【ペーパー・ハウス】 シーズン4第3話・4話ネタバレ。新たな混乱が始まる。 | Dramas Note

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第3話・4話ネタバレ。新たな混乱が始まる。

ペーパーハウス

作品紹介

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第3話・4話ネタバレ。内通者アントニャサスの協力で明らかになる警察の内部事情。リスボンが生存している事がわかり安堵する教授。その一方でリーダーを降ろされたパレルモがメンバー達への腹いせに解放した警備員ガンディアは手に負えない凶悪な人物だった。果たして強盗達はどうなってしまうのか?

© Netflix,lnc.
 オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年9月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

『プリズン・ブレイク』シリーズ
「ベター・コール・ソウル」シリーズ

スポンサーリンク

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第3話あらすじ

アントニャサスを脅し、迷惑料として100万ユーロを渡して内通者とした教授とマルセイユ。

アントニャサスが逮捕されてテント内にいるムリリョ元警部(リスボン)は、「自分を信じないだろう」と言うと、教授は時計を彼に渡し「これで信用される」と言った。

アリシア警部はスペイン銀行前のテント内でリスボンを尋問していたが、その方法はリスボンの家族を脅すという卑劣な手だった。

リスボンがオーブンで焼いて処分した携帯のSIMカードが捜査員に見つかってしまい、ミンダナオ島の通話記録がバレてしまう。

アントニャサスは早速それを教授に報告すると、教授は「兎に角 リスボンに時計を見せろ」と彼に伝えた。

アリシア警部は、リスボンに「家族に電話すればリスボンの全て罪を帳消しにし、無罪放免にする」という。

リスボンがアリシア警部の脅しに屈してスマホに電話番号を入力しているところへ、アントニャサスが教授から渡された腕時計をしてコーヒーを差し入れに現れた。

するとリスボンは家族に電話をかけるのを止めた。

スポンサーリンク

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第3話ネタバレ

仲良くなる? リオとストックホルム

親密な関係になったリオとストックホルムはトーキョーとデンバーに接近し、過去の恋人がそれぞれ入れ替わる構図となる。

しかし実際は、リオはストックホルムに親身になって話を聞いてもらっているだけと言うことにデンバーは気付かない。

乱心するパレルモ!?

5年前、ナイトラウンジで教授とベルリンとパレルモが会話していたが、パレルモがその場を去った後、教授はパレルモは自己中心的な性格で危険だとベルリンに指摘した。

しかし、戻ってきたパレルモは教授に「自分には兄弟愛とそれと同じ位の銀行強盗の計画に対する愛がある、計画は忠実に実行する」と語ったのだが……。

リーダーの座を奪われ、椅子に鎖で縛り付けられた状態で人質達と一緒に居たパレルモ。

彼は何を考えたのか、人質となって手錠で繋がれている護衛のガンディアをそそのかし、手の関節を外せば手錠を外せると彼に教えた。

手錠を外して立ち上がったガンディアをリオは撃つ事が出来なかった

新たな混乱が始まる事となった。

邦題:体の仕組み指南 (原題:Leccióndeanatomía)

スポンサーリンク

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第4話あらすじ

5年前、別人を装ってスペイン銀行を偵察するベルリン。

4話は総裁に会いに行くベルリンに警備員として随行するガンディアのシーンから始まる。

スペイン銀行総裁と面会したベルリンは、ぬけぬけと国家危機に備えて金を銀行の地下に蓄えておく事を進言した。

その後、小規模の爆発を起こして警備員の反応を様子見。

教授達はガンディアがかってグリンベレーに所属し、数々の特殊作戦をこなした猛者であるばかりか、一定期間の記録が抹消されている事からガンディアが暗殺者だと知ったのだった。

スポンサーリンク

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第4話ネタバレ

危機に陥るナイロビとヘルシンキ

前話の最後で逃げたガンディアは、枕を使って治療中のナイロビを窒息死させようとする。

しかし、看護していた人質パキータに注射針で刺されたため、ガンディアはその場を去った。

トーキョーとヘルシンキは、ボゴタをナイロビの傍に残してガンディアを捜索する。

ロビーではアルトゥーロがまたも調子に乗り、銃を向けているかつての愛人モニカ(ストックホルム)とデンバーに対し、「今度は俺たちこそがレジスタンスだ」と気鋭を上げた。

そんなアルトゥーロをデンバー達が許す筈もなく、彼らが銃を上に向けて撃つと騒ぎは収まった。

トーキョーとヘルシンキはガンディアの後を追っていたが、ヘルシンキは図書室で逆ガンディアの罠に嵌り、図書室の2階から首を吊るされてしまう。

トーキョーはボゴタを呼び出し、ボゴタがヘルシンキを支えている間に図書室の2階に登ってロープを切断。

ヘルシンキは事無きを得た。

その後、強盗達はガンディアが手錠を何故外せたのか疑念を抱き始め、リオに疑惑の目を向ける。

監視カメラから様子を見ていた教授はリオではないと皆に教えた。

アリシア警部に電話をかけた教授は休戦協定を申し出る。

教授は、アリシア達が休戦協定に応じなければ彼らがリスボンの偽の処刑記録を捏造した事や、彼女の娘や叔母を使ってリスボンを脅している事をバラすと話を切り出す。

休戦協定は成立しその証に銀行内にパエリアが運び込まれたが、その間にガンディアは行動を起こし監視カメラの電線を切断する。

その為、教授からは銀行内部が判らなくなってしまう。

その間、ナイロビを手厚く看病していたボゴタとナイロビの間に愛情が芽生えたようだった。

主導権を握るガンディア。

ガンディアは通気孔を通って総裁室に、そして壁に偽装されているトイレのドアから侵入。

更にその奥にあるパニック・ルーム(避難室)へと侵入し、タマヨ警視監と連絡を取る。

武器は全て揃っていて強盗達をなぎ倒せると主張するガンディアに対し、タマヨ警視監は最初「休戦協定が強盗達との間に成立しているから強盗達には手出しするな」と言っていた。

だが、タマヨ警視監は公には出来ないが、正当防衛を理由とすれば休戦協定を破っても構わないと、休戦協定中に行動する事を認めた。

行動に出たガンディアによってトーキョーは捕らえられた……。

邦題:パソドブレ(原題:Suspiros de España)

スポンサーリンク

感想など。

パレルモの行動がもう理解不能としか言いようがないです。

ガンディアを教唆して解放したのは他のメンバーに対する腹いせとしか考えようがない。

計画に忠実と言っておきながら、結局は自己中心的な側面が上回ってしまったようです。

また、デンバーの笑い方はいつもクセがあって独特ですね。

【フレンズ】(1994-2004)ジャニス/マギー・ホイーラーの下品な笑い方を彷彿とさせて面白い。

ベルリンの母親が他の男と関係を持った時の子供が教授。

よって教授とベルリンは兄弟