【リック・アンド・モーティ】の映画化が検討中。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リック・アンド・モーティ】の映画化が検討中。

TM & © 2021 Turner Broadcasting System, Inc. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.

Writer: Dio
スポンサーリンク

【リック・アンド・モーティ】の映画化を検討中

荒唐無稽さが売りの【リック・アンド・モーティ】の冒険はシーズン5まで続いているが、プロデューサーの一人が映画化の可能性を検討している事を明かした。

GamesRaderによれば、脚本兼プロデューサーのスコット・マーダーは、将来の映画化についての可能性を探している。

スコット・マーダーは、「映画化の可能性はあり得る」としながらもスコット・マーダーは続けて「それは困難な事だろう、いつかハッキリと(映画化の可能性がない)しても驚かない」と語った。

考慮すべき点は映画の長さに対して【リック・アンド・モーティ】をいかに適応させるかに多くの想像力が要求される事だ。

  • 【リック・アンド・モーティー】はアップテンポの速い展開のコメディーで知られ、極稀に遅くなる程度。
  • 【リック・アンド・モーティ】は常に目新しく荒っぽいアイデアを視聴者に投げかける。

スペンサー・グラマー、【リック・アンド・モーティ】を語る

マーダーは「全てのエピソードは映画だと思う」、続けて「映画がどうなって行くかを見てみたい、それは三部作と等価だ、(アイデアを)沢山詰め込む、映画はとても伝説的になるだろう」と話している。

モーティの姉のサマーの声役の女優スペンサー・グラマー(【GREEK〜ときめき★キャンパスライフ】(2007~2009)など)は経験が必要とされる映画の規模についてジョークを語った。

「それは何かデカイ事をするべきだわ」「テーマパークのような感じの3Dのインタラクティブムービーになるでしょうね…普通の映画になるかも知れない、それは判らない、それでは十分じゃないわ…【リック・アンド・モーティ】の映画は普通以上の物であるべきだと思うわ」

スペンサー・グラマーは、映画化に際してのプロットとキャラクター達の調整について疑問を投げかける。

「エピソードごとに作られた設定と、それと同様に何シーズンにも渡って築かれた設定で十分」

「単なる映画としては満足出来ないだろうと思う」

しかしながら【リック・アンド・モーティ】本編はより一話完結のエピソード的で、関連性のない話は時々ある程度。

シーズン5のトレーラーでは、これまで通りの荒唐無稽な狂気のアドベンチャーを約束してくれています。

 

【リック・アンド・モーティ】は、ジャスティン・ロイランド、クリス・パーネル、スペンサー・グラマー、サラ・チョークが声を演じている。

【リック・アンド・モーティ】はシーズン5は、アメリカでは6月20日 にアダルト スイムで公開。

参考CBR.com