【皇太子妃はシンデレラ】17話・18話・19話・20話のネタバレ感想|人質救出作戦 | Dramas Note
スポンサーリンク

【皇太子妃はシンデレラ】17話・18話・19話・20話のネタバレ感想|人質救出作戦

華流
©︎Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

【皇太子妃はシンデレラ〜花嫁は可愛い盗賊!?〜】17話・18話・19話・20話のあらすじとネタバレ感想。常楽たちは盗聖に会うための試練として、冷永年の屋敷から宝の地図を取ってくることになりました。一方、弄影は「火玉丁香」を盗み出そうとするも、 神医に引き止められます。

スポンサーリンク

17話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

常楽たちは盗聖に会うための試練として、冷永年の屋敷から宝の地図を取ってくることになりました。

その宝の地図は、公孫黙が、寒疾を根治できる「火玉丁香」を譲ってもらうのと引き換えに、神医から入手するよう頼まれた地図と同じものでしたが、公孫黙は李徹にはそのことを話しませんでした。

常楽たちが去った後、弄影はなぜ本当のことを言わないのかと公孫黙に問いました。

「自分は死んでもいいの?」

すると公孫黙は、自分の使命は皇太子の李徹を補佐することであるし、大臣は無数にいるが天子はただ一人だと説明しました。

スポンサーリンク

常楽はアリアティを酒で眠らせ、李徹と2人で冷永年の屋敷へ。

ところが、出迎えたのは冷永年ではなく、冷永年のふりをした彼の息子でした。

常楽が壁の仕掛けを解錠すると、秘密通路が出現。

その通路を進んでいき、突き当たりの仕掛けを解錠すると、ようやく冷永年の姿を見つけます。

その頃、弄影は「火玉丁香」を盗み出そうとするも、 神医に引き止められ 使い方を誤れば公孫黙を死なせてしまうと言われます。

スポンサーリンク

17話の感想

常楽のヤキモチはなかなか激しいですね。皇太子も大変そう。

一方の公孫黙は、自分の命よりも皇太子の前途のほうが大切だなんて……。

彼は子供時代にも皇太子を命がけで守ったことがあるようですし、すごい忠誠心です。

けれど公孫黙の死を悲しむ人もたくさんいるのだから、自分の命を軽く考えないでほしい!

何とか彼が生き長らえると良いのですが。

スポンサーリンク

18話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

弄影は公孫黙を治すための「火玉丁香」を盗もうとしたものの、怒った神医に燃やされてしまいました。

一方の常楽と李徹は、宝の地図が入った宝箱を冷永年から買い取ることに成功。

それを持って「盗聖」の師匠のところに戻ると、いよいよ盗聖が姿を現しました。

その人物は、秦兄貴でした。

常楽はなぜもっと早くに盗聖だと明かさなかったのかと疑問に思います。

すると秦兄貴は、「地下牢の仕掛けの創作者は師匠だから、師匠に図面をもらいに来たのだ」と説明しました。

皇太子府に戻った一行は、人質の救出について話し合います。

図面を手に入れたとはいえ、人質の数が多く相国府の警備も厳重なので まずは偵察する必要がありました。

そこで、劉相国が屋敷を不在にする皇帝の婚礼の日に偵察し、婚礼が終わってから皆を救出することにします。


このところ弄影の様子がおかしいと不審に思った公孫黙は、李徹とともに彼女を尾行しました。

すると、弄影が「火玉丁香」を探していることが判明。

このとき初めて李徹は、公孫黙の寒疾を根治するには「火玉丁香」が必要で、火玉丁香がなければ余命3年であることを知ります。

李徹は何としても「火玉丁香」を探し出すと言いました。

スポンサーリンク

朱顔は宮中の宦官に連れられて、婚礼衣装の試着をしに来ました。

試着のため宦官たちが全員外に出ると、店の奥から第5皇子の李衡が現れます。

彼はあらかじめ店主と話をつけており、店の奥に隠れていたのです。

李衡は朱顔を抱きしめ、もう一度駆け落ちをしようと持ちかけましたが、朱顔はすでに皇帝との結婚を覚悟しており、李衡に無茶をしないようにと忠告します。

朱顔は、たとえ皇帝と結婚しても心の中では李衡を愛していると伝え、「10年でも20年でも、あなたが実権を握る日まで待つ」と告げました。

スポンサーリンク

18話の感想

まさか、秦兄貴が「盗聖」だとは驚きの展開でした。

彼が盗聖ならば、なぜわざわざ榕の町まで来たのか疑問でしたが、ちゃんと作中で説明してくれたので納得。

これで人質の仲間たちを助けられそうですね。

一方、朱顔と李衡は相変わらず切ないです。

朱顔は「あなたが実権を握る日を待ってる」と言っていましたが、それはつまり、李衡が皇帝になって自分を娶りなおしてくれる日を待っているということでしょうか。

スポンサーリンク

19話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

常楽から段念児との関係を聞かれた秦兄貴は、馴れ初めを語りはじめます。

若かりし頃、名の知れた盗賊だった秦兄貴は ひょんなことから段邸に盗みに入り、段家の令嬢である段念児と恋に落ちました。彼女の希望で辺境軍に入隊し、終戦後に結婚しようと約束したものの、いざ凱旋帰国すると、段家は汚職の罪で一族皆殺しとなっていたのでした。


公孫黙が酔っ払って部屋に戻ると、弄影が待っていました。

公孫黙は彼女の手に触れようとしたものの、もしも1年も経たないうちに自分が死んでしまったら彼女の人生を台無しにしてしまうと思い、彼女への愛を抑圧します。

スポンサーリンク

皇帝の婚儀が行われ、朱顔は正式に側室となりました。

李徹が剣舞を披露すると、途中で李衡が加わり本気で李徹に斬りかかります。

殺意をひしひしと感じた李徹は、このことを公孫黙に相談しました。

すると公孫黙は、李衡はアリアティ公主を狙っているのではと推察。

「実は……いや何でもない」

李徹が言いかけてやめたのは、アリアティから渡された夜明国王の手紙のことでした。

手紙にはアリアティを娶るようにと書かれており、李徹はそのことでも頭を悩ませていたのです。

スポンサーリンク

人質になった常楽の仲間を救出するにあたり、劉相国を屋敷から引っ張り出す必要がありました。

そこで、アリアティの婿選びの催しを宮外で行うことに。

また、李徹は桃源村の皆に力を借りに行きました。

スポンサーリンク

19話の感想

皇太子と常楽のメインカップルはいつも仲睦まじく、多少の問題が起こっても心配せずに見ていられます。

それに対して、サブカップルの2組がどちらも切ない!

公孫黙は弄影を愛しながらも、自分の余命が短いからと愛を抑え込む姿がとても切なかったです。

また第5皇子の李衡も、愛する女性が他の男性に嫁ぐところを目の前で見せつけられるだけでなく、その相手が自分の父親だなんて、どれほどの苦しみでしょう。

その苦しみが、そのまま李徹への怒りとなってしまっている気がします。

スポンサーリンク

20話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

アリアティの婿選びの試合の知らせは宮中に広まり、皇后は参加するための招待状を持って李衝に会いにきました。

李衝は参加するつもりはありませんでしたが、皇后から「李徹は参加するそうよ」と対抗心を煽られ参加することにします。

その頃、常楽たちは人質の仲間たちを救出するため各々がスタンバイ。

ついに婿選びの試合が始まりますが、劉相国が裏で邪魔者たちを排除したことにより、参加者は李徹と李衡の2人だけでした。

夜が更け、後半戦に差し掛かった頃。

李徹の計画どおり、桃源村の人たちが一斉に李徹と李衡を包囲して人質に取り、沈将軍と劉相国を連れてこいと要求します。

皇帝は、直ちに劉相国たちをこの場に来させるよう命じました。

劉相国がその知らせを受けて屋敷を出ると、スタンバっていた常楽や秦兄貴たちが相国府に侵入し 人質を救出します。

スポンサーリンク

婿選びの会場に到着した沈将軍と劉相国は、李徹と李衡が捕らえられているテントの中に入っていきました。

その瞬間、李徹の合図で犯人役の桃源村の人たちは逃げ去ります。

直後、沈将軍が劉相国の腹を刺しました。

これは予定にはないことだったので李徹は戸惑いますが、沈将軍は劉相国を排除するいい機会だと言うのでした。

スポンサーリンク

20話の感想

人質を無事に救出できて良かったです。

これで常楽は、劉相国の言いなりになる必要がなくなったので、これからは自由に動けますね。

ところで、婿選びは結局どうなったのでしょう。

©Jetsen Huashi Wangju(Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.
本ページの情報は2022年10月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。