PR

【リバーデイル】シーズン7第7話あらすじネタバレと考察。牛乳配達人は実在した⁉︎

リバーデイル,シーズン7,ネタバレ サスペンス
©Netflix/©CW

【リバーデイル】シーズン7第7話ネタバレと考察。ベティとアーチーの下着の見せ合いの影響は至るところに及びました。ベティが両親の番組のダンスコーナーへの参加を強制される一方、アーチーには賞賛の声が上がります。そんな中、ジャグヘッドはホラーコミックの執筆を止めるか、学校を辞めるかの究極の2択を迫られていました。

PR

【リバーデイル】シーズン7第7話のあらすじ

©Netflix / ©CW

ベティはアーチーと下着の見せ合いをしていたところを両親に見つかり、大問題へと発展してしまいました。ベティの母アリスが下着を貸したヴェロニカの母に抗議を行ったうえ、シェリルの母にまで相談をしたことから瞬く間に町中にその話題が広がってしまったのです。

この事件の影響は至るところに及び、当事者のベティとアーチーはもちろんのこと、ベティに下着を貸したヴェロニカにまで飛び火しました。最も多大な影響を受けたのはベティで、ベティは見られるのが好きといういかがわしいレッテルを貼られたうえ、2度と同じことを起こさないよう両親の番組内のダンスコーナーへの出演を強要されます。

次に大きな影響を受けたヴェロニカは小遣いを絶たれ、代わりにバビロニアム劇場で働くことになりました。ヴェロニカは突然のアルバイトの強要に苛立ちを露わにするもバビロニアム劇場が消滅の危機にあると知ると、自らCMを作って劇場を救うべく奔走します。

一方、アーチーは男子ということもあり、問題視されるどころか高校の男子生徒から称賛されるのでした。

ジャグヘッドはPEPコミックスでのホラーコミックの執筆が問題視され、執筆活動を止めなければ退学するよう迫られます。あまりに理不尽な学校側の言い分に腹を立てたジャグヘッドは学校を飛び出し、PEPコミックスで執筆活動に精を出していました。

するとそこへ作家レイベリが現れ、通常なら学校の時間にジャグヘッドが居ることを不審がります。ジャグヘッドからホラーコミックの執筆を理由に退学の危機にあると聞かされたレイベリは、ジャグヘッドをランチに誘いました。

そこでレイベリは学校は辞めてはいけないとの助言に加え、ワーザース博士の特徴を聞き出します。ジャグヘッドはレイベリの助言を受けて学校には行き続けることを決意しますが、偽名を使って執筆活動も続けることにしました。

その後、ジャグヘッドはレイベリの協力もあり、子供向けのコミックを書くとの条件で執筆活動も許されて学校にも残れることになりました。

その夜。

原稿に目を通すレイベルの元へ訪問者がやって来ます。レイベリがドアを開けると、そこには牛乳配達人の姿がありました。

PR

PEPコミックスに書かれたことは現実になる⁉︎

©Netflix / ©CW

ラストシーンにて、レイベリの元に現れた牛乳配達人。この配達人は、かつてPEPコミックスに掲載された牛乳配達人そのものでした。

この配達人はエセルが両親を殺害した犯人として証言していた人物とも特徴が一致しており、エセルが殺害現場で目撃した人物と同一人物の可能性が考えられます。だとすると、前回レイベリが未出版の原稿を持ち出したジャグヘッドに激怒した理由もここに繋がってくるのかもしれません。

前回の第6話でも考察したように、レイベリの書いたものが現実になってしまうのだとすれば全て合点がいきます。未出版のものを見られると現実になってしまったり、出版したものも現実化してしまうならば、レイベリがジャグヘッドに対して物凄い剣幕で怒ったのも納得です。

とはいえ、あの牛乳配達人の物語の作者がレイベリなのかはわかりませんし、他の作者が書いた可能性も残っています。その場合、レイベリの元に現れた牛乳配達人はPEPコミックスを見て真似たただの模倣犯かもしれませんが、偶然にしてはあまりに出来すぎているように感じます。

PR

レイベリは何者?

©Netflix / ©CW

それに違和感を覚えるのは牛乳配達人の存在だけではなく、退学の危機を迎えたジャグヘッドに対するレイベリの発言もです。ホラーコミックの執筆のせいで退学の危機を迎えたジャグヘッドに対し、レイベリはワーザース博士の特徴を聞き出しました

普通なら退学の危機を迎えているとの相談を受けて、学校側の人物の特徴を聞き出すことなどしないでしょう。しかも、わざわざこのタイミングでその質問をしているということは、レイベリにとってジャグヘッドを退学の危機から救うためにはワーザース博士の情報が必要だったことになります。

ところが、実際にジャグヘッドの退学を巡る話し合いの場に同席したレイベリは事前に聞き出した情報を使うこともなく、ただ淡々とジャグヘッドが学校に残れる形で話はまとまりました。一見すると、レイベリは何もしていないように見えたものの彼の性格上、大事な局面で無駄話をするようにも見えません。

これらのことを踏まえると、レイベリには物語を書くことで現実に干渉できるような能力があり、それによりジャグヘッドは退学の危機から逃れることができたのでは?と推測しています。

©Netflix/©︎CW
本ページの情報は2023年5月時点のものです。最新の配信状況は[Netflix]  にてご確認ください。