『グッドワイフ』最終話(10話)見どころと感想。最後に”グッドワイフ”が選んだ道は? | Dramas Note

『グッドワイフ』最終話(10話)見どころと感想。最後に”グッドワイフ”が選んだ道は?

検察に復帰した壮一郎は、多田の裁判履歴を調べ賄賂容疑で逮捕に踏み切ります。多田への嫉妬に狂った壮一郎と、多田を守る杏子の対決が始まる!? “グッドワイフ(良妻)”だった杏子の最終選択は果たして……!? それでは、『グッドワイフ』最終話(第10話)の見どころと感想をお伝えします。

ドラマ『グッドワイフ』

スポンサーリンク

『グッドワイフ』最終話(10話)”最後の審判”のあらすじ

壮一郎が直々に指揮をとった調査によって、多田が賄賂容疑で逮捕されました。

杏子と多田の関係に嫉妬して多田を攻撃しているのではないかと神山に怪しまれた杏子は、壮一郎と直接会って壮一郎を責めます。しかし、「もう君には関係ない」と壮一郎は言い放ちました。それに対し、「多田くんの疑いは必ず私が晴らす」と言い返す杏子。

事務所の存続もかかっている多田の裁判に事務所が一丸となって戦うことになりました。

検察の動きを探る円香は、朝飛と会って話を聞きだそうとするも、「すぐにわかりますよ」と意味深な言葉を残すだけでした。

いよいよ裁判が始まると、多田にとって不利な証拠が脇坂によって次々と明るみにされていきます。更に、検察側の隠し玉として登場した証人に杏子たちは頭を抱えるのでした。

追い込まれていく多田。亀裂が深まっていく杏子と壮一郎。

そして、壮一郎の本当の目的が分かった時、杏子が選んだ未来とは……!?

スポンサーリンク

『グッドワイフ』最終話(10話)の見どころ

多田は、壮一郎の目的に気付いていたのか?

多田は、なぜ自分に疑いがかけられたのか、冷静に考え直していました。

保釈されてすぐに開いた会議で一審で多田が弁護した殺人事件でしたが、実は二審の有罪判決が怪しいのではないかといいます。癒着をしていたのは二審の裁判官と検察ではないかと疑っていたのです。

それが壮一郎の本当の狙いだったことが最後に判明するのですが、最初の方で多田がしていたこの話が伏線となっていたのだと後で気付きました。

多田は憶測で話していますが、やはり弁護士としての潜在的な勘は冴えている!と思えるシーンでした。

多田は白か?黒か?

『グッドワイフ』9話の見どころと感想。真の裏切り者はアノ人物!杏子に待ち受ける新たな試練とは?
第8話では、裏切り者の正体がギリギリ判明しませんでしたが、今回ようやく判明します。そして、その裏切り...…

お金なんて渡していないと言い張る多田ですが、神山と杏子は少し疑っている様子。でも同僚として本人が否定しているのだから、それ以上は突っ込めないといった感じでモヤモヤした空気が漂います。しかし、そこに杏子が切り込んでいきました。

「証言をお金で買ったっていう話は?」という杏子の質問に、「昔、そういう手を使ったこともある」と答える多田。

様々な理由で、「法的には罪じゃなくても弁護士の職業倫理としてはアウト!」と激怒する神山。

多田の事を、完全に信じられないと正直に打ち明けた杏子は、多田を信じるためにも深く調べることにしました。そして、多田が隠していた秘密が明らかになります。

多田の過去の悪事がバレて、多田が良い人なのか悪い人なのか途中で分からなくなっていきますが、大丈夫です!多田は良い人でした。

しかし、過去におこなったグレーゾーンに値するお金の受け渡しについては、全てが解決した後にちゃんと反省する多田。きっと今後は、更にクリーンな弁護士になることでしょう。

壮一郎の本当の目的とは?

多田にただならぬ嫉妬心を燃やす(ように見せかけていた?)壮一郎でしたが、実は本当の目的は全然違う所にありました!

「俺のジャマはさせない」という壮一郎と「あなたの思い通りにはさせない」といい返す杏子。火花バチバチの二人でしたが、壮一郎の方が一枚上手でした。

壮一郎は、多田の贈収賄の容疑の裁判を隠れ蓑として、実は検察内部の不正を暴くことが目的だったのです。

亡き佐々木の思いを継ぎ、次長検事・御手洗と裁判官の癒着を暴いた壮一郎。更に、多田へもグレーなやり方への警告、杏子には夫としての信頼も回復することに成功したのです。アッパレ壮一郎!

スポンサーリンク

杏子の選んだ未来は?

壮一郎の見事な策略をみて、思わず笑みを浮かべてしまう杏子。壮一郎には勝てないと思ったのでしょう。

しかし、夫婦としては対等な立場にあります。杏子は、夫と円香の一度だけの過ちにとらわれて生きる人生より、潔く”良い妻をやめる”ことを選びました。

アメリカの原作では、二人は最後まで離婚という道には進まなかったので、本作も、タイトルの”グッドワイフ”を貫くのかなぁと予想していましたが、意外にも別の道を歩むことにした二人。

別れずに、家族仲よく歩んでいってもらいたいと願う気持ちもありました。ですが、ラストの蓮見家でご飯を食べているシーンは、別れたあとも夫婦・親子という関係性は変わることがないことを示してくれました。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』最終話(10話)の感想

壮一郎が貫いた検事としての正義、杏子が自分自身で選ぶ未来。

最終話のタイトル”最後の審判”にピッタリなストーリーでした。

グッドワイフである杏子が主役のドラマでしたが、壮一郎が検事として正義を貫き悪を退治するという所も、見どころの一つだと思います。

2人が笑顔で離婚届の封筒にお互いの指輪を入れるシーンは少し切なくなりましたが、それぞれの関係が全て丸く収まる結果となりました。

全編を通して、展開も素晴らしく見ごたえのあるドラマでしたね。