PR

夢華録(むかろく)27・28・29・30話のネタバレあらすじ│帰ってこない顧千帆

歴史 / 時代劇
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

夢華録(むかろく)27話・28話・29話・30話のあらすじとネタバレ感想。昇進した顧千帆は激務に追われる中、偶然にも趙盼児の父、趙謙の罪状について詳しく知ることになります。その頃、西京にいる欧陽旭は仙師に会うため屈辱的な日々を送っていました。

PR

27話あらすじ

酒楼の開店準備

昇進した顧千帆は激務に追われる中、偶然にも趙盼児の父、趙謙の罪状について詳しく知ることになります。

その頃、西京にいる欧陽旭は仙師に会うという任務を果たすため、仙師の甥に媚びへつらい何とか仙師に会おうとしていました。

そんな欧陽旭のもとに、師であり前任の宰相である柯政が現れます。柯政は欧陽旭の情けない生き様に失望し、過去に贈られた欧陽旭からの品をこの場ですべて返して師弟の縁を切りました。

望月楼の店主は銭が必要になり、店の東側を趙盼児たちに売りたいと提案してきました。西側で店主が酒造するので掟は回避できます。

ただ、複雑な契約であるため、趙盼児は杜長風に契約書を確認してもらいました。すっかり目が良くなった杜長風は帰り際、自分の衣を一緒に選んでほしいと孫三娘に買い物の約束を取り付けます。

約束の当日、買い物デートを終えた杜長風は孫三娘に自分の好意を伝えますが、孫三娘はつれない態度で立ち去ってしまいます。

そんな中、陳廉は何軒も探しまわって見つけた貴重な観音人形を葛招娣のために持ってきました。そこへ、葛招娣の毒親(母)がやって来ると、葛招娣は陳廉が母を連れてきたのだと勘違いし陳廉にもらった人形を叩き割ってしまいます。

27話の感想

趙盼児が日々幸せになっていくのに対し、日々みじめになっていく欧陽旭。おそらく、欧陽旭はこの屈辱を晴らすために、高官に登りつめようと今まで以上に躍起になるんじゃないかな。そしてそのために悪の道に墜ちてしまいそうな予感。

杜長風と孫三娘がいい感じになってきました。お似合いで癒しのカップルだと思うので上手くいって欲しいです。

PR

28話あらすじ

夜宴図の中の名前

望月楼の代金1200貫のうち500貫を顧千帆に頼ることにした趙盼児ですが、陳廉を通じて200貫を受け取ったものの 残りの代金はまだ届いていません。

公務で忙しい顧千帆からは何の連絡もなく、趙盼児は寂しい思いをしていました。会いたい想いは顧千帆も同じでしたが、趙盼児に合わせる顔がないと思い悩みます。

葛藤の末、深夜に会いに行った顧千帆でしたが、すでに趙盼児は寝ていたため3000貫の手形を寝台脇に置いて立ち去ります。ところが、手形は強風で飛ばされ趙盼児の目にとまることはありませんでした。

趙盼児は致し方なく茶坊の権利書や絵画を質入れし、どうにかお金を用意します。

その頃、顧千帆は君命を受け、遼の王族と共に狩りへ行っていました。顧千帆は崖から落ちた王族を助けた際、大けがを負ってしまいます。

顧千帆が目覚めると簫欽言がいて、全てを手配しておいたからから休養するよう言いました。しかし、顧千帆は傷が癒えていないにもかかわらず趙盼児に会いに戻ります。

西京では欧陽旭が酒に溺れていました。侍従の子明は斉牧に頼ってみてはどうか、そのために贈り物を献上してみてはどうかと提案し、柯政から返された品物を物色します。するとその中に「夜宴図」があったのです!

丹念に夜宴図を観察した欧陽旭は、絵の中の人物ひとりひとりに名前が書かれていることに気づきます。その中のひとつは「劉婉」という皇后と同じ名前でした。

28話の感想

顧千帆が「趙盼児に合わせる顔がない」と言っていたのはどういうことでしょう。もしかして、趙盼児の父親の罪状と関係がある??

ついに「夜宴図」が見つかりました!絵の中の妓女が皇后だと証明されれば反皇后派が優勢になりますが、確か、斉牧は反皇后派でしたよね。今後は斉牧と欧陽旭が手を組んで顧千帆の敵に回る展開になるのかな?

PR

29話あらすじ

帰ってこない顧千帆

趙盼児、孫三娘、葛招娣の3人は杜長風の仲介のもと望月楼を買い取るための契約を交わし手付金600貫を支払いました。

その頃、顧千帆は重傷の身で都へ戻ろうとしていましたが、出くわした蕭謂から衝撃の事実を聞かされます。かつて、趙盼児の父親を糾弾したのが蕭欽言だというのです。

顧千帆は失意のまま皇城司にたどり着くと、昏睡状態に陥ってしまいました。

一方の宋引章は沈如琢に結婚の話を切り出しますが、正妻として迎えるためには脱籍が必要であり、そのためにはまず高官を接待するようにと言われます。

欧陽旭は夜宴図を持って斉牧に会いに行き、斉牧に忠誠を尽くす代わりに東京に戻らせてほしいとお願いします。斉牧は蕭欽言と皇后を倒すための手伝いをすることを条件に出すのでした。

いまだに顧千帆から音沙汰がない趙盼児は、望月楼の買い取りに猶予をもらおうとしたものの契約は破断になってしまいました。しかも、手付金は返さないと言われ、困った趙盼児は池蟠を頼ります。

ところが、「顧千帆に捨てられたなら、私の愛人にならないか」と池蟠に侮辱された趙盼児は、池蟠をぶん殴って立ち去りました。

29話の感想

ちょ(笑)斉牧に土を食えと言われて、本当に食べてしまう欧陽旭に驚きました。欧陽旭はもとは科挙に3位で合格するほどの才人なのだから、正規ルートで高官に登りつめる人生もあったはず。それなのに、一歩踏み間違えて宮観官になったことで周囲からこんなにも蔑まれて。土まで食べて。

一歩踏み間違え、それを軌道修正するためにまた一歩踏み間違えて、気づけばこんなにも屈辱的でみじめな毎日を送るハメになった欧陽旭の生き様に哀愁を感じずにはいられません。こうなったら、欧陽旭には行きつくところまで行ってほしいです(笑)

ところで、顧千帆はいつ目覚めるのでしょうか(笑)早く帰ってきて趙盼児の誤解を解いて欲しいです。でも父親の件があるから、顧千帆はたとえ目覚めても “合わせる顔がない” とか言って趙盼児に会わない可能性もありますね。

池蟠は相変わらずお子ちゃまですが、可愛いのでつい許したくなります。

PR

30話あらすじ

女の底力

結局、池蟠からお金を借りられなかった趙盼児は、望月楼の店主を脅して手付金を取り戻しました。屋敷に戻った趙盼児は、借金の担保になっている茶坊を取り戻す計画を孫三娘と葛招娣に話します。杜長風も家宝を売ってまで趙盼児たちを助けてくれようとしました。

その頃、宋引章は沈如琢に請われて高官 林三司を接待する宴に参加していました。沈如琢は薬で眠らせた宋引章を林三司にあてがおうとしていましたが、事前に張好好から沈如琢の手口を聞いていた宋引章は難を逃れ屋敷から逃げ出します。

その日は大嵐で、趙盼児たちが暮らしている屋敷や茶坊が崩壊してしまいました。翌日、波止場の復興作業をする池蟠の元に官吏がやって来て池蟠を虐げます。

その場面に出くわした趙盼児は見て見ぬふりをしようとましたが、商人を見下す官吏の発言が許せず池蟠の味方をしました。

30話の感想

杜長風は家宝まで売って助けてくれようとするとは、とても良い人ですね。それに比べて沈如琢は本当にひどい男だ(笑)宋引章が難を逃れられて良かったです。

Photo:「夢華録」©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。