【リバーデイル】シーズン5第18話ネタバレ解説と感想。受け入れられないポリーの死、揺れ動く恋愛模様。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5第18話ネタバレ解説と感想。受け入れられないポリーの死、揺れ動く恋愛模様。

© Warner Bros. Entertainment Inc. & CBS Studios Inc. All rights reserved.

Writer: Ojikan

【リバーデイル】シーズン5第18話ネタバレと解説。ポリーの死を受け入れられない母アリスの精神状態は極限を迎え、ついにはベティよりも実在しないポリーやチャールズの姿や言葉を信じるようになっていました。また、アーチーとヴェロニカ、ジャグヘッドとタバサ、トニとファングスの恋愛模様にも変化が訪れます。

© Warner Bros. Entertainment Inc. & CBS Studios Inc. All rights reserved.

動画配信Netflix

「リバーデイル」の記事一覧

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5第18話あらすじ

ポリー失踪事件も終息を迎えましたが、彼女を失った代償は大きいものでした。

ポリーの妹であるベティは辛うじて正気を保っているものの、母アリスは完全に正気を失っていました。

一見すると落ち着いているように見えるアリスもポリーの死を受け入れられず、彼女の思い出に浸る日々を送っています。

挙げ句の果て、アリスにはポリーやチャールズの幻覚まで見え始めるようになり、目の前のベティよりも彼女らの言葉を信じるようになっていきました。

そんなアリスに恐怖を覚えたベティは、何とかアリスの正気を取り戻そうと奮闘します。

しかし、アリスは辛い現実から目を背けてしまっているため、現実に引き戻そうとするベティを煩わしく感じている様子。

そして、ついには”ポリーの死はベティのせいだ”とまで言い出したのです。

正式にチャドとの離婚が成立し、心待ちにしていたアーチーとの生活を送れることになったヴェロニカの顔は曇っていました。

アーチーと同居を始めたことで、これまで見えなかった地元リバーデイルのために身を粉にして働く姿を目の当たりにし、アーチーとの間に温度差を感じていたのです。

ヴェロニカは次第にチャドと居た頃のような息苦しさを感じるようになってしまい、しばらくアーチーと距離を取ることを選びました。

ジャグヘッドとタバサ、トニとファングスは共に互いへの愛に気づきます。

タバサは厳格な両親との食事会に気が進まず、咄嗟にジャグヘッドを彼氏として同席させることを提案。

眉をひそめるタバサの両親をよそに、ジャグヘッドは食事会への同席を快諾しました。

これを機に、タバサへの想いを再認識したジャグヘッドは彼女の両親からの反対も押し切り、尻込みするタバサに思いを告げて復縁を果たします。

また、パートナーとして同居しながら共に子供を育てるトニとファングスの関係にも変化が訪れます。

トニとファングスは、どんな時も良きパートナーとして支え合ってきましたが、いつの間にか互いに愛が芽生えていたことを打ち明けました。

 出演者の歌声を堪能できる壮大なミュージカル回

今回の見どころは、なんと言っても主な出演者全員の歌声が堪能できるところでしょう。

リバーデイルでミュージカル回は珍しいものではありませんが、今回はほぼ全てのシーンがミュージカル調となっており、主な出演者全員の歌声を存分に楽しむことができます。

それぞれの抱えた悩みや想いを歌に乗せており、感情のこもった歌はただのセリフとして聞くより、思いの丈を感じ取ることができました。

中でも、ベティが母に対する想いを歌った曲は印象的で、彼女の悲痛な心の叫びがより一層際立っています。

これまでのリバーデイルのミュージカル回はポップなテイストのものが多かっただけに、今回のようなシリアスな内容でのミュージカル回は斬新に思えました。

また、ラストでのポリー追悼式のミュージカル調も素晴らしく、これこそリバーデイルらしさを感じられる瞬間です。

ほぼミュージカル調である第18話はサクサクとストーリーが進んでいくものの、いくつか驚きの展開も見受けられました。

特に衝撃を受けたのは、トニとファングスの関係の変化。

これまでもトニとファングスの絶大な信頼を置いた関係は節々に感じられましたが、これは恋愛としてではなく家族愛のように見えただけあって少し驚きました。

ここまで互いを信頼し支え合ってきた2人だけに、恋愛関係へと変化を遂げたことが悪い方向に働かないことを願いたいです。

 【リバーデイル】シーズン6の内容は?配信日はいつ?

シーズン6の内容については、クリエーターでショーランナーを務めるロベルト・アギーレ=サカサの意味深な発言が注目を集めています。

「リバーデイルのシーズン6のカメラが回り始め、善悪の究極の闘いのために集まってきている。しかし、誰がどちら側に立つのだろうか? そして誰が生きるのか、誰が死ぬのか? 全てがこれの前ぶれだった。」

さらに、文末に見られる❞火事にドクロ❞、❞婚約指輪や赤ちゃん❞などの絵文字も見られ、これらは今後の展開を指し示すものではないかと憶測を呼んでいます。

誰が生きて誰が死ぬのかとの発言もあることから、またしてもリバーデイルを揺るがすような大きな事件が起きることは間違いないでしょう。

婚約指輪と赤ちゃんの絵文字が指し示すのは、一体どのカップルのことなのかも注目したいポイントです。

また、現在シーズン6への更新が発表されている【リバーデイル】(2017)ですが、既にシーズン6の撮影が始まっています。

CWによれば【リバーデイル】(2017)のシーズン6は、2021年11月16日(現地時間)より放送がスタートするとのこと。

これまで通り世界同時配信であれば、日本時間2021年11月17日から配信が開始されます。