【SEE 暗闇の世界】7話・8話。衝撃展開の連続!? シーズン2のストーリー予想も! | Dramas Note

【SEE 暗闇の世界】7話・8話。衝撃展開の連続!? シーズン2のストーリー予想も!

see暗黒の世界

Copyright © 2019 Apple Inc. All rights reserved.

【SEE 暗闇の世界】あらすじ7話・8話。

今回は、様々な人物の野心や思惑が絡み合い、ストーリーは怒涛の展開となっています。

中でも、ジャーラマレルの野心の大きさは想像以上!?

この記事では、ネタバレ感想とシーズン2のストーリー予想をお届けします。

スポンサーリンク

【SEE 暗闇の世界】7話ネタバレ

タマクティ将軍の忠誠心

動画配信情報【SEE 暗闇の世界】は、Apple TV+でご覧いただけます。

APPle tv+はApple独占オリジナルドラマや、オリジナル映画がご覧いただけるサービスです。

タマクティ将軍は、カッターからの「女王ケインを拉致している」という伝言を受け取りました。

蚕の作業場に拉致された女王ケインですが、実際に連れ去ったのはシャドウたち。

カッターの配下のシャドウたちは、タマクティ将軍の軍営テントにも偵察に来ていました。

その場に居合わせたブーツは、シャドウを見て「女王を連れ去った犯人が分かった」とマグラに話します。

(シャドウは気配を消す能力があるため、目が見えない人からは気づかれない存在ですが、視力を持つブーツにはハッキリと見えるのです)

ブーツの手柄でシャドウを捕らえることができたタマクティ将軍は、シャドウを拷問して女王ケインの居場所を聞きだしました。

その後、女王救出のために蚕の作業場へと向かうマグラ、ブーツ、タマクティ将軍。

無事に女王を救出した一同はカンズアの宮殿へ戻ろうとしますが、女王ケインから衝撃の事実を聞かされます。

「宮殿も町も(水で)崩壊させた。だからもうカンズアには戻れない」と。

タマクティ将軍が詳しく話を聞くと、女王は「あまりにも多くの家臣が敵になってしまったので、仕方なく宮殿と町を崩壊させた」と話します。

自分1人の身を守るためだけに、町ごと崩壊させた女王ケイン。

その事実を知ったタマクティ将軍は、

「外に控えている兵たちは、いつか故郷の家族と再会できると信じ、だからこそ20年の遠征に耐えてこられたのです。

でもあなたは兵たちの希望(家族)をすべて奪った。

それがしの兵にこう伝えろと言うのですか?

“王朝を守るために、お前たちの家族は殺された”と」

と言って、暗に女王ケインの行動を非難します。

「それがしの兵?余の兵だぞ」と言葉を返す女王ケイン。

その後タマクティ将軍は「よもやこうなるとは思いもしませんでしたが、女王の王権はく奪も視野に入れなくては」と独りつぶやくのです。

新王国に足を踏み入れた双子

【SEE 暗闇の世界】5話・6話。双子の母マグラの意外すぎる正体とは!?
【SEE 暗闇の世界】5話・6話。マグラの正体が判明したり、新たに視力持ちの仲間が増えたりと、ストーリーが大きく動き始め…

ブーツに閉じ込められたババ・ヴォス一行でしたが、無事に脱出。

ジャーラマレルがいるという目的地に向かって歩いているうちに、ラベンダーの道が見えてきました。

(以前受け取ったジャーラマレルからの手紙には、“ラベンダーの道の先に新しい王国を築く”と書かれていた)


さらに歩いて進む一同でしたが、ババ・ヴォスは殺気を感じると言って足を止めました。

試しに前方へと石を投げ込んでみると、石が落ちた場所に矢がいっせいに飛んできます。

それを見て“付近に人が潜んでいる”と感づいた一同は、応戦態勢に。

しかしその後、こちらの「ハニワ」という名前を聞いて、潜んでいた者たちは攻撃をやめます。

どうやら、潜んでいた者たちはジャーラマレルに雇われていたようで。

ジャーラマレルの子供であるハニワとコフンだけがこの先を進めるのだと言います。

その後、2人だけで先へ進むこととなった双子のハニワとコフン。

いったいその場所には何があるのでしょうか?

スポンサーリンク

【SEE 暗闇の世界】8話ネタバレ

ようやくジャーラマレル登場!

“啓蒙の家”に到着した双子は、ようやく父親のジャーラマレルと初対面を果たしました。

ジャーラマレルが“啓蒙の家”と呼んでいるこの地は、元は刑務所であるとのこと。

「発電機の資材を集めるのに何年もかかったが、今は明かりがつくしお湯も出る」と言うジャーラマレル。

敷地内を進んでいくと、兄と名乗るオーロマンが双子を出迎えました。

他にも、ジャーラマレルの子供と思われる少年少女が1人ずつ挨拶をします。

各自に与えられた部屋には絵画や暖房器具が置かれており、これまで文明人のような生活をしてきた双子にとっては充分な暮らし。

お湯の出るシャワー室などもあり、ハニワはそれなりに満足そうです。

一方のコフンは、啓蒙の家に来たことを後悔し始めており、生き別れたババ・ヴォスのことを恋しく思い始めるのです。

譲位か死か

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

救出された女王ケインは、タマクティ将軍の軍営テントで手当てを受けます。

テントの外では、タマクティ将軍が「今後どうするべきか」とマグラに相談していました。

「女王ケインに家族を殺されたと兵たちが知れば、謀反を起こすに違いない」と言うタマクティ。

考えた末、タマクティ将軍は、マグラに2つの選択肢を提案しました。

①女王ケインに王座を退かせ、マグラに王権を譲位させる

②女王ケインを生きた姿であのテントから出さない(つまり殺害)

2つの選択肢を聞いたマグラは、ひとまず女王ケインのもとへ行き、王位を退くよう説得します。

しかし女王は、譲位する気はないの一点張り。

マグラとタマクティ将軍は、仕方なく②の方法を決行することに……。

ところが、女王のそばで控えていたブーツにより、タマクティ将軍は刺されてしまいました。

実はブーツは、見張っていたコーラに「王女マグラの家来になるより、女王陛下の側近になるほうが良いのでは?」とそそのかされていたのです。

タマクティ将軍は死亡。

女王ケインは「兵たちに謀反を起こさせないために、タマクティ将軍は自害したと伝えよう。そして今後は、2人で統治しよう」とマグラに語りかけます。

マグラは仕方なく女王の提案を飲むことに。

その後、女王一行(マグラ、ブーツ、コーラ、兵)はラベンダーの道へと進むことにするのです。

(マグラは自分の家族を探すため、ラベンダーの道を進むよう命じたのです)

ジャーラマレルvsババ・ヴォス

双子が“啓蒙の家”に到着して数日が経ったころ。

啓蒙の家に大佐がやって来て、ババ・ヴォスの子供を渡せとジャーラマレルに詰め寄りました。

ジャーラマレルは、娘のハニワだけなら渡しても良いと答えます。

その会話を遠くから聞いていたコフンは、すぐにハニワのもとへ行こうとしますが、兄のオーロマンに殴られて気絶。

その後、オーロマンに捕らえられたハニワは、大佐に引き渡されてしまいます。

気絶から目を覚ましたコフンは、ジャーラマレルにハニワの居場所を尋ねますが

「私たちはいつか神と崇められるようになる。そのために、少しの犠牲(ハニワ)はつきものだろ?」という答えが返ってきます。

怒りが収まらないコフンに向かって、ジャーラマレルは「裏口から出してやるから、どこへでも行け」と言いました。

そして、部下にこっそり銃を渡し、コフンを銃殺するよう暗に命じるのです。

裏口から出たコフンは、頭を銃で撃たれそうになりますが、ババ・ヴォスによって助けられました。

実はババ・ヴォスは、啓蒙の地から立ち去ったフリをして近くに潜んでいたのです。

ババ・ヴォスとコフンは再び啓蒙の家に進入し、ジャーラマレルを倒しに行きます。

銃を持ったジャーラマレルを相手に苦戦するババ・ヴォスでしたが、コフンが停電させたことにより形勢は逆転。

戦いの末、ババ・ヴォスはジャーラマレルの目を潰して視力を奪うのでした。

スポンサーリンク

【SEE 暗闇の世界】7話感想

ジャーラマレルがいるという場所(啓蒙の地)に双子が到着したところで、7話は幕を閉じました。

啓蒙の地に続くは、1話で出てきた橋と比べてかなり立派。

1人で作った橋だとはとても思えないので、きっとジャーラマレルは多くの仲間を得たのでしょう。

経過した年月を考えても、ジャーラマレルの知識や技術は向上しているはず。

そんなジャーラマレルが築いた王国は一体どんな場所なのか、今から期待が膨らみます。

また、女王ケイン側のストーリーもとても面白くなってきました!

蚕の作業場から助け出された女王は、タマクティ将軍やマグラと再会。

関心を引かれたのは、初めてタマクティ将軍の忠誠心が揺らいだ点です。

これまで将軍は、女王ケインに絶対的な忠誠心をもって仕えていました。

けれど、自分1人の身を守るためだけに女王が宮殿も町もすべてを崩壊させたと聞き、将軍は忠誠心が揺らいだのです。

もしかすると、タマクティ将軍は女王ケインの王位をはく奪してマグラを新しい女王にたてるのではないでしょうか?

そうなれば、ジャーラマレルの新王国vsマグラの国という図式になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【SEE 暗闇の世界】8話感想

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

“ジャーラマレルは様々な場所で子供を作っているのではないか”と予想していましたが、その予想が当たりました。

8話で登場しただけでも、5-6人の子供がいますね。

視力を使って様々なことを開発するのは素晴らしいことですが、ジャーラマレルは己を神のような存在だと思っている節があります。

世界を良くするためには少しの犠牲は仕方ない、たとえその犠牲が娘のハニワでも。

娘の犠牲もいとわないなんて、彼の野心は想像以上の大きさですね……。

ジャーラマレルはきっと、親としての情よりも世界を治めたいという欲求の方が大きいのでしょう。

それにしても、まさかジャーラマレルvsババ・ヴォスの殺し合いになるとは予想していませんでした。(結果、殺しはせず目を潰しただけでしたが)

タマクティ将軍も死んでしまいましたし、今回の8話はかなり衝撃の展開でした!

おそらくシーズン2は、トリバラ族に拉致されたハニワを救出するといったストーリーになる予感。

女王ケインとマグラは共に統治することになりましたが、果たしてうまく行くのか?

また、目を潰されたジャーラマレルの反撃はあるのか?

そのあたりもシーズン2の注目ポイントになりそうです。