【アウトランダー】シーズン6の展開を解説「今シーズンは息つく暇もない」 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6の展開を解説「今シーズンは息つく暇もない」

アウトランダーシーズン6ネタバレTV/News
@ 2022 STARZ

 

*Dramasnote編集部

*この記事には米で2022年3月6日にプレミア放送された「アウトランダー」シーズン6のネタバレを含んでいます。

【アウトランダー】シーズン5が終了してから2年が経過しました。

ライオネル・ブラウン(ネッド・デニー)とその仲間による残忍な暴行は、ジェイミーたちフレイザーズッジの仲間たちの復讐により幕を閉じた。

また、ロジャーとブリアナはタイムトラベルに失敗したことで、自分たちがいるべき場所が”ここ”であることに気づき、このままでは再びタイムトラベrに失敗してしまうと感じます。

シーズン5最終話では、フレイザーズリッジに革命を告げる雷雨が降り注ぎました。

今シーズンは8話に短縮され、アメリカではシーズン6第1話が放送されましたが、エグゼクティブ・プロデューサーのマリル・デイヴィス氏は「ファンはクリフハンガーで終わるエピソードを期待できる」と語っており、シーズン6はジェットコースターのように息をつく暇もない物語が展開されると米Variety誌は報じています。

「アウトランダー」オフィシャルサイト

© 2022 STARZ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーズン5から続く緊張感に対処する

今シーズン初回はバランスが取れた構成で、まずトム・クリスティ(マーク・ルイス・ジョーンズ)がフレイザーズリッジにやってくることで状況が一変します。

ジェイミーがかつてアーツミュアの男に提示した移住の申し出が、まだ有効かどうかを尋ねます。

これはフラッシュバックを通してトム・クリスティがアーツミュアに捕えられた後、どうやってジェイミーと出会ったのか?その経緯が詳細に描かれるとのことです。

これに関してマリル・デイヴィス氏は、

「二人の対立を描きたかったんだ。トムとジェイミーは全く違う人間なんです。ジェイミーは男たちを率いるリーダー的存在です。それは自然なことで彼は生まれつきそうしていることなんだ。そしてトムは、生まれつきのリーダーではないが、そうなることを望んでいる。権力の座を望んでいながら、その道具を持たない人間と言うのは、とても危険な存在だと思うんだ」Byマリル・デイヴィス

このように語っています。

スポンサーリンク

また、デイヴィス氏は、トムはジェイミーが刑務所から出てきて得たもの、つまり「人生の大きな愛、すべての財産、男たちの称賛と尊敬」に対して本質的に憤慨していると付け加えました。

最初の数回のやり取りに見られるように、トムとジェイミーの思想は非常に異なっています。

トムはすぐにでも教会を建てたいといいますが、ジェイミーはそれに半分同意し、その建物を”ミーティング・ハウス”と呼ぶことにしました。

前シーズンの悪役と比較して、デイヴィスはトムがタイトルに合っているか、ジョナサン・ランドール(通称ブラックジャック)、ゲイリス・ダンカン、スティーブン・ボネットとまたく同じではない、と指摘しています。

「トムを悪役と呼ぶのは隙ではありませんが、厳密にはこの作品の悪役です」とデイヴィスは言います。

(過去の敵役)かなり早い段階から目的がはっきりしていたんだ。トムが危険なのは、彼が何を望んでいるのか、何を狙っているのかが本当に分からないからです。彼は悪役なのかそうではないのかは、シーズンを通して持つべき素晴らしい質問だ。悪役の条件を十分に満たし、フレイザーズリッジの平和を乱すのはライオネル・ブラウンの兄リチャード・ブラウン(クリス・ラーキン)です。シーズン5のフィナーレで、ジェイミーはライオネルの遺体を兄に届けましたが、対オ寝るは怪我をして死んだのではなく、マーサリー(ローレン・ライル)が殺害したとは知らなかった。リチャードはライオネルの死を受け入れ、自業自得だとも認めているようだ。しかし、彼はジェイミーに、いつか復讐するときがくる。Byマリル・デイヴィス

ブラウンは、狩りに出かけたイアン(ジョン・ベル)とトム・クリスティの息子アラン(アレクサンダー・ブラホス)の前に現れ、未だモホーク族の衣装を着ているイアンに対して、もっと文化的な衣装を着ろと威嚇します。

スポンサーリンク

また、ブラウンは”安全委員会”を立ち上げたと説明しますが、実際には”正義”の名の下に、頻発している住宅火災を先住民のせいにする目的で捜索していたのです。

その後、ブラウンは火薬を盗んだアランを逮捕するためにフレイザーリッジにやってきましたが、ジェイミーはアランが盗んだ罪で鞭打ちし、ブラウンに帰るよう告げて問題を解決させました。

デイヴィス氏は、「今シーズンはブラウン一家はそれほど大きく登場していないが、彼らの不吉な存在は長引く」と話します。

さらに「昨シーズンから続いていること、そして明らかにクレアのトラウマ的な攻撃からだけでなく、彼らの存在はリッジを覆う雲のようなものです。それが重要なんです」と付け加えました。

リチャード・ブラウンの登場により、ジェイミーは苦境に立たされることになります。

ジェイミーは先住民とイギリスとの間の代理人を依頼されていましたが、そのポストを断るつもりだったのです。

しかし、攻撃的なブラウンが自分の代わりに代理人になることを知ったジェイミーは、代理人になることを決意しました。

しかしその結果、ジェイミーはイギリスとアメリカの反政府勢力の間にある政治的な境界線をまたぐことになり、不運立場に立たされることになります。

スポンサーリンク

「シリーズ冒頭のカローデンを振り返ると、クレアはカローデンの結末を知っていてそれを変えようとしたんだ」とデイヴィスは言います。

「明らかに彼らは成功しなかった。この状況でも、彼らはどうなるかを知っています。彼らはそれを変えようとはしていない。彼らは明らかに、そうなることを望んでいる。ジェイミーは自分が勝つ側に回らなければならないことを知っている。しかしこれは正しことなんだ。ただ、それを実行し、自分自身を宣言するのはどんな時か、と言うことだ。反乱軍だと宣言するのは、とても危険なことなだ。」Byマリル・デイヴィス

ブラウン家の存在が長引くことによるもうひとつの懸念は、クレアのトラウマの処理能力である。

オウレミアでは、ブリアナ(ソフィー・スケルトン)はッはクレアと穏やかな時間を過ごし「あなたが心と精神を失わずにいてくれて本当に良かった」と話す一方で、クレアが暴行を受けた後に「大丈夫」と話していたことを思い出させます。

クレアは、その時のことを気にしていないような素振りを見せますが、すぐに話題を変えてしまいました。

これは、彼女がまだトラウマを克服していないという潜在的なサインで、初回エピソードの終わりには彼女が「大丈夫ではない」ことが分かります。

トラウマとなるフラッシュバックや悪夢が起こると、彼女は自分が発明したエーテルを使って眠りに就こうとするのです。

デイヴィス氏は、「あのようなトラウマを経験した人にとって、それは決して消えることはない」と認めており、クレアのキャラクターを生かして、このシリーズはその度を探求したかったのだと言います。

スポンサーリンク

エーテルの使用はダイアナ・ガバルドン原作の「アウトランダー」小説にはありませんでしたが、デイヴィス氏は「彼女の葛藤をもっと見せたかった」と述べ、エーテルはクレアが感情を麻痺させる方法として使用するものだというのです。

さらにデイヴィス氏は、「彼女は対処していますが、対処だけでは十分ではありません。誰もが卵の殻の上を歩き回っているようなものです」と付け加えました。

「何が起こっているのか、どうしたらいいのか、みんな悩んでるんだ。そして、クレアは簡単に助けを求められるような人ではない。彼女はそうであることを誇りに思い、人生のさまざまなことをやりくりしているのです。シーズン中、クレアはそのことに苦しみ始めるでしょう。自分では何とかなると思っている。それが崩れ始めるのを見ることになるでしょう。」Byマリル・デイヴィス

シーズンを通して【アウトランダー】を観てきた方なら。クレアの弱さを見抜くことができるのはジェイミーであることを知っているはずです。

しかし、このクレアのトラウマのことを二人が話し合うのは大変かもしれません。

「ジェイミーとクレアのようなカップルは、とても仲が良く、コミュニケーションもうまくいっています。そして、これは彼らが話していないひとつの分野である、この先、そのことが頭をもたげ始めるでしょう」Byマリル・デイヴィス

また、デイヴィス氏はこのようにも語っていました。

「現代医学と協力し続けようとするクレアの行為が、トム・クリスティと信心深く迷信深いグル^プによってマークされるかもしれないという伏線が張られている。クレアは自分を助けることが出来ない。それがクレアの素晴らしいところだと思う。彼女は人を助けるという点で、自分がしていることをとても信じている。シーズン5で起こったトラウマや、彼女の考えが引き起こしたことの後でも、彼女が進んでいることが私たちをクレア好きにさせているのだと思います。今、リッジには新しい住人が集まっています。彼らはクレアに対して非常に迷信深く、警戒心が強い。だからクレアがこれをやるのは大きなリスクだけど、それをやろうとするのは、彼女のキャラクターをよく表していると思う。」Byマリル・デイヴィス

第6シーズンガフレイザー家にもたらすものを見据えた時、デイヴィス氏は”シーズン4から6までの相互に噛んレするテーマ”について議論されてきたと言います。

スポンサーリンク

第4シーズンは”家とは何か?”、第5シーズンでは”それを守るために何をするか?”というのが大きなテーマでした。

第6シーズンに向けてデイヴィス氏は、”その家に敵が回った時、あなたはどうするのか?”という包括的な問いになっていると語っています。

ジェyミーとクレアは、自分たちが信じるもの、大切に思うもののために戦うことを繰り返してきました。

しかし、デイヴィス氏が示唆するように、これは彼らの最も過酷な戦いのひとつになるかもしれません。

シーズンの多くは、ある意味いま世界で起きていることち類似しています。

噂が広まり、それが十分に魅力的で強力なものであれば、それは野火のように広がり、それが真実であるかどうかは関係ない、という考えです。

知れが真実かどうかは問題ではなく、信じられるかどうかです。

ジェイミーとクレアは、自分たちが築き上げ、両手を広げて新しい人々を迎え入れようとしたこの家がシーズンが進むにつれ、自分たちを敵対し始めるということを非常に早く知ることになるのです。

*この記事はVarietyの記事をDeepLで翻訳してお届けしています。
画像:Varietyより引用