『家売るオンナの逆襲』7話ネタバレ感想。キャリアウーマンVSワーキングマザー、万智と留守堂がまた対立!? | Dramas Note

『家売るオンナの逆襲』7話ネタバレ感想。キャリアウーマンVSワーキングマザー、万智と留守堂がまた対立!?

今回は、キャリアウーマンVSワーキングマザー。

二人のママは、家探しを万智と留守堂それぞれに依頼。

前回はタッグを組んで家を売ることに成功した万智と留守堂でしたが、今回はまた対立関係になりそうです。

『家売るオンナの逆襲』第7話のネタバレ感想をお伝えします。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第7話のあらすじ

今回のテーマは”働く女性”

輝く女性の活躍の場を広げるために始めた”ウーマンプロジェクト”に万智が参加することになりました。他にこのプロジェクトに選ばれたメンバーは、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子)とワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)。

雑用係の庭野を含め、4人で開いた会議ですが、意見の食い違いでさっそく暗雲立ち込めるモードに。しかも、サキはこれからという時に、時短勤務で息子のお迎えがあるからと、とっとと帰っていってしまいました。

サキは会議では、なにかとママ目線で物件にケチつける始末。

「子育てしている人だけが人類じゃない」という雅美。(全くその通り!)しかも、「人の意見を否定するなら自分の意見も出してもらわないと」というと、そそくさと帰っていくサキ。

ワーキングマザーの自分が一番忙しいとでも思ってるのか!と文句を言う雅美でしたが、子どもがいる女を悪く言うとこっちが悪者にされるし……とストレス溜まりまくりの雅美でした。

絶不調の足立

ドラマ『家売るオンナの逆襲』6話ネタバレと視聴率。サンチーが留守堂と手を組む!7話8話のゲストも決定!
小学校の同級生だった留守堂から告白された万智。 それを盗み見していた屋代は衝撃を受けます。 ...…

留守堂に片思い中の足立。留守堂が万智の事を想っていることでテンションが上がりません。

お得意のトークで家を売るはずが、自らの失言によって顧客を逃がしてしまったりと仕事にも影響が出てしまいます。

そんな状態の足立は、留守堂にまた万智の弱み情報を話してしまい、留守堂はそれを利用することに……。

ワーキングウーマンのサンチーに不満な屋代は?

庭野と一緒にボウリングに行く万智に、不満を募らせる屋代。

ちちんぷいで不満を解消します。そこへ、白洲に連れられた三郷もやってきて……。

家に帰ってこない日が多い万智に不満を募らせていた屋代は、三郷の誘いに乗り、食事に出かけます。今日は早く帰るという万智に、自分は用事かあるからとちょっと意地悪、小さな反逆に出る屋代なのでした。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』7話の見どころ

物件をめぐってボウリング対決!

万智は自分の仲間だと感じ、家探しを依頼することにしました。

そんな雅美に誘われてボウリングに行く万智と、それに庭野も同行します。

家を売るためにボウリングに付き合ったとはいえ、いつも通り自信満々な姿に、実はボウリングが上手いのかも?と期待のまなざしを向ける庭野。しかし、万智はボウリングに空いている穴が何なのかも分からないほど超初心者でした……。

そんな万智が探し当てた雅美の理想の家を内見していると、留守堂が担当しているサキもやってきて、物件争奪戦が勃発してしまいました。

ボウリングで散々なスコアを叩き出した万智でしたが、物件をめぐって留守堂からボウリング勝負を持ち掛けられます。

絶対にやめた方が良いという万智サイドでしたが、万智は快諾!負けを確定する庭野でしたが、万智は昔プロボウラーを目指していたというほどの腕を持つ白洲に指導をお願いします。

そして迎えたボウリング対決の日、万智は見違えるほど腕を上げていました。留守堂といい勝負を繰り広げる万智。しかし、最後の一投で外し惜しくも負けてしまいます。

大喜びするサキでしたが、実は留守堂が最後の一投でファールを犯していたことが分かり、サンチー大逆転という結果に。

白洲美香×ボウリング

イモトアヤコ演じる白洲美香も今回のボウリング対決に参加していますが、イモトアヤコ×ボウリングで思い出すもの。そう『下町ロケット2』です!

何か関係があるのか?と気になる方もいるかも知れませんが、実は全くの偶然なのだそう。

とはいえ、島津のボウリングと白洲のボウリング、イモトアヤコの演じ方を比較してみるのも楽しいかも知れませんね。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第7話の感想

今回のテーマは、”働く女”。既婚者子どもなしのキャリアウーマンと、ワーキングマザー。生き方の違い、それぞれの価値観を持つ女性たちが対決しました。

ワーキングマザーは大変ですが、サキはワーキングマザーだから多少の事は許されるという空気を出している所が見ていて鼻につきました。

ボウリング対決で負け、「鍼灸院の近くだからという理由の人に家を譲るのはおかしい!私は、子ども達の命を育むためにあの家が必要なの!」と悪態つくサキに、

「育児を持ち出せば周りがひれ伏すと思ってる両立は難しいが、本気で両立しようと思うなら、自分の仕事量を把握してどこまでできるかをコントロールしなければならない」という万智。

育児ハラスメントで訴えられますよ、とオロオロする庭野に、「訴えたければ訴えればいい」とバシッと言い放つ万智、カッコよかったです!

しかも、サキのフォローも忘れずに、彼女にとっても最適な家を紹介します。自分一人で抱え込んでいた家事や育児を夫と共に分け合うことでサキの負担を軽減させてあげた本当の”ウーマンプロジェクト”を成功させた万智なのでした。

今回は、留守堂の客まで奪うことに成功し、大勝利に終わりました!