海外ドラマ『ハートランド物語』シーズン2のネタバレあらすじと解説。許す心と切れない絆、エイミーが本当に愛する人とは……? | Dramas Note

海外ドラマ『ハートランド物語』シーズン2のネタバレあらすじと感想。許す心と切れない絆。エイミーが本当に愛する人とは……?

ハートランド物語1(出典:Amazon)
海外ドラマ『ハートランド物語』は、主人公エイミーが馬の治療をしながら、家族や恋人との関係に悩み葛藤しながら成長していく青春ドラマです。

シーズン1では、母マリオンが遺した心に傷を負った馬が訪れるハートランド牧場を、エイミーが引き継ぐことになりました。

保護観察として牧場に訪れたタイと恋仲にありながらも、父親の手紙を読んで出て行ってしまったタイ……。

その2人の恋の行方を始め、シーズン2の全貌を紹介します!

『ハートランド物語』シーズン2ネタバレ

スポンサーリンク

『ハートランド物語』の作品情報

作品概要

【製作国】

カナダ

【原作】

ローレン・ブルック著『ハートランド物語』

【製作】

セブン・24フィルムス

登場人物詳細

・エイミー

馬と会話ができる少女。

母親の才能を継いでいて、ハートランドで傷ついた馬の治療をしています。

タイのことが好きですが、うまく気持ちを伝えられません。

・ルー

エイミーの年の離れた姉。

NYでの生活を捨て、新しく“観光牧場”を設立しました。

・ジャック

エイミーとルーの祖父。

頑固で強がりですが、孫には甘い性格。

・タイ

家族同然の居候。

過去に義理の父親を殺そうとし、少年院に入っていました。

保護観察が解けて実父の元へ行くがトラブルに遭い、ジャックが再びハートランドに連れ戻します。

・ティム

10年ぶりに娘の前に現れたエイミーとルーの父親。

一流のロデオ選手でしたが、今は引退してルーと共に“観光牧場”を設立します。

・ケイレブ

タイが不在の間にジャックが雇った使用人。

ロデオ選手であり、ティムに憧れています。

・キット

エイミーの高校の同級生。

タイのことが気になっています。

・ピーター

石油会社ビッグ・アルバータ・オイルの地質調査団の役員。

土地の調査問題を巡りルーとは嫌煙の仲のはずなのですが……?

・マロリー

近所に住むおしゃべりな女の子。

馬が大好きで度々ハートランドに遊びに来ます。

・スコット

獣医。

帰郷したルーに恋心を伝え、今では恋人同士です。

・リサ

バツイチの超実業家。

ジャックと付き合っています。

・アシュリー

エイミーの同級生。

母親からの干渉に逃げたがっています。

・バル

アシュリーの母親。

高級乗馬クラブを営んでいて、ジャックに好意を持っています。

・ソラヤ

エイミーの親友。

母親は町で唯一の飲食店を経営していて、よく店を手伝っています。

・ビクター

山奥に住む馬の治療師。

エイミーの母マリオンと昔深い関係にあったようで……?

スポンサーリンク

『ハートランド物語』シーズン2のあらすじ

馬と会話ができる少女エイミーは、亡くなったの後を継ぎ、ハートランド牧場で傷ついた馬の治療をしています。

保護観察として1年前にやってきたタイに好意を抱いていたエイミーでしたが、タイはエイミーに事情を話さないまま出て行ってしまいました。

ルーはエイミーの14歳の誕生日に、サプライズパーティーを計画します。

みんながパーティーを楽しんでる中、1本の電話が……。

ジャックはすぐさまトラックに乗り何処かへ急ぎます。

実父の元へ行ったタイでが、父親の借金の問題で袋叩きに遭っていたのです。

なんとか命拾いし、ジャックにハートランドへ連れ戻されたタイ。

しかし、エイミーは黙って出て行ったタイのことを許せないでいます。

タイが不在の間に、ジャックは新しい手伝い手としてケイレブを雇っていました。

次第に三角関係となる3人……。

果たして、エイミーが愛するのはどちらなのでしょうか?

そして、ルーとティムが新しく始めた“観光牧場”にもトラブル続出するのです。

スポンサーリンク

『ハートランド物語』シーズン2の見所

傷ついた野生馬

タイの旅立ちから4ヶ月が経ち、エイミーは少しずつ今の生活に慣れようとしていました。

エイミーは山中で、過去にタイと救ったことのある野生馬のムスタングを見つけて保護します。

傷だらけのムスタングを手なずけようとするエイミーでしたが拒まれてしまいます。

そんな中、タイがジャックに連れられて帰ってきました。

タイは真夜中に外にいるムスタングの元へ行き、近くに寄ります。

ムスタングは、エイミーがどんなに手なずけようとしても心を開かなかったものの、何故かタイには心を許し、大人しくただただお互いを見つめていたのです。

当時のタイとムスタングは、同じような境遇に立たされていたため、お互いに通じ合うものがありました。

エイミーは、意地になってムスタングを自分の手で調教しようとしますが、タイはエイミーの危険を思いこっそり自然に逃がします。

怒ったエイミーは再びムスタングを保護しようとしますが、ジャックは言いました。

「タイとムスタングの件は別だ。」

「自由にしてやれ、そうせんと誰のためにもならん。」と。

野生馬を助けることが自分の使命と感じていたエイミーでしたが、野生馬にとって人間の手で育たられることよりも、仲間と自然の中で暮らすことが一番なのです。

タイがいなくなった4ヶ月もの空白の時間。

エイミーにとって、電話1本もくれず安否も不明だったタイを許すことは容易ではありませんでした。

しかし、だからと言ってタイを苦しめ続けることは違う……。

エイミーは、少しずつ許す心を持ち始めたのでした。

タイに付き纏う父親の影

海外ドラマ『ハートランド物語』シーズン1ネタバレあらすじと感想。馬と人とのかけがえのない出会い、そして別れ……。
海外ドラマ『ハートランド物語』は、主人公エイミーを中心に人と馬との絆を描いた青春だドラマです。亡くなった母親の後を継…

いなくなった理由を話したタイ。

エイミーはタイの境遇に同情し、彼を支えることを決意します。

その矢先、タイの実父が極度の暑さで脱水症状を起こした馬を連れてハートランドへやってきましたが、タイは父親と距離を置こうとしました。

しかし、父親はタイを本当に愛してることを伝え、いつか一緒にグランドキャニオンへ行くことを約束します。

ところがその後、タイの実父はハートランドのお金を持ち、真夜中にいなくなったのです。

エイミーはタイを励まそうとしますが、タイは拒みます。

「親父の血だ。」

タイは、自分が父親に似ていることを恥じ、エイミーを幸せにできる自信がないからと彼女と離れる道を選んだのです。

ルーの恋の行方

ルーと父親のティムは、家の離れに自然や馬と触れ合いながら宿泊できる施設、“観光牧場”を始めました。

ルーは毎日観光牧場の経営で大忙し。

その日は、スコットと2人きりで過ごす予定でしたが、宿泊の日を1週間まちがえたお客のせいで予定はメチャクチャに……。

お互いに時間やきもちのズレを感じたスコットは、ルーに別れを切り出します。

スコットと結婚をしたいと考えていたルーは、しばらくショックから立ち直れません。

その様子に見かねたリサは、知り合いで彼女を探している男性にルーのアドレスを勝手に送ってしまいました。

ルーは、プライベートに口を出したリサを幻滅しますが、彼とのチャットは思ったより順調で……。

そんなある日、石油会社が無断で土地調査を始めました。

怒ったルーは抗議するために集会を開き、役員のピーターという男性を黙らせることに成功。

その夜、チャットの相手と会う覚悟を決めたルーがマギーの店に行くと、そこには石油会社役員のピーターがいました。

実は、彼こそがチャットの相手だったのです。

家族の手前、ルーは因縁相手であるピーターと付き合う気は全くありませんでしたが、猛アピールをかけてくるピーターに次第に惹かれてゆきます。

家族に彼氏として紹介してほしいというピーターですが、ルーは石油会社を嫌う家族に本当のことを話すことができず、観光牧場などを使って人目のつかない場所でのデートを繰り返したのです。

エイミーとケイレブとアシュリーの三角関係

エイミーと心が離れてしまったタイは、キットと良い感じに……。

複雑な気持ちで見守るエイミーでしたが、これをチャンスと思ったケイレブは厩舎でエイミーにキスをします。

エイミーは、突然のことに戸惑いを隠せなかったものの、ケイレブの誠実さに次第に惹かれていきました。

その一方アシュリーは、大好きな愛馬アポロを母親のバルが勝手に馬肉処理場に出したこと許せず家出します。

最初はエイミーの家に泊まらせてもらっていましたが、ずっとそうしている訳にもいかず困っていると、ケイレブが自分のトレーラーに泊まるよう勧めてきました。

もちろん、エイミーには内緒で……。

一緒にいるときも頻繁にアシュリーと電話をするケイレブを不快に思っていたエイミーでしたが、ある日ケイレブのトレーラーに行くとアシュリーの下着が……。

傷ついたエイミーは、ケイレブと別れることを決断します。

アシュリーは、トレーラーでケイレブと暮らしていましたが、母親のバルは良く思いません。

お金持ちで世間体を気にするバルは、ロデオの賞金だけで生活をする貧乏人のケイレブを娘から引き離そうと、賄賂としてお金を渡します。

ケイレブは最初は断りましたが、ロデオのツアーに参加するための頭金が必要……。

ティムのような一流のロデオ選手になるという夢を諦めきれなかったケイレブは、アシュリーにお金のことを黙ったまま、トレーラーを出るのでした。

母の言葉

エイミーは、タイと協力して何者かに盗まれた障害馬のスパルタンを取り戻します。

しかし、その日以来スパルタンの調子がおかしくなりました。

母の日記からヒントがないか探していると、ビクター・ホワイトテールという人物についてこんな記載がありました。

“ビクターは奇跡を起こす人。自分を見失い先が見えなかった時、真実を示してくれた。”

この母の言葉から、ビクターという人物にスパルタンを治してもらいに行くことにします。

しかし、ビクターがスパルタンに行ったのは調教ではなく、ゴルフ散歩だけ……。

治療プランを聞いても答えてくれませんでした。

エイミーはビクターに、母と友達以上の関係だったのか聞きます。

ビクター曰く、野生馬の集会であった2人は恋人同士であった時期もあるようです。

次の日、ビクターはエイミーを“聖なる輪”と呼ばれる場所に連れて行きました。

“人間の感情・物理的な肉体・思考・精神”

その4つのバランスを保てれば、人とも馬とも通じ合うことができるとビクターは言います。

ティムとの離婚後、道に迷ってビクターの元を訪れていたマリオン。

いくつもの困難を乗り越え、勇敢に行きた母の魂は今でもエイミーの心の中にありました。

エイミーは孤独を感じていましたが、実はいつも母と一緒にいたのです。

改めて母の偉大さを知ったエイミーは、スパルタンを障害馬に戻しタイと真剣に向き合う道を選んだのでした。

スポンサーリンク

『ハートランド物語』シーズン2の感想

エイミーがより一層強くなったシーズンでした。

母の死を受け止め明るく振舞っていましたが、実は心の奥底ではまだ悲しみを感じていたのです。

タイが出て行ったことは、そんなエイミーに追い打ちをかける形となりました。

ケイレブにも嘘をつかれタイはキットと付き合い、大切な人がどんどん離れていくことにエイミーの心は崩壊寸前だったのです。

強く見えても所詮は14歳……。

1人で全て請け負うには荷が重すぎます。

最終回でタイとお互いの気持ちを確かめ合い、遠回りしながらも分かり合えた2人。

エイミーのハートランドでの生活はまだまだ続きます。

エイミーには、心から幸せになってもらいたいと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました