『白衣の戦士!』最終話のネタバレあらすじと感想。はるかと夏美の恋は大満足のハッピーエンド! | Dramas Note

『白衣の戦士!』最終話のネタバレあらすじと感想。はるかと夏美の恋は大満足のハッピーエンド!

ドラマ『白衣の戦士!』最終話(10話)のネタバレあらすじと感想。

光から告白され、付き合うことになったはるか、本城を誘って一晩共にした夏美は、それぞれ幸せへの道をまっしぐらに進んでいます。

ハッピーエンドを迎えようとする2人でしたが、最後のドラブルが舞い込んできそうです…。

ドラマ『白衣の戦士!』

スポンサーリンク

『白衣の戦士!』最終話のあらすじ

光とめでたく付き合うことになったはるか。あまりの幸せに夢かも!? と心配するはるかでしたが、光からのメールに現実だと実感し天にも昇る気持ちです。

夏美もまた本城を自宅に誘い一夜を共にし、2人の関係も順調に進展していました。ラブラブで朝食をとっていた夏美と本城でしたが、突然夏美の母・幸江が訪ねてきます。

フラダンスの発表会のために上京してきた幸江は、夕食を3人で一緒にとろうと一方的に約束してあわただしく去っていきました。

思いがけない初対面となった幸江と本城でしたが、仕事終わりに3人は食事に行きます。そこで、本城がバツイチで子持ちだということを知った幸江は2人の結婚に難色を示すのでした。

一方で、院長の紹介で入院してきた都議会議員・五十嵐を担当することになったはるかと夏美。事務長から五十嵐の扱いについて重々注意されていたにもかからわず、はるかが五十嵐を怒らせてしまう事態となり、病院を追われるかもしれない状況に陥ってしまいます…。

スポンサーリンク

『白衣の戦士!』の見どころ

夏美に訪れたミニ窮地

本城との関係が順調に進でいる夏美ですが、母親登場により事態が変わってきます。

幸江は最初に本城の事を結婚相談所で知り合った里中だと勘違いしていい人と出会えてよかったと大喜びです。

しかしその勘違いを夏美が訂正。そして今度は本城が夏美と同じ病院で働いている人だと聞いて「お医者さま~!?」と興奮します。

しかし、それも幸江の早とちり。本城が医者でなく看護師であること、年齢が48歳で夏美よりずいぶん年上なこと、更にバツイチで子どももいると聞いて、幸江のテンションはダダ下がり。2人が付き合うことに大反対しました。

この母親登場で2人の結婚に暗雲が!? と思いましたが、たまたま同じ店に居合わせたはるかが会話を聞いていて、幸江に対して猛反論しました。

夏美の人柄や、夏美が1番好きな人と結婚して幸せになってほしいと訴えたはるか。このはるかの言葉に、幸江は自分も昔夫と結婚する時に大反対されたことを思い出しました。

そして自分も娘に対して同じようなことをしていたと気づいた幸江は、気持ちを切り替え、快く2人を受け入れることにしたのでした。

母親の反対が大きく引きずっていくのかと思いましたが、意外とあっさりと解決しました。

しかし、この母親の言葉に夏美は本城は結婚するうえで理想の条件ではないと気づいたようです。そして、それを素直に伝えたので本城は動揺してしまいます。

でもこれも本城に対する一瞬のミニ窮地でした。夏美は続けて「でも、そんなの関係ないくらいしっくり来ちゃったんですよね」と、本城にプロポーズしました。

本城からのプロポーズを待たずに自分の気持ちを一気に伝えたところが夏美らしいです。

はるかに訪れるミニ窮地

ドラマ『白衣の戦士』全話エピソード一覧。笑いと涙とトラブル続きのナースのお仕事物語。
ドラマ『白衣の戦士』全話エピソード一覧。中条あやみ&水川あさみがW主演の医療ドラマです。 元ヤ...…

光と付き合い始め、仕事にもますます張り合いがでているはるかでしたが、担当した五十嵐の体を心配するあまり、いつものちょっと強引な対処法により、五十嵐を激怒させてしまいました。

糖尿病なのに甘いものを食べたがったり、牛乳アレルギーなのにシュークリームをこっそり食べようとしたり…と、悪いのは完全に五十嵐です。

はるかは、五十嵐の愛娘・みおの学芸会に五十嵐を行かせてあげたい!という気持ちが強いあまりに、シュークリームを強制的に取り上げようとして、食堂で大騒ぎを起こしてしまいました。それを運悪く事務長に見られてしまったはるかは、クビの危機に…。

本城と夏美が院長に必死に掛け合っている中、はるかにもうひとつの窮地が訪れていました。出勤中、心肺停止状態の男性をみかけ、光と共に救助にあたっていたのです。

五十嵐がアレルギーを起こすのを防いだり、男性の命を救ったりと、処分を受けるよりも表彰されるくらい、はるかは大活躍です。

結局、外出中に生クリームを食べてしまった五十嵐はアナフィラキシーショックを起こして救急搬送。一命をとりとめた五十嵐は自分のアレルギーの酷さをようやく認識し、はるかに取った態度を反省するのでした。

「本当にすまなかった。」と謝る五十嵐に対し、「いいんですよ。私も言い過ぎちゃいましたから…。」と許すはるか。

しんみりした空気になっていましたが、はるかが、「みおちゃんのお姫さま、可愛かったですか?いいな~ 私も見に行きたかったな~。」と一気に場を和やかな空気に変えました。

嫌なことをされたりした後も、後を引かずに気持ちを切り替えることができるところがはるかの良いところだと全シーズンを通して感じます。

スポンサーリンク

『白衣の戦士!』最終話の感想

毎回ハッピーエンドな終わり方が、見終わると元気をもらえていたドラマでした。

はるかと光、夏美と本城も期待通りハッピーエンドで終わることができ、大満足な最終回となりました。

毎日命と向き合い戦っている看護師。

だから看護師は”白衣の天使”ではなく、”白衣の戦士”なのだ、という〆の言葉もよかったです。