『初めて恋をした日に読む話』5話ネタバレ。中村倫也のお姫様抱っこに大興奮!ヤバかっこ良すぎてシビれる! | Dramas Note

『初めて恋をした日に読む話』5話ネタバレ。中村倫也のお姫様抱っこに大興奮!ヤバかっこ良すぎてシビれる!

『初めて恋をした日に読む話』5話では、恋愛に鈍感な主人公・順子を取り巻く恋模様が急ピッチで進んできました。

しかも、中村倫也のお姫様抱っこに視聴者大興奮!

順子が”恋”に目覚めることができた?と思いきや、彼女の頭の中がお花畑なる気配はなかった……

それでは『はじこい』5話の見どころと考察をお届けします。

スポンサーリンク

『初めて恋をした日に読む話』5話あらすじ

ある日の朝、順子の部屋で目覚めた山下……。しかし、なぜか毛布にくるまれガムテープでグルグル巻きにされていました。

前日、順子と一緒に酒を飲み酔った彼女を送り届けて、そのまま彼女の部屋で一晩過ごしてしまっています。

そうして山下は行きついてしまったのです……ひとつしかない答えに。

【回想】山下は、何かといえばすぐ離婚という妻の気持ちを読み取ることができず、引き出しには妻からの離婚届けが大量に保管されていました。

そして今回、ついに結婚生活に終止符を打ったのです。

【現在】

順子は、何か大きな勘違いをしていたようで(山下が死んでいると思ってる?)山下を毛布にくるみ、ガムテープでグルグル。これをどうにかしないと、と必死で隠そうとしていました。(これが死体なら、その時点で犯罪だろうとツッコミたくなる)

そんななか山下は「近い将来好きな女に簀巻きにされる、でもそんな時俺は結構元気だ」そんなことを思いながら幸せそうに笑っていたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』見どころと感想

深キョンの”今でしょ”が超キュート!

順子が美和たちと、いつものお好み焼き屋で”コイバナ”で盛り上がっていた頃、雅志は順子と匡平に移されたインフルエンザで寝込んでいました。

雅志がインフルエンザにかかったのは、自分と匡平が合宿中に隔離されていた部屋で、自分も一緒に寝ると言ったのが理由。

匡平が順子の手を握っていたのを見て、「ヤバイ取られる!」と思ったのでしょうね。そんな話をしていましたが、順子はそれを「男も30過ぎると父性愛がでるのかも」と大きな勘違い。

しかも、匡平からの”急接近”を美和との罰ゲームだと思い込み、生徒から全幅の信頼を寄せられていると思っている順子。

また、自分は意外と塾講師に向いてるかもしれない、キャラ立てたら案外イケるかもと意気揚々と語ったシーンで「いつやるの、今でしょ!」を連発。

3カットで捉えた深キョンがめちゃめちゃキュートでした!このシーンは今回のおすすめシーンのひとつですね。

山下急接近!お姫様抱っこに大興奮!

山下は離婚を機に順子に大接近!既婚者ではあったものの、順子と再会したときには既に破たん寸前だったということでしょうね。

妻は「約束を破ったら離婚」を連発していましたが、その理由はいったい何なのか?嫉妬と解釈するならば、離婚に応じることはなかったでしょうし、山下も”何もしていない”って話してましたし。

妻は、山下が自分に無関心だと感じ、山下が彼女の気持ちを”分かろうとしなかった”ことが原因かもしれませんね。

家庭というのはそれぞれの在り方があり、他人にはわからないことばかりですが、順子との再会で”笑っている自分に気が付いた”ことが、一歩前進するきっかけになったことは間違いないでしょう。

今回は、酔った順子を自宅まで送る届けたのですが、ヨロヨロして歩けない順子を山下が、な、なんとお姫様抱っこ!!

これは視聴者が大興奮した超目玉シーンでした。「しょうがねぇな」とさりげなく抱えてしまう山下……。思わぬ胸きゅんきゅん♡シーンに、私もお姫様抱っこしてほしい!と思った女性も多かったことでしょう。

これは、久々のメガヒット!大当たりでしたね。

ついに3人のバトルに発展!順子の心を射止めるのは誰だ?

順子への恋心が再熱した山下も加わると、雅志vs匡平vs山下ということになりますね。恋愛経験のない順子が、3人の心をどうやって解釈していくのか……。

恋愛感情として捉えるのは、やはり山下でしょう。

・雅志はあまりにも近しい存在で、親類関係でもある。

・匡平は年齢差もあり、何といっても教え子あので彼女は”師弟愛”と感じている。

・山下は過去に告白してくれた唯一の人。

恋愛奥手の雅志以外の2人はグイグイくるので、前に出なければ雅志は敗北してしまうかも!?ただ恋のライバルと言っても、3人は互いを蹴落とそうとしないのがいいですね。

自分のなりのやり方で思いを伝える。ただそれを順子は全く気が付かないというだけ。結果としては、順子は誰も選ばないのかな?と思う時もあります。

それは彼女にとって、3人とも失いたくない”大切な人”だから……。

山下の直球告白がやばっ!!でも……

ラストシーンで、山下が「パイ」の話から順子に直球告白!左の頬に手を当てて、今にもキスしそうな雰囲気でした。

こんなに真っすぐ言われたら、”普通の女性”ならキュンキュンして当然ですが、順子は超鈍感女子なので、山下の気持ちに気づくのか?

そんなところへ、タイミングよく匡平がチャリでやってきて、2人のシーンを見てしまいました。朝方に、しかも前日と同じ服装の2人を見たら、そりゃあ勘違いしてしまいますよね。

驚きの形相で立ち去る匡平を追いかける順子。彼女の腕を引いて”追いかけてなんて言うつもりだ”という山下。

山下は、匡平の気持ちがわかるからこそ、今の彼に何を言っても逆効果だと思っているのでしょう。そんな時が自分にもあった……と。また山下は、そんな匡平の若さゆえの真っすぐな思いも羨ましいとも思ったはず。

ただ共通して言えるのは、匡平も雅志も山下も、順子といると”笑顔になれる”ということ。今後の展開が非常に楽しみなドラマですね。

スポンサーリンク

まとめ

匡平に雅志、山下それぞれが積極的に順子に急接近し、胸キュンシーンも増えてきました。

未だ出遅れている雅志にもエールを送りつつ、今後の行方を見守っていきたいですね。

順子の思う”師弟愛”が、もしかしたらいつか恋に変わるかも?