【アウトランダー】シーズン6配信前に覚えておきたい6つのこと | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6配信前に覚えておきたい6つのこと

海外ドラマ
@STARZ

*Dramasnote編集部

解説

【アウトランダー】シーズン5では壮大なスケールかつドラマチックに展開されましたが、これまでにない衝撃的な結末を迎えたと言っても過言ではありません。シーズン6の予告編では、クレアやジェイミーたちに独立戦争が迫りつつあるシーンが描かれていますが、今回は米Variety誌が伝えたシーズン6を観る前に覚えておきたい6つのことをお伝えします。

「アウトランダー」オフィシャルサイト

©STARZ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローリング博士

【アウトランダー】シーズン6の展開を解説「今シーズンは息つく暇もない」

クレアは一度、現代に戻った後に医師の資格を取りました。

再び過去に戻った彼女は、過去の現代医学の欠如に苛立ちを感じ、ペニシリンを発明。

ペニシリンは1920年代にアレクサンダー・フレミングが偶然発見した抗生物質。

マーサリが助手になって診療所を開設しましたが、クレアの善意は通じないどころか”当時にはない知識を持っている女性”であることから受け入れられずにいました。

そこでクレアは、ローリング博士という偽名を使い、女性が自分の体を管理する権利および現代医学の考えを広めて行きます。

しかし、ローリング博士=クレアであることがライオネル・ブラウンやブラウンズビルの人々に知られると、事態はエスカレートし、クレアはブラウン率いる男たちに誘拐されてしまいました。

リチャード・ブラウンの復讐

 

ブラウンにとって、”現代医学”を広めようとするクレアの思想は危険で、女性に”抵抗させる”きっかけを作っていると批難しました。

そこでブラウンは男たちを率いてクレアを誘拐し、彼女を暴行したのです。

ジェイミーは仲間たちとクレアを救出に向かい、彼女の暴行に関わった男たちを皆殺しにしました。

ジェイミーは、ライオネルの遺体を担いでブラウンズビルに行き、ライオネルの兄リチャードに大嘔吐を殺したのは妻の名誉のためだと告げます。

リチャードは怪訝な顔しつつも受け入れつつ、自分も弟の名誉のために復讐するとジェイミーに宣戦布告したのです。

シーズン5でその後の展開は描かれていませんが、シーズン6ではジェイミーたちにとって敵となるブラウン一家との闘いも描かれるでしょう。

ジェイミーの葛藤

シーズン5ではロジャーとブリアナの結婚式が行われ、そこにトライオン総督も出席していました。

トライオン総督は、フレイザーリッジの開拓の見返りとして義務を果たすようジェイミーに念を押しました。

アメリカ植民地では、英国支配に反対する動きもが高まっているため、トライオン総督はジェイミーに民兵を収集して戦いに参加するよう命じました。

ジェイミーがまず命じられたのは、自身の名付け親であるマータフとその仲間たち(世直し団)の殺害。

ジェイミーにとって、この命令は今まで直面した中でも最も過酷なもので、これがアラマンスの戦いへと繋がっていきました。

マータフは、世直し団との戦いで撃たれたジェイミーを救ったところで、ジェイミーの部下に撃たれて命を落としてしまいます。

生涯の友を失ったジェイミーは、その悲痛な思いから義務を放棄してしまいました。

ただでさえ、激化するなかでのジェイミーのこの選択は、シーズン6で起こるであろう紛争に繋がることは間違いないでしょう。

ロジャーとブリアナの故郷

 

ロジャーとブリアナは、過去に留まるか、それとも自分たちの時代に戻るかで悩んでいました。

しかし、現代に戻るための石を手に入れると、2人はジェミーを連れ”自分たちが本来いるべき時代”に戻ることを決意しました。

ところが、いざその時を迎えたものの彼らが思う”家”に戻ることは出来なかったのです。

これは、彼らにとって今自分たちがいる場所こそが”家”であると証明された神秘的な流れでした。

スティーブン・ボネットの死

シーズン5ではシリーズの中でも悪役のひとりだったスティーブン・ボネットが死亡しました。

ボネットは、ジョカスタがリバーランをブリアナに託すつもりでいることを知り、ブリアナとジェミーを取り戻そうとします。

ブリアナとクレアが砂浜に来ている時に姿を現し、クレアを殴って失神させた後にブリアナを誘拐しました。

しかしボネットは、ブリアナが自分を受け入れたのが嘘だと気づいた直後、ブリアナを売ることを決意。

売られて船まで連れて行かれそうになった時にロジャーやジェイミーらが駆け付けて救出されました。

ジェイミーはボネットへの対処法として、ブリアナ自身で殺す、ジェイミーたちが殺す、法の裁きを受けさせるという3つの方法を提案し、ブリアナはボネットを法の下で裁きを受けさせる決断をしました。

裁判でボネットは有罪となり溺死を宣言されました。

ボネットは湖の中にある木に縛り付けられ、上げ潮になると徐々に溺死するという刑に処されます。

(ブリアナは、誘拐されていた時ボネットが溺死を一番恐れていることを知った)

しかし、ボネットの顔が水面に着きかけたときブリアナは銃でボネットの額を撃ち抜いたのです。

これはボネットへの慈悲とも究極の復讐ともとれる行動でした。

イアンとロジャーのトラウマ克服

ロジャーは、アラマンスの戦いで敵と間違われてイングランド軍に捕えられて絞首刑にされましたが、間一髪のところでジェイミーやブリアナたちに発見され救出されました。

クレアはすぐにロジャーを救う処置を行い命を救ったものの、ロジャーの声帯の損傷は激しく生きることへの情熱が失われてしまいます。

その出来事はロジャーを苦しめ、夫婦関係にもヒビが入り始めました。

一方で、モホーク族として暮らしていたイアンは、部族での生活は充実していたと言っていたものの悩みをかかえているようでもありました。

トライオン総督は、謝ってつるし上げた謝罪としてロジャーに土地を与え、ロジャーとイアンは測量のため一緒にカタルシスを得る旅に出ます。

トラウマを抱える者同士がお互いを支え合い、感情と精神的なトラウマを克服し一歩を踏み出す決心が出来るようになりました。

かつてはジェイミーも生きていることが嫌になるほどのトラウマを抱えたことがありましたが、クレアの支えと自分自身で解決し一歩踏み出すことが出来ました。

ロジャーはブリアナ救出の際にボネットを殴り倒したり、イアンはモホーク族と暮らしていたことで男らしく成長していました。

シーズン6で描かれるであろう独立戦争では、彼らの活躍も見どころになることは間違いないでしょう。

Documents provided :Variety