『メゾン・ド・ポリス』8話ネタバレ感想。チーム”ひよこ”が本格的な闇に突入!ヒトイチって何? | Dramas Note

『メゾン・ド・ポリス』8話ネタバレ感想。チーム”ひよこ”が本格的な闇に突入!ヒトイチって何?

おじさまたちとひよっ子刑事のタッグで事件を解決するドラマ『メゾン・ド・ポリス』8話では、これまで謎だった高遠建設の事件に関わる事実が見えてきました。

一方で、メゾポリの御用聞きだった瀬川草介(竜星涼)の正体も明らかに!

それでは『メゾン・ド・ポリス』8話のネタバレ感想と考察をお届けします。

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』8話あらすじ

牧野ひより(高畑充希)は、密かに池原美砂(萩野友里)という女性に接触を図っていました。美砂の夫はかつて高遠建設に務めており、3年前にひよりの父と同じように自殺を図っていたのです。

その頃、メゾン・ド・ポリスには館林桃香(住田萌乃)という少女が、祖父がオレオレ詐欺に遭ったから 犯人を逮捕してほしいとお願いに来ていました。

少女の話を聞いているところに、宛先も送り主も不明の荷物が届きます。爆弾かも?と警戒しながら開けてみると中にはスマートホンが2台……。

すぐに1台目のスマホに犯人から電話が入り、外部と接触させないためおじさまたちのスマホをテーブルの上に置かせ、2台目のスマホでおじさまたちの姿が見えるよう指示。

30分以内に1億円を用意しなければ、人質に取った藤堂の命はないと脅迫します。30分で1億円なんて無理だと言うおじさまたちに犯人は、現金ではなく”1億円の価値があるもの”だと言うのです。

そんななか、池原美砂を連れたひよりがメゾン・ド・ポリスにやってきて、騒動に巻き込まれてしまいます。

犯人とのやり取りが続く中、桃香がキッズケータイを持っていることに気づいたひよりは、彼女の母親を通じて警察に連絡してほしい旨を伝えました。

そして、瀬川草介は車の中からその様子をすべて盗聴していたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』8話からの考察と見どころ

瀬川草介は警察の”警察”だった!

メゾン・ド・ポリスの御用聞きだった瀬川草介の正体が、警察の警察であったことが判明しました。

警察の警察とは警察の内部調査をする組織”警察人事一課”=通称ヒトイチ

草介は、人事第一課の監察官・鴨下警視正の指示で、2年前からメゾン・ド・ポリスに潜入捜査をしていたのでした。

彼らも高遠事件を探っていたようで、警察と高遠建設の癒着を探るため、かつて高遠建設に天下りした伊達や、事件に関わりのあった夏目や藤堂がいるメゾン・ド・ポリスを監視していたとのこと。

御用聞きのチャラチャラしたイメージとは一転。鋭い目つきで監視する草介のギャップに驚きでした。

高遠建設事件に直接関わったおじさまは?

全話ネタバレ感想

高遠建設の事件に関わっていたのは、夏目だけではありません。伊達も事件のファイルを所持していました。

また今回、伊達が警察を辞めた後に高遠建設に天下りしていたことが判明。藤堂は、ひよりの父を検視した人物で、夏目は池原美砂の夫の事情聴取をしており、それが引き金になって自殺に追い込んでしまったということ。

直接関わっているのは、伊達、夏目、藤堂の3人でした。高平と迫田に関しては、事件は知っているけど関わってはいないというような感じでしょうね。

高遠建設の”闇”とは?

人事一課は、高遠建設と警察の癒着を調べていて、高遠建設に天下りした伊達もこれに関係していると睨んでいるようです。

伊達が高遠建設に天下りしたのは、警察との癒着を探るためでしたが何も得られなかったため2年ほどで辞めたようです。

伊達ほどの人物も見つけられなかった高遠建設の闇。しかも、警察との癒着となると組織ぐるみで隠したい何かがあるという事でしょう。

もともと高遠建設は、警察からの天下りが多い企業ということもあり、警察元幹部を抱き込んで闇をうやむやにし、それに気づいた社員は自殺に見せかけて殺害されたのではないかと推測します。

では高遠建設の闇とは何か、建設会社ということなので不正入札とか……。でもそれだけで殺人まで犯すとは考えづらいので、もっと組織的な深い闇があるのかもしれません。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』8話を観た感想

今回は、事件解決という流れではなく高遠建設の事件に関するものが中心に展開されました。藤堂の誘拐に事件性はなく、ひよりが接触した池原美砂に館林桃香の母・真琴(東風万智子)を紹介され、真相を確かめるために3人で計画したこと。

館林真琴は、フリージャナリストで高遠建設の事件を追っていて、美砂も何度か取材を受けていた人物。ひよりは彼女が調べた事件の内容を聞き、詳しい情報を伊達から引き出そうとしたのでした。

ひよりの知りたかった真実に近づけば近づくほど、その背後にある巨大な組織の闇と戦うことになるんですよね。また、夏目もひよりも高遠建設の闇を暴く仲間として伊達が仲間として引き入れたということも明らかになり、やっぱりそうだったかと……。

なんとなくそんな感じがしてた!という方も多いと思いのでは?これからの事件は、高遠兼s津にまつわることが増えそうですね。ストーリー完結まで残りわずか。

視聴者も知りたかった事件の全貌が明かされるまで、あともう少しです。

スポンサーリンク

まとめ

ここのところ、ぶっちょう面ばかりだった夏目の笑顔が増えてきたように思います。

両親のいないひよりのために、おじさまたちがお小遣いを出し合って買ったという”ひな人形”にはググッときました。

彼女の事を本当に大切に思い、娘のように可愛がっていた証拠でしょう。ひよりもメゾポリを辞めると思いきや、これまでの事を思い出し再びおじさまたちと高遠建設の闇を暴こうと決めるとは……。

もうひよっ子刑事ではなく、メゾポリのリーダーとして、そして立派な刑事としてまた一歩成長しました。