PR

【霓裳(げいしょう)】31話・32話・33話のネタバレ感想|第二戦目、開始!

霓裳,ネタバレ,キャスト,あらすじ 華流
ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.

【霓裳(げいしょう)~七色に輝く虹の如く~】31話・32話・33話のあらすじとネタバレ感想。洛王は蘭昭公主に好意を寄せられ困惑しつつも、自分には心に決めた人がいると断ります。そんな中、入札大会の第二戦目が開始しますが……。

「霓裳(げいしょう)」オフィシャルサイト

PR

31話のあらすじネタバレ

ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.

瑞園。

顔文秀は霓裳(謝小霓)の刺繍をもらう代わりに、自分が持っていた玉佩を渡しました。

茶楼。

組合長になった蘇文宇は、商人たちから上納金について袁道成に陳情してほしいと頼まれます。


洛王と従者の小路は高璇の屋敷を見張っていましたが、毒を盛った男(傅三児)は出てきませんでした。

そこで、小路が屋敷に侵入。

小路は傅三児を見つけますが、今は捕らえず泳がせることに。

洛王が屋敷に戻ると蘭昭公主が待ち構えており、彼女主催の武芸大会に連れて行かれます。

武芸大会では劉子瑄が連勝するも、霓裳に気を取られて場外負けに。

劉子瑄と霓裳が話しているのを見た洛王は、嫉妬心から自分も蘭昭公主と親しげにします。

夜。

公主は洛王に「初めて会った時から思いを寄せている」と告白しますが、心に決めた人がいると断られます。


瑞園。

宮市局の玉佩が紛失したとして執事が各部屋を探しに来ました。実はその玉佩は、この前 顔文秀が霓裳に渡したものでした。

しかし、顔文秀を警戒していた霓裳は、自分を陥れるための罠だと見越して先手を打っていたので、何事もなく済みました。

PR

31話の感想

傅三児の顔芸に目がいってしまって内容が全然頭に入ってきませんでしが、面白キャラの彼が登場するとテンションが上がります。

一方の劉子瑄はなかなかの武芸でした。そして、予想どおり蘭昭公主といい関係になりそうな展開。

洛王と霓裳はお互いにやきもち焼きですね。この程度のすれ違いなら、きっとすぐに仲直りするでしょう。

PR

32話のあらすじネタバレ

ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.

蘭昭公主は霓裳が作った衣を気に入ります。しかし、霓裳はこの件で公主に取り入ったとして執事から罰を受けてしまいます。

そこへ、蘭昭公主が助けに現れ霓裳を連れ出しました。劉子瑄と合流し町をまわった後、劉子瑄は公主に頼まれ洛王を狩りに誘い出します。

洛王が狩りに出向くと なぜか劉子瑄は逃げていき、彼を追って辿り着いた先には公主が待ち構えていました。洛王は改めて、自分には心に決めた人がいると公主の告白を断ります。


第一戦を控えた顔文秀は、勝つために蘇家の家宝“鳳凰刺繡外套”を借りに行きました。帰り際に蘇文宇と遭遇し、いつものように口論になります。

第1戦が開催され、顔文秀は“鳳凰刺繡外套”を披露。

公主の目利き役である謝楓は、鳳凰に魂が宿っていないので模倣品だろうと評しますが、顔文秀は何とか第1戦を突破しました。

一方の霓裳は、蚊よけの香料が入った腰帯などを披露し見事に第一戦を通過します。

第1戦が終わった後、蘭昭公主は洛王に「霓裳の時だけ口添えをしたけど どういう関係なの」と問いました。洛王は想い人だと答えます。

意気消沈して帰ってきた蘭昭公主が一人で飲んでいると、劉子瑄がやってきて報われない者同士で語らいます。

その頃、香草堂に戻ってきた霓裳は第一戦の通過をみんなと喜んでいました。そこへ洛王が訪ねてきます。

しかし、洛王と公主が親しくしていた件でいまだに嫉妬している霓裳は逃げてしまい……。

PR

32話の感想

玉卿は枕の件を霓裳に見逃してもらった立場なのに、改心するどころか隙あらば霓裳を貶めようとするとは……。逆に小橘は、すっかり霓裳の人柄を認めているようで味方になってくれて良かったです。

蘭昭公主は洛王に対して押しが強いけれど、人を陥れたりするような悪人ではないので、別の誰かと幸せになってほしいと素直に思えます。

今回、顔文秀が来ていたピンクの外套が似合っていました。彼女は悪女ではありますが、容姿は美しいので煌びやかな衣装だと映えますね。

PR

33話のあらすじネタバレ

ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.

洛王は非を認め、霓裳を後ろから抱きしめ仲直りします。そんな2人の様子を、謝楓はこっそり見守っていました。

第2戦目の一次審査が始まり、霓裳、顔文秀、柔児、趙氏の4名が通過しました。

次の審査では、五品夫人の平服を作成することに。

使う生地は、宮市局から下賜されるものでなくてはなりません。

顔文秀は競争相手の柔児を排除するべく倉庫へ忍び込み、彼女の生地を燃やしました。

ところが、倉庫を出た瞬間に見つかり袁道成の前に突き出されます。

軽くても杖刑50回、重ければ打ち首だと言われ怯えた顔文秀は、罰を免れるため袁道成の要求に従い体を捧げました。

その結果、顔文秀は罪に問われず、柔児の生地は焼け焦げたままに……。

霓裳は柔児を助けるため、下賜品に似せた生地を作ってあげます。

そんな中、第2戦目の二次審査が始まりました。

4名それぞれが平服を披露し、霓裳と柔児が称賛されます。

すると、顔文秀は「柔児が使った生地は下賜品ではない」と指摘。

霓裳は自分が生地を染めてあげたのだと柔児をかばいます。

袁道成は下賜品を使わなかった柔児を追放させ、かばった霓裳のことも追放しようとしますが、蘭昭公主のフォローにより霓裳は次の審査に進めることになりました。

結果的に、柔児以外の3名が2次審査を通過しました。

PR

33話の感想

残り7話となりましたが、果たして霓裳は家族の汚名を晴らせるのか!? もしかすると、高璇の甥である傅三児が重要な証人になるのかもしれません。

一方の顔文秀は袁道成に身を捧げるハメになり、いよいよ泥沼に片足を突っ込んだ感じでしょうか。いつもの彼女の思考パターンからすると、これも霓裳のせいだと逆恨みしそう。

ある意味では袁道成を後ろ盾にできたとも言えますが、袁道成の性格からして、少しでも自分に被害が及びそうであればバッサリ顔文秀を切り捨てる気がします。

ⓒYouku Information Technology(Beijing) Co., Ltd.

本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。