束の前に店を訪れました。そこでカーターがジャレドに暴力を振るわれているのを目撃し、反射的にジャレドを瓶で殴りつけてしまいました。

その一撃でジャレドは死亡。

結局は、自分も大嫌いな父親と同じ血が流れているんだ……と落ち込むマックスの姿は見ていて辛かったです。

スポンサーリンク

『ファインディング・カーター』シーズン2を観た感想

色々な事件がてんこ盛りだったシーズン2

シーズン1が好評だったからか、シーズン2は全24話で製作されました。

なので、色々なトラブルがたくさん起こります。

タイトルは『ファインディング・カーター』ですが、カーターがファインディング(発見)された後の話がメインです。

シーズン2では、誘拐されたカーターを見つけるのではなく、カーター自身が自分はどうあるべきか考えて”本当の自分を見つける”という意味での『ファインディング・カーター』だったのかなと思いました。

問題山積みのまま、衝撃展開へ

シーズン2では、マックスが自首して逮捕され、それが正当防衛とジャッジされるのか?

ベンがボコボコにされ路上に放置されてしまったけど生きてる?など、問題が山積みのまま終わりましたが、なんと!今シーズンで打ち切りとなってしまったようです。

『ファインディング・カーター』シーズン3は、もう見つけることはできない You can’t find “FINDING CARTER” anymoreという、なんとも皮肉な終わり方となってしまって残念です。

ただ、打ち切り確定から復活した作品もあるので、可能性がゼロとは限りません。

もしかしたらシーズン3がひょっこり再開?なんてことがあるかも?