【マーベル ランナウェイズ】シーズン2のネタバレと感想。カロリーナの正体は⁉ | Dramas Note

【マーベル ランナウェイズ】シーズン2のネタバレと感想。カロリーナの正体は⁉

ランナウェイズ

© HJ Holdings, Inc.

 オフィシャルサイト

【マーベル ランナウェイズ】シーズン2のネタバレと感想。

アレックスたちは、ついにプライドの真の目的を突き止めました。

その目的の代償は大きく、カルフォルニアが沈没するほどのものだとわかり、彼らを倒すため計画を立てることに。

そんな彼らに様々な試練が襲い掛かる……。

スポンサーリンク

【マーベル ランナウェイズ】シーズン2あらすじ

【ランナウェイズ】シーズン1のネタバレと感想。最強の集まりランナウェイズとは⁉
【マーベル ランナウェイズ】シーズン1のネタバレと感想。本作は、マーベル・スタジオが2008年から映画として製作を開始し…

アレックスたちは、ジョナと自身の親たちが手を組んでいると考えて決別し、本当に”ランナウェイズ(家出人)”となりました。

ランナウェイズには裕福な家の者しかいないため、電車の乗り方もわからず、持っていた荷物も簡単にスリに遭ってしまうほどの世間知らず。

一方でプライドは、彼らに在りもしない殺人事件の濡れ衣を着せて指名手配し、子どもたちを捜索しました。

また、ヘルナンデス夫妻がモリーに残した1本のビデオテープを入手し、あのまま採掘を続けていれば大地震を引き起こしていたことに気づきます。

ヘルナンデス夫妻は、モリーの実の両親で科学者だったがレスリーが起こした爆発事故で死亡

更に、プライドの活動はボランティアだと思っていたものの、実際にはジョナの野望のために利用されてきたことにも気づくのです。

まずプライドは、ジョナを殺害することを目的に動き出すことに。

その頃、ジョナはカロリーナと頻繁に会い自身の生い立ちや、”地下の巨大な穴にあるもの”ついて話し始めるのでした。

ランナウェイズ、プライド、ジョナ、絡み合う複雑な人間関係。

本当の”悪”は何なのか、子どもたちに見極めることはできるのか。

スポンサーリンク

【マーベル ランナウェイズ】シーズン2ネタバレと見どころ

地下に隠された巨大な穴

ガートの両親が調査した結果によると、

  • 複数の生命体がいる
  • 何らかの言語を話す
  • 強いエネルギーを持っている
  • ジョナのDNAを調べると異星人と判明

更に、地下の巨大な穴から生命体のサンプルを採取し、ジョナの血清から作った毒を試すと真っ黒に腐敗することもわかりました。

これによってプライドは、ジョナに対抗する毒を手にすることができたのです。

ジョナとカロリーナの正体

シーズン1から体が虹色に輝き、不思議な力を発揮してきたカロリーナ。

彼女はジョナと、巨大な穴の中へとやって来ました。

辿り着いた先はなんの変哲もないただの穴のようですが、カロリーナが手を触れたところが青白く光ったのです。

ジョナの話によれば、

  • この下には自身が乗ってきた宇宙船がある
  • 有史以前の出来事のため誰も知らない
  • ジョナ以外は脱出できず、仲間を助けられる機会を待っていた
  • カロリーナは異星人

カロリーナは、自身と同じ力を持つ仲間がいると知り喜んでいるようですが、これによりランナウェイズの計画の邪魔をする存在になってしまいそうです。

実際、アレックスが寝ているときにパソコンを壊そうとしているシーンもありました。

自分が異星人とわかり、仲間と出会えるのは嬉しいのかもしれませんが、これまで共に助け合ってきた仲間を見捨てるようなことはして欲しくない限り。

宇宙船を破壊せよ

ランナウェイズは、カロリーナの家族(異星人)の救出を最優先する作戦へと切り替えました。

そんな中、ジョナが予定より早く宇宙船で旅立つ用意をしていることを知ります。

ランナウェイズは宇宙船の元へ向かい、中にいる異星人を助けようとしますが、宇宙船の再生能力のせいで穴を開けることすらできませんでした。

そこへジョナとプライドが現れます。

ジョナは、宇宙船が発進することにより大地震が起きることを認めた上で、カロリーナに一緒についてくるよう誘います。

しかし、カロリーナは留まることを選びました。

ここでランナウェイズとプライドは、お互いの目的が同じだということに気づき、全員で宇宙船を壊すため攻撃を始めるのです。

ガートの両親の開発した毒のおかげもあり、無事に宇宙船の破壊に成功。

しかしそれに怒り狂ったジョナは、プライドに襲い掛かろうとします。

その時、ニコがエイミーの仇を取るため、毒をつけた杖でジョナを背後から貫いてしまったのです。

カロリーナは愛するニコにジョナを殺され、許せない様子。

ジョナは死んだとされましたが、どうやらその概念は少し違うことがわかります。

ジョナの過去の回想シーンから転生していることや、カロリーナに遺したテープから彼女の父親でいるためジョナの体に固執したこと。

カロリーナに父親でい続けたかったがために、ジョナという男の体を維持するため生贄が必要だったといいます。

この理屈だと、ジョナは死んだわけではなさそうでした。

ジョナが再び現れることはあるのか気になるところです。

スポンサーリンク

【マーベル ランナウェイズ】シーズン2の感想

今シーズンの最大の見どころは、全ての元凶となったジョナとの対決だと思います。

カロリーナはジョナがいなくなった後も、必死に彼のことを知ろうとする姿がみられました。

この出来事が、今後のランナウェイズの関係に溝を生まなければいいと願うばかりです。

ジョナが消えたことで問題は解決したかのように思われましたが、親たちへの疑心は消えず反発し続けるランナウェイズ。

今後、彼らは親と戦っていくこととなりますが、果たして上手くいくのか。

新たな展開となっていくシーズン3もお楽しみに!